あたしにとって大事なキモチ・・・

「けなげさ」

時々わからなくなるの
なぜ泣けてくるのか・・・

そうだ
そうだ
あたしは
けなげさが好きなんだ
愛おしくなるの

だから
だから
ドラマの主人公に
同化して
泣けてくるの

けなげすぎて
好きにはなれないと言われ
落ち込んだ夜もあったけど

やっぱり
やっぱり
人がどう思おうと
けなげなあたしを
愛してる
愛しているのよ


2013.10.03

人は哀しくて哀しい
と言う訳ではない。
哀しくても泣く訳でもない。
人は、泣くことが出来るから
哀しくなるのだ。
哀しいと表現出来るから
哀しくなれるのだ。
可笑しいから笑うのではない。
笑うことが出来るから
可笑しく思えるのだ。

哀しいとか嬉しいとか
楽しいとか苦しいとか、
そうした感情は、
内から湧き出るものではない。
人と接することで、
他人に対して表現することでやっと
明らかになるものなのだ。

(西巷説百物語、京極夏彦)





[PR]
トラックバックURL : http://mahonoai.exblog.jp/tb/18720739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mahorou | 2013-10-03 11:24 | 2012・13・14・15・16年の詩 | Trackback