ありがとう・出会いは宝だと思います

人は、自分の人生の上で
大切な人と出会っても、
残念ながら出会った瞬間に
それに気づくことはまれである。
その人の重さに気づくのは、
多くはその人を失った時なのである。
もしも今自分は大切な人と出会っている、
と気づくことができたら、
僕らの人生はもっと楽しいものになるのだろうか、
もっとつまらないものになるのだろうか。
あるいはまたこの妙こそが、
人生そのものなのだろうか。
(いつも君の味方、さだまさし)


「かわいいキミに」

買い物カートの真ん前に
ちょこんと座ってる
かわいいキミ

目があったから
思いっきりほほえんで
お辞儀したんだ

そうしたら
きょとんとしたキミに
まじまじ見つめられ
恥ずかしさのあまり
うつむいた

キミは
ボクといっしょで
歩けないおばさんだと
見ぬいたのだろうか


2012.10.08

自分が何に
耐えられないのかを
知りなさい。
落ち込んでいるときに
だけ見える「良きこと」が
あなた自身を救うのだから。
(王国<その3>ひみつの花園、よしもとばなな)







[PR]
トラックバックURL : http://mahonoai.exblog.jp/tb/16558526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mahorou | 2012-10-12 14:33 | 2012・13・14・15・16年の詩 | Trackback