失敗しないことが人生の失敗

まほファミリーのみなさん、おはようございます。

今日はお誕生日の方がみえませんが、
今日という日は誕生日ばかりではなく、
みなさんの心に残る思い出の日でもありましょう。
あなた様のおしあわせを祈っています。


今日は、誰にでもある失敗に関することばを集めてみましたよ。
人間というのは割合、失敗を引きずりますよね。
特に、まほっちはそうなので、こう言う言葉に励まされます。


失敗は成功の母ですが、
同時に成功は失敗の母
でもあります。
成功したときにこそ、
自分ひとりで
自己否定をし続けるのは
限界がある。
(チェンジメーカー、勝間和代)


失敗のない人生などあり得ないし、
その失敗を生かすも殺すも
自分次第だということだ。
人間は失敗するだけ強くなれる。
それだけは覚えておきなさい。
(ジェノサイド、高野和明)


「できない理由」ばかり考え、
それ以上深く掘り下げない習慣が
ついてしまった人と、
「できる手段」をあらゆる方向から
考える習慣がついている人とでは、
5年後、まったく違った人生に
なっているだろう。
(「バカになれる男」の魅力、潮凪洋介 )


うんうん、本当にそうですよね。
失敗して落ち込んで何もしないようになっちゃったらいけませんね。
誰にだって起き上がる力はあるんです。
今まで生きてこられたと言うことは、つらいことがあっても、
歯を食いしばって生きてきたんです。
どうか、そんなご自分を「えらいぞ」とほめてあげてくださいね。
まほっちはいっつも自分をほめます。
だから、家族は、そういうまほっちを能天気な奴と呼びますが・・・。
幸せなら、なんと言われても笑えますよぅ。



最近感動したのは、100分de名著・フランクル



[PR]
トラックバックURL : http://mahonoai.exblog.jp/tb/16022968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まほ at 2012-08-26 13:22 x
ハードルを一つ越えたら
もっと高いハードルが
あるだけなんですよ。

そのハードルを飛び越えること自体を
喜びとしなければ、喜びと出来なければ、
人生はとても辛いと思いますよ。

(情熱大陸、宮本哲也)


どんな生き方を選んだとしても、
最初から最後まで順風満帆の人生なんて
あり得ないのではないでしょうか。

人生は入り口で決まるのではなく、
選んだ道で
「どう生きていくか」
なんだろうと、私は思います。

(ゲゲゲの女房、武良布枝)


「犯人の心の闇」などと
簡単に言って欲しくない。
「心の闇」など誰にでもある。

それと立ち向かう事を
「懸命に生きる事」と言い、
それを共に戦ってくれる人を
「友」と言う。そして
最後まで味方でいてくれるものが
「家族」ではないのか。

(美しい朝、さだまさし)

また、あした。
Commented by wildrose53 at 2012-08-26 17:06
まほさん、今日も暑いですが、でも、もう新しい季節がはじまっていますね。
山に行って青く高い空を仰いできました。
空気が澄んで、気持が晴れ晴れしました。おすそわけさせてくださいね。

フランクル、すばらしいですね。私も何度でも、いつでも、手元に置いて読み返しています。
「それでも人生にイエスと言う」も、いい本です。タイトルだけでも、素敵でしょう?

リンクもありがとうございました^^
Commented at 2012-08-26 19:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahorou at 2012-08-27 06:36
ハルさん、おはようございます。

ほんとうあっついですね。
そうですか。ちゃんともう秋は来ているんですね。
すごいもんです。忘れずに季節は巡ってくるのですね。

フランクル、すごいですね。
「それでも人生にイエスという」・・・読みたい本リストに入れてあります。
たしか、ハルさんのブログで知りましたよ。
読む時期が来たようです。心の糧になりそうです。

いえいえ、こちらこそ、いつもありがとうございます。
Commented by mahorou at 2012-08-27 06:42
鍵コメさんへ

おはようございます。
それはそれはよかったです。
わたしもうれしいですよぅ。

そうでしたか。。。
時間はいりますね。歳月というのは、自分の心を育て、
良き方向にかえてくれますね。全く有りがたいものです。
うれしいご報告に、こちらも幸せな気持ちになれましたよ。

またいつでもお越しくださいね。
ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2012-08-26 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(5)