損か得か人間のものさし?


今日は4月25日、日曜日です。
お天気は快晴、
そうしてあったかい朝です。

5年前の今日は、
JR福知山線脱線事故があったんですね。
テレビで悲惨な光景を目にしました。
ご遺族のお悲しみは
消えないものがあると思います。
元気に出かけた家族の突然の別れ…
わたしは自分が大病し、
いのちのはかなさ、尊さを知りました。
だから、家族が出かけるときは、
顔を見て、ちゃんと話を交わす
習慣ができました。
最後だとわかっていたなら

さて、今日は、このお話をしようと思います。

そんか とくか
にんげんの ものさし
うそか まことか
かみさまの ものさし
(相田みつをさんの詩)

上記言葉、間違っていました。
(トイレで確認。漢字表記も)


そんかとくか
人間のものさし
うそかまことか
佛さまのものさし
(相田みつをさんの詩)


我が家のトイレにかかっている
日めくりカレンダーの言葉です。
これを見るたび、
まほは人間だと実感するのです。

損か得か、ちゃんと考えます。
金銭的には、通販で同一商品なら、
安いところをチェックします。
精神面では、自分が落ち込むようなものは、
見たり、読んだりしません。(なるだけ)

自分の弱さも、できない点も、
体力や免疫力がないところも・・・
知っていますので、
自分が前向きになれる
人やモノ・コトとの
出合いを選びます。

つまり、自分にとって、
プラスかマイナスかは、
大きいものです。
マイナスばかりと出合いますと、
悩みだし、こころが疲労するんですね。
ただでさえ、
体が弱いのにと思うとき、
自分に不利益となることには、
スルーするようになりました。
昨日も書きましたが、
すぐに「潰瘍」(※)ができるという
体質なのでなおさらです。

まほはもうこれ以上、
周囲を悲しませたくないんです。
・・・で、どうしたら、
周囲をしあわせにできるかと考えましたら、
まほが、しあわせだと思える
生き方をすることだと思ったんです。

それには、自分の心を
「否定」しないこと。

歩けなくてもいいじゃん。
がんばらなくてもいいじゃん。
怒ったっていいじゃん。
泣いたっていいじゃん。
ゆっくり休めばいいじゃん。
引きこもっててもいいじゃん。
なにもできなくってもいいじゃん。

・・・こんな風にすべて自分の心を、
いまはそれでいいと
「肯定」することにしたんです。
そうしたら、めっちゃ生きやすいですよぅ。
これが、まほの損得勘定でしょうか。
だって、自分を自分がいじめ、
生きにくくしていた
「犯人」だったんですから。

お休みの方は、ごゆっくり。
お仕事の方は、お気をつけて。
ありがとうございます。




まほは精神的にまいると
本当に疲れます。
それにすぐ「潰瘍」ができやすいと
お医者さんから指摘されました。

2回目の入院、内科的手術が不安で、
何せ、だれもやったことがない
手術だったんですね。

そうしたら吐血を2度も。
もう今度こそダメと思いましたよ。
あとから聴くと
「あんな吐血では死なん」と
笑われましたけど。
血圧は下がりまくるし、
胃に残っている血液を
注射器で抜くし・・・
小心者のまほはビビりました。
奇跡的に助かったのは、
3回あるんですよぅ。


[PR]
by mahorou | 2010-04-25 09:01 | 2010年のつぶやき