つらいのはどっちでしょうか・・・

「あなたの分まで」

なぜだか突然泣けてきた

ううん 違うわ
わけはちゃんとわかってる

したくてもできないこと
したくなくてもやらねばならないこと

どちらが
哀しくて辛いのか
これでよくわかった

だから
あたしが泣いてるの

泣きたくても涙が出ない
あなたの分まで


2013.04.11

何が「ふつう」で
何がそうじゃないかなんて
誰が決めたの?
あなたにとっての「ふつう」が
この世の常識ってわけじゃないし、
この世の常識が必ず正しい
ってわけでもないでしょう。
(放蕩記、村山由佳)


涙は無理に止めなくていい





[PR]
トラックバックURL : http://mahonoai.exblog.jp/tb/17603479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahorou at 2013-04-11 12:33
過去記事2011

嫌われてもいい人リスト。
嫌いな人じゃなくて、
嫌われてもいい人を
書き出すだけだから大丈夫。
嫌われてもいい人に気を遣う必要はないでしょう?
そうやって、気を遣う人を減らしたら、
その分ストレスが減るじゃん。
(僕の明日を照らして、瀬尾まいこ)




まほっちは弱いからね。〈まほ=まほ(アネキ)+まほっち(妹分)〉
嫌われたくない人をもっているんです。
イヤな自分も知っている。
だらしがない無精もんのまほっちも知っている。
でも、この人には嫌われたくないって思うと、踏ん張れるの。
つらくて、泣いても、笑えるのよ。
嫌われたくない人を悲しませたくないもの。
Commented by mahorou at 2013-04-11 12:33


「あなたを感じて」

あなたに
あいたくなったら
あなたの
文字をたどるの

そうすると
あなたの
笑い声が
聴こえてくる

あなたの
苦悩が
感じられる
気がする

さぁて
お茶でも飲んで
ゆっくりしよう

ねぇ
そうしよう
そうしよう
そうしよう



2009.06.14


Commented by mahorou at 2013-04-11 12:35
過去のいい言葉


自分の弱さを認めるのは、
「演じる」のをやめるということでもある。
(いいかげんがいい、鎌田實)




完璧な人間になりたいと思っても、
なかなかそうはいかない。
むしろ、欠点がある自分を認めたほうがいい。
そのうえで、「今の自分」を基点に、
やりたいことや好きなことに力を注いでみる。
何がなんでも問題を解決しなければと
しゃかりきにならず、無理そうだと思ったら
ヒョイッと逃げてみる。すると、案外、
違う道が開けてくるかもしれない。
(人は一瞬で変われる、鎌田實)




「闇があるから光がある」
そして闇から出てきた人こそ、
一番ほんとうに光の有難さが分かるんだ。
世の中は幸福ばかりで満ちているものではないんだ。
不幸というのが片方にあるから、幸福ってものがある。
(それでもやっぱりがんばらない、鎌田實)
Commented by whitelacenonyo at 2013-04-11 18:16
最近突然泣けてくることが少なくなりました。

歳を重ねると自分のことでは泣かなくなり、人のことで涙を流すことがあります。
そのようなことは私だけでしょうか、,,

泣けるのは決してマイナスではないと思いますね。
感情豊かと考えられる?

コメントをあまりしませんが、まほさんのブログ毎日読んでいます。
感動したり、まほさんって強い精神だなぁ〜と感心したり、
それから,私自身を反省したり、、、です。
感謝しています。ありがとう!!
Commented by mahorou at 2013-04-11 19:08
whiteさんへ

こんばんは。
いつもありがとうございます。
コメントなどいいんですよぅ。みなさんが感じたままで、
いいなあと思われた文を心に持ち帰ってくださったらしあわせですよ。

おんなじです。
若いころは自分のことで泣いていましたが、
今は、したくてもできない自分より、
介護などでご苦労されている人のご様子など伺うと、
したくなくてもせねばならなかったり、
無理しないでと声を掛けたくても、代わってくれる人がいないわけで、
せつなさになみだが出ます。

おっしゃるように、人様の事で涙を流し、そのお蔭で
心がちょっとだけ清らかになれていると感じます。

強い精神とおっしゃっていただけありがたいです。
弱い自分を知れば知るほど、他者さんの痛みに気づけ、
弱いからこそ、自他共にやさしくなれる気がしています。
そんな意味でみんな本来優しいのだと思います。

ただ環境がつよさをしいて、
生きづらい若者を増やしている気がして、
歳を重ねられた今、まほは弱者さんの味方であり、
すこしでも生きやすい思い方を伝えて行きたいです。

こちらこそ、自分の思いをきいてくださって、
ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2013-04-11 12:30 | 2012・13・14・15・16年の詩 | Trackback | Comments(5)