神さまからのプレゼントでしょうか?

a0125751_9314296.jpg



今日、とっても嬉しいことがありました。
みなさんはなんだと思いますか?

もう、夢じゃなかろうかと思うぐらいのことです。
わたしは超健康体でしたので、
大病するなどと考えたこともなく、
定年後を夢見ていました。

時間ができたら「書の道」と決めていて、
30代後半から、お稽古に通っていました。
でも大病し、手足の筋肉がなくなり、
はかなく消えました。
「はかなく消えた夢」

不思議なことに、眠っている間に、
書の大先生の夢を見ていました。
この大先生は脳梗塞で右手が不自由になり、
言葉も出なくなりました。
ですが、ですが、血のにじむようなご努力で、
左手で書を再開されていました。
そんな方が「絶対治る」と言われている夢でした。

68日ぶりに目覚め、
自分の置かれている状況がわかるにつれ、
夢は消えた―――と思いました。

ですが、病後10年、
わたしの詩を色紙に書いてくださる人が現れました。
ひまわりさんという方で書道教室の先生です。
わたしが好きな書体が書ける方。
書も絵同様に好みがあります。
わたしの求めていた文字に出逢えた喜び。

そうして、まず最初に「みんな みんな」の詩を
書いてくださいました。
ひまわりさんの記事 「わたしも頑張ろう~っと!」

また、どんどん書いていただけたら、うれしいです。
ひまわりさん、ありがとうございました。


2009.12.17 追記
上記のありがとうの書も、ひまわりさんの作品です。
ブログよりお借りしました。

[PR]
by mahorou | 2009-12-16 14:56 | 「ありがとう」詩集公開