できることを できるひとが できるときに こころをこめて

今日は8月21日、土曜日です。
お天気は晴れです。
家族が休みなので遅くなりました。
いつもより1時間ほど遅く起きます。
自分ひとりでは起き上がれず、
車いすにも乗れないので、
助けてくれる家族がいてくれるおかげで、
我が家で生活できるというわけです。

今日お誕生日の方は、
いらっしゃらないのですが、
8月21日の和は、「11」、
「いい~」と読む佳き日、
また8+21=29、
福と読む日でもありますよぅ。

今日は私が気管切開をし、
人工呼吸器をつけていたころの
お話をさせていただきますね。

手術後7カ月装着でしたから、
声が出せません。
まほの意思を確認するには、
唇を読むしかありませんでした。

しかし、看護師さんでも、
わたしの言っていることがわかる人は、
20人中2人でした。
指が動けば「あいうえを」の紙を
指で押さえ、言葉を作れます。
それさえもできなかったので、
どうしても伝えたいことは、
看護師さんが指で指す「あいうえお」を
該当の文字のところに来たら、
うなずくという方法でした。

子どもたちはふだんは学校があるので、
病院へは休みの日だけです。
それなのに、わたしの唇が読めました。
「毎日お父さんは来ているのに、勘が悪いね」と
子どもたち。わたしも、そうだなあと笑っていました。

2000年5月26日に、人工呼吸器が外されました。
自力呼吸は無理かもという中、
大きな賭けをしてくださった主治医の先生には、
感謝しきれません。 (「あ・り・が・と・う」)

外す前に、練習がありました。
たぶんどこかのねじを緩めたのだと
思うのですが、当時の私は、
「呼吸を忘れたら死んでしまう」と思っていて、
ゼイゼイハアハアを忘れずに繰り返していましたよ。(わらい)

ですから、言葉がしゃべれて
自分の思いを伝えられる喜びはとても大きいです。

周囲を見渡すと、病気の後遺症で、
言葉を失くされた方も少なくありません。
どんなに、しゃべりたいか、
また、ご家族も本人様の気持ちを聴きたいことか・・・
と思うのです。

そんなとき、「レッツチャット」という
意思伝達装置があることを知りました。
しかし、その「レッツチャット」の会社が生産ストップで、
在庫限りという実情を知りました。
そうして、

障がい者向け会話装置の早期の継続を求めて
会話補助装置「レッツ・チャット」存続を求める要求署名
のお願いがメルマガを通してきました。(いちじくりんブログ記事)

署名趣旨と用紙はこちらからダウンロードしてください。 こちらをクリック
ご協力いただける方はよろしくです。

わたしもこんな便利なものがあるのだと知りました。
これがあったら、どんなに素晴らしいかと思いました。
数人でも結構です。ご協力お願いします。

署名締切日:9月2日必着


わたし自身、健康に不安を抱えている身、
そのため、無理なくできることで、
困っている人が少しでも快適な生活が送れることを
望んでいます。

署名活動と言いましても、わたしにできるのは
WEB上でこういうことのお声をかけさせていただくだけです。
ご協力いただく人の心労になってはいけません。
たくさん集めなければ署名の協力はできないとの思いは
どうぞ、捨ててくださいね。
あなたの一筆が尊いのですから。。。
あなたに出来ることをしていただければ感謝です。

「できることを できるひとが できるときに こころをこめてする」
・・・それだけでやさしい社会に前進です。

お休みの方は、ごゆっくり。
お仕事の方は、お気をつけて。

今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。

今回のこの記事のみ、コメント欄を開けさせていただきます。
ご不明なことはまほに質問してください。(ありがとう)








[PR]
Commented by mahorou at 2010-08-21 12:02
>みなさんへ

ご協力感謝でございます。
ひとりの力は小さいですが、
たくさんの人の思いやりのこころが集まれば強力です。

わたしの付近には残念ながら「レッツチャット」を
つかっている人はいないのですが、
言葉を失くされた方やそのご家族の、
「いのちづな」になっているかと思うのです。

目の悪い人はメガネで補えます。
耳が悪い人には、補聴器が。
歩けない人には車いす・・・というように、
補ってくれるものがあります。

必要とされない人は多いです。
しかし、それがないと不自由極まりない人も存在します。

わたしも自分が健康体のときは、何も感じませんでした。
でも病気をし、不自由な体になりますと、
自由であるということは
なんとありがたいことだったのかと思うのですよ。

くよくよしていても何も変わりません。
でもどう工夫すればよりよい生活ができるのかと考えますと、
いろんなアイディアがわいてきます。
「人間ってやわじゃないな」って思います。

助けていただけるみなさんに心より感謝です。
Commented at 2010-08-21 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahorou at 2010-08-22 08:40
>鍵コメさんへ

ありがとうございます。とてもうれしいです。
わたしたちって知らないことが多いですよね。
すべてに無関心ではないんです。
熱き心を持っているんです。ほんとうは。
それなのに、ついつい日常や自分のことに
流されてしまっています。

こうして、切実に困る人がいるわけです。
人数的には少ないかもしれません。
けれど、だからと言って、小さき者や弱者を
排除する社会であってはいけないと思うんです。

弱い人から、やさし心をもらっています。
不便さから発明は生まれます。

人間の生まれながらに持っている「やさしさ」が、
わたしたちのこころを磨いてくれますね。

ぜひ、こういう署名が呼び掛けられているという
事実をお伝えくださいね。
知ってくださるということだけでも尊いです。
ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mahorou | 2010-08-21 10:38 | 2010年のつぶやき | Comments(3)