想像の翼を広げて・・・umemomoさんによる「まほっちイラスト」

umemomoさんが想像した「まほっち」イラスト。
(まほっちは、まほさんのチャイルドアヴァターです。
 よく泣き、よく笑い(*´∀`)♪、よく怒り、よく拗ねます。)
想像の翼を広げてみなさんもイメージしてくださいね。


a0125751_1753371.jpg


「100年後に」

あなたが
いま
まほと出会ったら
驚かれるでしょう
びっくりするでしょう

だから
心が賢くなりたいの
そうしたら
100年後
自信を持って
あなたと会えるから


2008.1


人生はあきらめては
ならないのです。
破れた靴は捨てるしかありません。
でも人は必ず新しい靴をはいて、
地をしっかりとふみしめて
いかなければなりません。
はだしでは歩けないのです。
どんな靴も、やがては
足になれて来ます。
(切に生きる、瀬戸内寂聴)

自分らしい人生って


過去記事をコメント欄にコピーしたいのは、
本文の長さを3分までと決めているからです。
本でも厚いと忙しい人は敬遠します。
お忙しいみなさんにちょっとの時間で読んで、
明日への自信につなげてほしいからです。
もうちょっと読んでみようと思われた方がコメント欄を読んで、
自由に感じていただきたいのです。
小心者なのに、まほの失敗を伝えたいという「欲」でもあります。
この「欲」を自分への楽しみにさせてもらっています。
今日からご一緒してくださいね・・・出会えたみなさんへ。

まほっち



[PR]
トラックバックURL : http://mahonoai.exblog.jp/tb/20180655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahorou at 2014-09-09 20:49
2009過去記事

ブログでは文章から想像していただくだけなので、まほの素顔に迫ります。
決して強い人間ではないですし、むしろ弱くていいと思えるこの頃です。
出来ないことはだめじゃなくて、周囲の隠れた能力を引き出す、
「魅力」に変えられるんです。



>いつもお優しいまほさんですが、
>まほさんも弱み少しは見せてくださいね。
>そういえばまほさんの弱みって見た事ないなって
>ふと思いました。


まほよりお答えします

弱み…いっぱいありますよぅ。
9割以上、自分では何にも出来ず、
車いすに5分と座っておられず…
わたしはいったいどうなるんだろうと不安で…
そういう入院生活で、ブログを始めたのが2005年ですから、
みなさんのおかげで精神的には鍛えてもらいました。

だから、今思うんですね。
苦しかったり、辛かった経験は無駄じゃなかったって。

大事なのは
自分の心に自分が味方してあげることかなって。
出来ないのは事実だけど、
できないことを嘆いての人生は嫌だと思ったんですね。

Commented by mahorou at 2014-09-09 20:50
そんなことより、残されたものを最大限に生かそうと。
そうしたら家族はじめ周囲の人をも、
しあわせにできるんじゃないかって。

人がどう思おうが、自分の一回きりの人生。
そうしたら自分の心が喜ぶことをしたいって。

怒るときには怒り、泣きたい時には泣く…
そんな自分の心を愛そうって思ったら、
自分の心に正直だったら、生きやすいかなあ。
・・・なんて50代のまほの心境ですわ。

歳を重ねなければ、こういう心境にはなれなかった。
だから生きられることがありがたい。
過去を悔やんでも「覆水盆に返らず」ですもん。
そういう意味でも切りかえが早くなりました。

歳を重ねるごとに、心は鍛えられるし、
つらい体験を乗り越えた人は生きるパワーが
自然と与えられる気がします。。。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2014-09-09 20:03 | まほへの質問 | Trackback | Comments(2)