「あるく」・この詩を気に入ってくれてありがとうです、一緒に進ませてくださいな

今日はいい日だ
がんばってくれてて「ありがとう」

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
どうぞ、素敵な日をお過ごしくださいね。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。

お誕生日リスト あと11日で埋まります。
ご協力くだされば嬉しいです。



あるく」(53番)

あるく・アルク・歩く
止まりが少ないとかく
つまり足を休めず
うごきを止めないことなのだろう
だから私は
えらくても
しんどくても
たちどまらず
がんばろうとおもう



寂しさは友達である。
絶望はたまに逢う親友である。
そして不安は表現をする者としての自分の親であり、
日々の栄養でもある。不安はご飯だ。
(蘇える変態、星野 源)
そうかぁ、寂しさも不安も大事なものなんだ。
失くさなきゃとシャカリキにならなくてもいいんだね。
絶望はたまに逢う親友。。。


最後まで読んでくださって
ありがとうございました



[PR]
トラックバックURL : http://mahonoai.exblog.jp/tb/23575045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahorou at 2017-01-25 20:13
「いつも一緒だよ」

歩けなくなったことを
かわいそうにって
悲しまないでちょうだいね

それよりも
いろんなことに気づき
しあわせを見つけたことを
喜んでちょうだいね

いつも
あなたと
一緒の思いで
いたいから


2009.06.29


Commented by mahorou at 2017-01-25 20:15

2013過去記事

「六文字だけど・・・」

晴れの日も
雨の日も
毎朝
空を見上げてる

そう
あなたと
おしゃべりするの

どう思う?
どうしたらいい?

あなたは
いっつもこういうの
「だいじょうぶ」って

そんなすぐに言わないでよぅ

でもでも許してあげる
あなたが言ったとおりに
なってるからね

「ありがとう」


2013.06.27


わしら木は、ずーっとおなじ場所に生きている。
いつも、見ているんだ。
それをわすれずにおぼえておくのが、
わしらのつとめなのじゃよ。...
おまえさんたちには、つばさがある。
生きものには、すべてに役割があたえられている。
それを、まっとうするのが、人生じゃ。
そう、使命だ。
(つばさのおくりもの、小川糸)

人は、いつも澄んだ気持ちで
なんかいられない、と思う。
みんな、濁り具合の差こそあれ、
心の中を満たしているのは泥水だ。...
だから私はその泥水をきれいに保つため、
なるべく静かにしていようと決めた。
水の中で魚が動き回れば
濁った泥水になってしまうけど、
心を穏やかにしていれば、
やがて泥は下に沈み、
上の方はきれいな水になる。
私は、きれいな水でいたかった。
(食堂かたつむり、小川糸)

Commented at 2017-01-25 22:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by umemomo at 2017-01-25 22:24 x
まほさん。こんにちは~(*^▽^*)。

星野源さん。お若いのに、脳の疾患でたしか2回くらい手術してますね。
痛い思いを知る人だけがやさしさを知るのかなって思えます。

ちょっと、こぼしてもいいですか?

気功の仲間と勉強に他県に行くので、やりとりしてるのですが
のんびりしてるというか世間しらずというか・・・。
たまに、絶句。
「え~?宿泊場所しらない」とか「わからない」とか。
「・・・そんなの調べればわかるでしょう?」と返答するのですが
は~~~。
これで、年上の男性なんて信じられません。
今から、不安です。いらいらしそう。
1人の方が気楽でよかったかな~?
(@_@)
優しいだけの人間って、私は苦手です。
核がある人は、もっと自分の言動に責任感があるし
甘えがある返答はしません。
まあ・・・人生、修行だから。(後輩だし、面倒みないとな~。)

いらっとするのは、スルーしてビジネスライクにつきあった方がいいかもしれません。
ちょっと、友人にもなりたくないな・・・。
精神年齢は、実年齢と関係ないですからね~。

まほさん。またね~。(*^▽^*)
Commented by mahorou at 2017-01-26 06:21

★2017-01-25 22:05 の鍵コメさんへ

おはようございます。
いい年にしてくださいね。
がんばりすぎる必要ないです。
今までも十分すぎるほど頑張ってこられましたからね。

思いっきり怒ってくださいね。
まほも一緒に踏ん張っていきますからね。
どうかどうか、あったかくお過ごしくださいね。
Commented by mahorou at 2017-01-26 06:42

★umemomoさんへ

おはようございます。
星野源さん、脳の手術なさっていたんですか。
偶然観たドラマで初めて知りました。
いろんな才能お持ちでいらっしゃるんですね。

うんうん、umemomoさんのイライラ、理解できます。
さいきん、おおいですね。
でも年上と聞くと驚きですが、どこにでもいるんですねぇ。

こういう人優しい人って呼びません。
ただ自己中でもたれかかり生きている人。
気功をやっていると言えば人格者を想像しますからね。
人がなぜ困るか、いらいらするか理解できない方かもしれません。

うんうん、そうですねぇ。同感です。
どうしても避けられないなら、ビジネスライクで行くしかないでしょう。
あとは次回は先輩であるにしろ、これができない人とは先手必勝方で避けてください。

わたしも苦手タイプです。
ただ一人は嫌で群れているだけで、
本当に気功を学ぼうと自分を磨いている人とは思えませんから。。。

距離をとって、遠くから見てくださいね。
近づけば近づくほど、いやなところが見えてきます。
富士山は遠くから見るから美しいのですね。。。

Commented by mahorou at 2017-01-26 06:51
2013過去記事

「先生へのラブレター」

せんせい
ことし一年間、本当にお世話になりました。
せんせいはつよい女性が好きと言われたので
私はもっともっとつよい人間になりたいと思いました。
そのためにも、自分に負けず、甘やかすことなく、
リハビリを必死で頑張ることにしました。
おかげで予想以上にリハビリがすすみ、
やり残したことは何もないと
むねを張って一年を終えることができそうです。
本当にありがとうございました。

平成13年12月

たった一人でも、私の気持ちを
わかってくれる人がいれば、
力強く生きて行けると思っています。
「誰にもわかってもらえない」
とあきらめずに、
思いを伝えようとすることが大事。
そうすれば、
必ず理解してくれる人が現れます。
一人見つけると、不思議なことに、
そこから出会いが広がり、
いつのまにか
大勢の仲間ができるのです。
(日本一の給食、佐々木十美)

平成13年12月ですから2001年の暮れですね。
お礼状を出す前に、ノートに文章を書き、
練習していた跡がありました。
リハビリの先生に年内最後には
下手な字でもちゃんと自分の気持ちを伝えていたようです。
12年後のいまはここまでの情熱はないけれど、
感謝の思いと「こらえて こらえて」の思いは忘れていません。。。




Commented by mahorou at 2017-01-26 07:15
<成長のヒント>


 情報が急速に増えていく今

 情報に振り回されないこと。
 

 みんな

 それぞれの立場、背景、目的、動機から

 良かれと思って

 情報を伝えてくる(アドバイスしてくる)。
 

 しかし、飛び込んできた

 すべての情報が

 今の自分に必要で

 ぴったり合っているとは限らない。
 

 むしろ

 自分にマイナスになることも多い。
 

 ・情報を鵜呑みにしない。

 ・情報源をさかのぼって、確かめる。

 ・「そもそも、自分がどうしていきたいのか」を明確にする。

 ・視座の高い人や、人生経験が豊富な方に、客観的な意見を求める。
 

 そのうえで

 入ってきた情報から

 自分の都合で乗せていた期待を抜くと
 

 何が必要で、何が不要か

 何を取り入れて、何を実践するか

 が分かっていく。
 


 まほさんの光に触れる全ての人たちが

 幸せと豊かさに包まれ
 

 その光の波が

 世界の果てまで広がることを祈っています。
 
 小田真嘉

______________

 このメールレターの無断引用、無断転載は・・・

 積極的にオススメします!

 お役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら
 ぜひ、プレゼントしてあげてください(承諾は不要です)
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2017-01-25 11:49 | 2017年のつぶやき | Trackback | Comments(8)