あたしにどうしても伝えたいこと・ありがとう

「未来のあたしへ」

おどろかないで
あなたの名前を
忘れたこと

おどろかないで
あたしが誰だか
思い出せないこと

教えてちょうだい
あなたの名前を

教えてちょうだい
あたしのことを

「ありがとう まほさん」って
返事くれたら
きっと昔を
思い出すから・・・

ありがとう


2013.04.05


人生を左右する分かれ道を選ぶとき、
一番頼りになるのは、いつかは
死ぬ身だと知っていることだ
と私は思います。

ほとんどのことが
-周囲の期待、プライド、
ばつの悪い思いや失敗の恐怖など-
そういうものがすべて、
死に直面するとどこかに行ってしまい、
本当に大事なことだけが残るからです。
自分はいつか死ぬという意識があれば、
なにかを失うと心配する落とし穴に
はまらずにすむのです。
人とは脆弱なものです。
自分の心に従わない理由などありません。

(スティーブ・ジョブズ II 、ウォルター・アイザックソン)

腐っていた一年、
入院生活二年半の教訓を
どうしても伝えたい、自分に。。。

そうなる前に
あんしん
準備









[PR]
トラックバックURL : http://mahonoai.exblog.jp/tb/17575598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahorou at 2013-04-06 12:55
過去記事2010

体調不良は、リハビリでの筋肉痛と、
寒気でしたが、
なんとか回復してきました。

思うに、
リハビリで先生が変わられたことに加え、
自分の息子ぐらいの若い先生なので、
まほの感情の中に、
情けない姿をさらしたくないとの思いがあり、
1~2割方、無理したようです。

もう少し、肩の力を抜いて、
無理しすぎず踏ん張ろうと思います。
ほんとうに、ご心配を掛けました。

健康な時は、立つことなんて、
なにも考えずに出来ましたが、
今では立つという感覚が鈍く、
立つ練習で、足をベルトで
固定するのですが、
ひとりで机に手を置き、
立った状態をキープすることさえ、
恐怖です。

寝てばかりいた入院時代は、
ベッドに固定された体を、
べっドのまま90度あげ、
起立練習をしましたが、
恐怖心で歯を食いしばっていても、
涙があふれたものです。
Commented by mahorou at 2013-04-06 12:56

その涙目で見た光景・・・。
50代ぐらいの男性の死に物狂いの
リハビリの様子でした。
家族の大黒柱として、1日も早く
社会復帰との思いでしたでしょうね。

勇気だとか正しさだとかが満ちるのを待つんじゃなく、
「知りあいがやってることを見る」だけで、
すっとなにかがわかっていくものです。
(ほぼ日、糸井重里)

その光景が、まほにも
がんばる勇気をくださいました。
涙を必死にこらえるために、
心の中で歌った歌は、
「およげたいやきくん」でした。

みなさんは、涙をこらえるときに、
口ずさむ歌は何でしょうか?
Commented by mahorou at 2013-04-06 12:58
過去記事2010

最近は、耳が痛い言葉によく出あいます。
それは同時に、わたしの過去への
反省が多いから、目につくんですね、きっと。


長年のうっぷんの原因を
深く考えてみると、
じつはただ一言、
「ごめんね」や、
「ありがとう」という言葉が
足りなかっただけなのではないでしょうか。

(13歳からのシンプルな生き方哲学、船井幸雄)


その通りかもしれないですね。
若いころは弱さを人に見せたくなくて、
強いふりをし、素直に「ごめんね」「ありがとう」を
言えずにいました。

病気になって・・・
本当に大事な言葉を知りました。

「ありがとう」と言って怒りだす人などいません。
まほが発する「ありがとう」で周りの人が、
一瞬でもしあわせな気持ちになれるのなら、
とっても素敵だと思いました。

Commented by mahorou at 2013-04-06 13:00
お礼を言うとき
「すみません」

あやまるとき
「すみません」

「すみません」って
かんがえてみれば
都合よく使える
あいまいな言葉だよね

ワタシは・・・
心からの
お礼に
はっきりと
「ありがとう」と
いいたい

ワタシは・・・
心からの
反省に
はっきりと
「ごめんなさい」と
いいたい

「すみません」を
10回言うより
「ごめんなさい」を4回
「ありがとう」を6回

こんなふうに
「ありがとう」の数は
「ごめんなさい」の数より
多い生き方が
ワタシの理想
Commented by mahorou at 2013-04-06 13:00

「あいまいな言葉」という詩を
書いたことを思い出し、探してみましたよ。

この詩の「すみません」という言葉について、
謝る時、お礼を言うときには、
「ごめんなさい」「ありがとう」の
言葉の方がいいという意味ですが、
わたしは声掛けに、
すみませんからよく入るそうです。

看護師さんを呼ぶとき、
すみませんxxさん・・・とか、
すみません、トイレをおねがいします・・・とか。

それで、看護師さんから、
「まほさん、すみませんはいらんからね」って。

じゃあ、人を呼ぶときどうするの?って聞いたら、
お~いとか、ちょっとアンタとかって。(わらい)
お年寄りは自然かもだけど、まほはちょっと・・・ね。

この「すみません」を言わない努力をしましたが、
無理無理。何度も言っちゃいました。

・・・だけど、だけど、
謝る時は「ごめんなさい」、
お礼を言うときは「ありがとう」と
ちゃんと気持ちよく言いたいですね。
Commented by wildrose53 at 2013-04-06 16:54
まほさん、こんにちは。
お体の調子がよくなかったのですね。少しずつ回復されているでしょうか。どうぞお大事になさってくださいね。
「ありがとう」というひとこと、私もほかのどんな言葉より大切にしているのですが、実は―。私はひとに「ありがとう」を心の中で強要していることがあるんですよ。
世の中には、何かしてもらっても言葉で気持ちを伝えない人がいるのですね。私は最近、自分がするように相手にも求め過ぎているなあ、それはもうよそう、と思いました。相手に感謝を求めている自分に気づくと自己嫌悪に陥ります。あなたのためにしたのに、という一方的な押しつけが私の中になかったかどうか。つい、見返りを求めてしまうクセを消したいです。
でもね、自分はやっぱり「ありがとう」を伝えたいんですよ。まずそこからしか、私は何も始められないからです。「すみません」は私も意識して使わないように気をつけています。難しいですけどね^^
今日、春一番の野の花を見ました。あんまり嬉しくて写真をアップしました。よろしかったらご覧になってくださいね。
まほさん、今日もありがとう。
Commented by nyankotomint at 2013-04-06 17:12
まほさん、体調が戻られてきたようでよかったですね。
でも、季節の変わり目ですからご無理なさらないで下さいね。
およげたいやきくん、懐かしいです^^
私は涙をこらえる時にうたうのは
奥華子さんの「笑って笑って」です。
この曲を聴くと無理しないで行こうって思えるんです。
良かったら聴いてみて下さいね。
http://www.youtube.com/watch?v=cSKdhkDtyMg
Commented by mahorou at 2013-04-06 19:01
ハルさんへ

こんばんは。
わあ~、またやってしまいました。
これっていまのことと間違いますね。
2010年の11月なんですが、リハビリの先生が急遽変わったんです。
60歳を過ぎている先生と違いお若い男性。
まほはお若い方というのは、どうしても、りきんでしまって、
疲れたんですよ。
カッコつけるんですね、おばさんとして無理するわけですよぅ。
そうして今3人目。先生はもうお若い人しかいなくって、
ある意味、まほ担当は気の毒です。結果がすぐには出ないからやりがいがないの。。。
だからこそ、成果を見せたいという欲が出るんですが・・・ね。

さて、ありがとうのこと、分かります。
言って欲しくてやっているわけではないですが、
当然という態度だと寂しく、そうして自己嫌悪になりやすいですね。
まほも最近は「勝手」にしたことで、自分で自分に「ありがとう」を言っています。
ありがとうを自分が言う側だといっぱいでき、自分の心も喜びますよね。
「すみません」って声掛けにどうしてもでます。
でも謝るときには「ごめんなさい」にしようと思います。

Commented by mahorou at 2013-04-06 19:01
つづき

お写真見せて頂きましたよ。
そちらも土がみえ、花も咲き、春がちゃんとやってきてくれたんですね。
春といえど、雨だとまだ寒いですよね。
体調くずされないようにお元気でね。
またお写真ご無理ない程度に載せてくださいね。
ハルさんファンが喜びますから。。。
Commented at 2013-04-06 19:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahorou at 2013-04-06 19:16
nyanさんへ

こんばんは。
ハルさんのご返事にも書いたのですが、
低血圧にちょっとはなりますが、元気です。
ご安心くださいね。
あと季節柄無理せぬように気をつけますね。

「笑って笑って」、いい歌詞ですね。
私は70年代ぐらいまでで、それでも歌を知らなさ過ぎて、
耳が聞こえなくなるんだったら、もっと聞いておけばよかったと思います。
80年代はテレビも見ないくらい超多忙でした。
1日が30時間は欲しいとさえ思っていて、
横着な生き方していました。
ある意味、人に頼らない自分に酔いしれていたようなもんです。
だから病気は・・・考えられなかったことなんです。
病気したおかげで、感謝することを覚えました。
もう感謝しかないですよね。
神さまはこんなまほを許してくださったんですから・・・ね。

本当にいい曲がありますね。
そういうものに支えられ、辛い日を過ごせるんですね。
またいい歌があったら教えて下さい。
歌詞で楽しみます。ありがとうございました。
Commented by mahorou at 2013-04-06 19:19
鍵コメさんへ

ちゃんとよく分かりましたよ。
お気持ちいっしょですから。。。
ありがとうございました。
Commented at 2013-04-07 15:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahorou at 2013-04-07 15:48
鍵コメさんへ

そちらに伺いますね。
ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2013-04-06 12:35 | 2012~17年の詩 | Trackback | Comments(14)