朝からうれしいことがあった・・・聴いてくれますか・・・

今日はいい日だ
がんばってくれてて「ありがとう」


今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
どうぞ、素敵な日をお過ごしくださいね。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。

お誕生日リスト あと11日で埋まります。
ご協力くだされば嬉しいです。




あのね。
ひなまつりで「さっちゃんのおひなさま」の創作童話を
載せさせていただきました。
故人のmimiさんのブログ記事をご遺族に確認できず、
でもみなさんにぜひ読んでいただきたいと。。。(勝手に)
そのmimiさんをご存じだった方から連絡があったのですよ。
mimiさんが出会わせてくださったんだと、
うれし涙がこぼれました。




「生きることの尊さ」

お年寄りを
えらいなあと
心から
そう思います

なぜなら
70年以上にわたり
生き抜いてこられたから

その長い歳月に
つらいことが
なかったわけじゃない
かなしいことが
なかったわけじゃない
いつも幸せだった
わけじゃない

そうだけど
そうだけど
涙をこぼし
歯を食いしばりながらも
生き抜いてこられた
人生模様がある
真実がある

幸せを感じている人しか
生きられないのであったなら
お年寄りなど
存在していないだろう
若者だらけだ

待てよ~
それも違うなぁ

育てる大人が
いなけりゃ
赤ん坊は
生きられない

あ~そうか
ご先祖さまが
いなくっちゃ
我々は
この世に
存在しなかった

いのちっていうのは
綿々(めんめん)と
続いているのだ

つらい時があっても
かなしい時があっても
きっと きっと
楽しい時がくることを
信じて
いのちのバトンを
引き継ぐよ
「ワタシ」から「アナタ」へ


2008.08.30


※いのちのバトンという言葉は、相田みつをさんの詩に出てきます。
 心に響いた表現で使わせていただきました。



[PR]
Commented by mahorou at 2017-03-23 07:45
22.なみだ

あの頃の私
泣いてばかりいた
あとどれだけ泣けば
涙が涸れるのか
真剣に考えていた

涙が涸れてしまったら
嬉し涙が流せなくなるなんて
考える余裕すらなかった

-----
涸れずによかったぁ。。。
また元気が出てきた。ありがとう。
Commented by kii0316 at 2017-03-23 08:48
「いのちのバトン」受け取りました!
ありがとうございます☆
「なみだ」…あの頃は 本当に泣いてばかりいた
何度 携帯開き まほさんに助けてもらったか…
思い出すだけで、また泣けてきます。
私も…溺れずにすみました。
ありがとう。まほさん。
Commented by misarin-1126 at 2017-03-23 08:49
まほさん! おはようございます^^

ブログ拝読遅れちゃってごめんよ~^^::

>いのちのバトン

お彼岸に仏壇に手を合わせてましたら、今まで以上にいのちの事を考えました。
自分は後何年生きられるのかとか?
身辺整理の事を考える年齢になって来たとか・・・etc(笑)
今までに自身の余命について考えた事もなく過ごしてきましたので
今週のまほさんのブログは、色々な事を私に語りかけて下さってました。
ゆっくりと考えますチャンスをありがとう!
三寒四温、体調を崩さずお過ごしくださいね(^_-)-☆
Commented by mahorou at 2017-03-23 11:53

★kiiさんへ

ありがとうございます。
うれしいです。
本当いろいろあるけれど、守りたい人がいるから踏ん張れます。

守りたい人のこと思えば勇気がわいてきます。
まだその気力があり、
怒ったり、泣いたりできるって生きておられるからだなあって。

あしたも大切なご用でしたね。
お気をつけて…と祈っています。
空に浮かんだ太っちょ雲が、まほです。。。
Commented by mahorou at 2017-03-23 12:04

★みさりんさんへ

こんにちは。ありがとうございます。
kiiさんと1分ちがいのコメントでした。

うれしいですね。命のバトンを引き継いでくださって。。。
まほも、いろいろ考えます。
きっと不安を小さくする意味でも、
大事なことですよね。

死を考えることは、今を大事に生きることにつながっていますもんね。
どうにもならないことに悩み続けてもエネルギーの損だと、
頭ではわかっても、心は納得しなかったり。

そんな時、mimiさんのブログは生きる喜びを残してくださいました。
死というものと向き合い、おだやかに旅立たれたと思います。。。合掌
そういう人生の宝となる人と出会わせていただいてしあわせです。

まほってわかりやすい性格で、
ブログ記事書く元気があるうちは・・・心も体も壊れていないときです。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2017-03-23 06:50 | 2017年のつぶやき | Comments(5)