やっぱり「笑える」っていいよねぇ・・・

「あたしは晴れ女」

晴れてるぅ
雨の予報だったのに

ありがとう
あたしの外出に合わせてくれて
夕方に雨が降るよう
ずらせてくれたのね

「あたしはやっぱり晴れ女でしょ」と言ったら
「また自慢か」という顔で笑った

そんな簡単な言葉で
周囲を笑わせられるなんて
「晴れ女」ってすごすぎるわ

ありがとう「あたし」
ありがとう「晴れ女」


2014.03.02

心を捨てることができない限り、
人は想いを抱く。
個々の想いが違えば、
ひとつのものに向き合っても、
そこから見て取れるものは
大きくかけ離れてしまう。
求めるものも異なってゆく。
(桜ほうさら、宮部みゆき)

今の幸せを、しっかと全身で感じ
受けとめられぬ人間には、
いつまでたっても幸福はない。
幸福はどこかにあるのではなく、
自分の心の中にあることが多いのだ。
[太陽はいつも雲の上に]
(三浦綾子100の希望、三浦綾子)

変えることができないものを、
受け入れる冷静さを下さい。
変えることができるものを、
変える勇気を下さい。
そして、変えることが
できないものと、できるもの
その違いを見分ける、賢さを下さい。
([ニーバーの祈り]道は開ける、D・カーネギー)





[PR]
トラックバックURL : http://mahonoai.exblog.jp/tb/19526599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahorou at 2014-03-03 11:42
過去記事2011

ぼくは、会社というもの、
あるいは社会というものは、
人間なり人生について教わる学校だと
考えてみたらどうかと思うのです。
この学校にはいろいろな人間がいて、
さまざまな人生模様がくり広げられている。
学ばなければならないことは無限にある。
そう考えれば、人生を学び人生を探求するために、
何にでもすすんで取り組もう、吸収していこう、
そういう意欲も湧いて、日々楽しさも
生まれてくるのではないでしょうか。
(人生談義、松下幸之助)


深いお言葉ですね。
今は「生きる」「生かされていること」を
真剣に学んでいるときじゃないでしょうか。

豊かな生活を当たり前に、横着だったまほは、
12年前の大病で、自分ひとりで生きているんじゃなくて、
多くの人、モノに「生かされて」いたことを知ったのです。

そうして、あきらめなければ、可能性は無限大だと、
心から思えたんです。
「奇跡」と言うのは、
何もせず偶然起こるものではないこと。
たくさんの愛と祈りと本人の可能性に懸ける意志・・・
それらが重なり合った時、「奇跡」は起こるのだと。


Commented by mahorou at 2014-03-03 11:42
つづき

12年ぶりで、
自分の力だけで起き上がれるようになったのですが、
今は楽勝です。
こんなにも簡単なことがなぜできなかったんだろうと、
不思議を思いますと同時に、
あきらめずに来てよかったと涙が出ます。

Commented by nozakimacogo at 2014-03-03 13:10
こんにちは~♡まほさん♡
きっと神様が^^イエイエ♪~
まほさん自身の、長い間の努力の賜物だと思います♡
私も、凄く、嬉しいです♡
Commented by mahorou at 2014-03-03 14:43
☆マコさんへ

こんにちは。
まほも嬉しいですよ。マコさんが更新されていて。

ありがたいおことばしあわせです。
うんうん、まほの神様いい人すぎるのよね。
だから、まほっちは神様を悲しませたくなくって、笑っていたいの。
文字から喜びを感じ取ってくださって、うれしい。。。

まほもひとりになりたいって思うときあります。
ひとりだといっぱい考えられるから、結構好きです。。。
Commented by mahorou at 2014-03-03 17:06
過去記事2011

向き
不向きより
前向き。

自分はできると
信じること、
あきらめないこと、
やり続けること。

(朝倉千恵子)  


そうですね。
まほはあきらめなければ、春はきっと来ると、
入院中に読んだ本の言葉に希望を持ちました。
病院の屋上から、さくらの花を見、退院を誓ったものです。

病気などしたこともなく、
はじめての入院はとても長かった。(2年半)
個室も長かったので、大部屋になれたときは、
引っ越し通知まで、親しい人に出したものです。


「現住所」

びょういんは
いまのわたしの
げんじゅうしょ
てんきょつうち
必ずだすよ



Commented by mahorou at 2014-03-03 17:06
つづき

企画を考えるときは、
「その企画は新しいか、その企画は楽しいか、
その企画はだれを幸せにするのか」
という3つのことを自問してほしい。
[小山薫堂]

(しかけ人たちの企画術)


言葉は、人を励ますことができますが、
時として凶器にもなります。
口から出す前に、
こころの中でこう考えたらいい。

「企画」というのを「言葉」に変えてみましょうか。

「その言葉は新しいか、その言葉は楽しいか、
その言葉はだれを幸せにするのか」

まほは出会えた人に、しあわせになってほしい。。。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2014-03-03 11:38 | 2012・13・14・15・16年の詩 | Trackback | Comments(6)