「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:是非読んでほしい詩( 80 )

「ボクとタイボク」

じっと
少年は
ボクを見つめていた

そして
空を仰ぎ
考えていたと思ったら
いつのまにか
姿が消えていた

すると
むこうがわから
にぎやかな
こどもたちの声が

1・2・3・・・
8人のちびっこがやってきた

そのなかに
さっきの少年の姿も
みつけた


ボクは
この冬の寒さに
震えていた
ボクは
ひとりで
暖かいはるを
待っていた


ちびっこたちは
両手を広げ
輪になり
ボクの周りを
とりかこんだ
そして温めてくれた

ボクはうれしかった
「ありがとう 
 よくきてくれたね」

それから
それから
早口で
「はるになったら
 おれいをするから
 ここにまたおいで」と言った


冬が終わり
暖かな春が来た

ちびっこ8人は
約束通り
ボクのもとに集まった

みんなが
見上げると
きれいに咲いた
さくらの花

ボクは
はずかしそうに
「よくきたね」と・・・
うれしそうに
「ありがとう」と・・・


2008.02.27

8年前に初めて書いた童話。
タイトルからは「ボク」って少年に見えますね。
ほんとうは誰のことでしょう。
タイトル変わればすぐお分かりになるでしょう。。。



若いものには、
年老いたものがどのように考え、
感じるかは分からぬものじゃ。
しかし、年老いたものが、
若いということが何であるかを
忘れてしまうのは罪じゃ。
(ハリーポッターと不死鳥の騎士団)

描いたものは
その受け手の人が
受け取るように
受け取って欲しい。
読んだ人が
「自分が今いるところから抜けたい」と思ってることの
ヒントになるようなことが見つかったら
それでラッキー。
(情熱大陸、桜沢エリカ)



月~金まで、3分あれば読める記事(2記事)の長さです。
お時間がある方はコメント欄に過去記事をコピーしていますので、
お読みくださいませ。
最後まで読んでくださってありがとうございました



[PR]
by mahorou | 2016-04-13 12:00 | 是非読んでほしい詩 | Trackback | Comments(8)

「腐っても鯛のように」

だらしない体
だらしない体
だらしない体

テレビの字幕に
だらしない体を
変える運動と
書いてあった

だらしない体と
声を出していった

コーヒーを
飲んでいた
家族が
噴き出した

ごめん
ごめん

テレビの字幕の
ことばを
考えていたんだ

たしかに
たしかに
ワタシは
だらしない体だ

だけど
だけど
心だけは
だらしなく
ならないわ



2008.05.09

社会の役に立つのはすばらしいことだが、
それだけが生きる意味ではない。
自分がまずその日、その日をしっかり生きて、
大勢に知られなくても手ごたえのある暮らしを送る。
季節の移り変わりを楽しみ、
身近な家族や友人と笑いあう。
「人生はそれで十分」という気もする。
(劣化する日本人、香山リカ)

たしかにあなたのように悩んだ経験を持つ人は、
苦しんでいる人のことをよく理解してあげられると思う。
でも、理解するだけじゃなくて助けてあげるには、
あと五割、あなたの問題を解決しておく必要が
あるんじゃないかな。
(香山リカの生きる力をつける処方箋、香山リカ)


11月3日にお会いしましょう ありがとうございました




[PR]
by mahorou | 2014-10-31 20:05 | 是非読んでほしい詩 | Trackback | Comments(4)

「伝えたいこと」

どうしても どうしても
言っておきたいことがある
あなたを否定しないよ 
否定しているんじゃないよ
あなたを強制的に
納得させるつもりもない

だって だって
たった一度きりの人生だもの
あなたはあなたを生きればいい
私があなたの人生を
生きるんじゃないからね

なにが正しくて
なにが間違いって
じぶんの答えが
年とともに変ることもある

いま納得できなくてもいいんだよ
ちゃんと時期が来たら
あ~そういうことだったのかって
わかるから

私がわかっているのは
たどってきた人生の足跡
これからのことは
人生の先輩に
助けてもらおっと

ただひとつ

生きることを
肯定している
私がいることを

生きることを
応援している
みんながいることを

心に留めておいてほしい


2007.11.23

孤独であっていいのですが、
信用できる人間は
必要なのではありませんか?
(水滸伝 16 馳驟の章、北方謙三作品のいい言葉)

すべてを肯定するんじゃなくて、
すべてを否定しない。これが大事なのだ。
すべて肯定しようと思って一生懸命になると、
「肯定しなきゃ」「認めなきゃ」という
mustな気持ちが働く。これは重い。
(すべてを否定しない生き方、東儀秀樹)


ご自分が感じたまま、受け取ってください。
そうして、こういう思い方もあるんだと、
心に留めておいてください。
歳を重ね、思い出す時が来ると思います。。。

今日はリハビリの応援と
お留守番をありがとうございました。





[PR]
by mahorou | 2013-10-15 14:10 | 是非読んでほしい詩 | Trackback

「そんなに急いでどこへ行く」

我々はどうしても
早く早くと急ぐ

とくに
現代社会は
携帯電話普及の影響大で
返事が来ないと
あれこれ心配し
「待つ」ということが
できにくいように思える

そんななか
携帯電話
クーラー
電子レンジ
ビデオ
デジカメ
パソコン

なんにもない時代を
過ごしてきた
自分自身にとって
「待つ」という行為は
さほど苦手ではない

その時代を
よく知っているから
便利になったありがたさを
心から感謝できる

だから思うんだ
つらい時を経験した人は
仮にまた苦労が来たとしても
きっときっと乗り越えられるって
自信を持って言えるんよ


2007.08.31

自分で経験して、失敗して、
正解を見つけなくてはいけないんです。
(恋の知恵本、秋元康)



[PR]
by mahorou | 2012-07-27 00:00 | 是非読んでほしい詩 | Trackback

悲しみの比較は

「悲しみの比較は」

「ワタシだって
我慢しているのよ
そんな不満は
言うべきではないワ」

これって
おかしいと思わない?
こういう決めつけ方
ひどくない?

みんなそれぞれに
感じ方は違うよね
ひとりひとり
顔が違うように

悲しんでいる人に
我慢せよと
言うべきではないんじゃない?

それよりも
悲しみが
小さくなるような
言葉かけができるたら
すてきじゃない?

なぜなら
悲しんでいる人に
悲しむなと
いうのは
おなかがすいている人に
食べるなというのと
おんなじようなものだから

ワタシは
アナタにはなれない
けれども
99.99999…パーセント
近づきたいという
人間もいるんだと
信じてほしい

歳月は
漢方薬のようなもの

じっとじっと
アナタが
元気になるまで
待っているわ

ずっとずっと
アナタが
元気になるよう
祈っているわ



2008.04.02


人は
強いというだけで
誰かを傷つけてしまい、
弱いというだけで
誰かを憎んでしまう。
(ベルセルク、三浦健太郎)





[PR]
by mahorou | 2012-07-05 00:01 | 是非読んでほしい詩 | Trackback

ゴールはあなたの心に

「ゴールはあなたの心に」

あせらないで
あせらないで
この言葉を
アナタに贈るわ

あせらないで
あせらないで
この言葉を
アナタに返すわ

「のし」がついて
ワタシの手元に
戻ってきた

そうだよね
そうだよね

言うのは簡単
実行しなきゃ
みんな
信用しないよね

お金はいらない
名誉もいらない

だって だって
お金より
大事なもの
持っているもん

だって だって
名誉より
大事なこと
知ってるもん

ワタシと
出逢った人が
ひとり残らず
しあわせになるよう
祈っています

あせらずに
あせらずに


2008.04.17


どんな波もいつかは必ず
すぎ去っていく。
普通の人間は波の面に顔をだし、
ただ息をしてしのげばいいのだ。
必ずこの波も越えられる。
(再生、石田衣良)



もうひとつのブログ 病気を乗り越えて





[PR]
by mahorou | 2012-04-04 19:12 | 是非読んでほしい詩 | Trackback

みなさん、今年も仲良くしてくださって、
ありがとうございました。
まほのように車いすになりますと、
お付き合いは減っていくものだと思っていました。
でもありがたいことに
ブログで出会っていただきましたこと、
感謝に堪えません。
また来年もよろしくです。
みなさんも佳いお正月を。
まほものんびりさせてもらいますよぅ。



「感じるしあわせ」

自由の中にも
不自由がある
不自由の中にも
自由がある

強さの中にも
弱さがある
弱さの中にも
強さがある

喜びの中にも
悲しみがある
悲しみの中にも
喜びがある

いちばんうれしいのは
わたしの心の中にも
あなたが居ると思えること

2番目にうれしいのは
あなたの心の中にも
わたしが居ると思ってもらえること


2011.06.07


未来のどこかでぼくたちだって
変わるかもしれないじゃないか。
現実は厳しいかもしれないけど、
その壁をのり越えることができるかもしれない。
(明日のマーチ、石田衣良)





[PR]
by mahorou | 2011-12-30 00:00 | 是非読んでほしい詩 | Trackback

「こころに刻みたい人生時計」

そんな そんな
ちょっとの時間じゃ
何にもできないよぅ

そう思っていて
なんにも
動かなかった

それも違うなぁ
悩みすぎて
動こうとさえ
しなかったと
言うべきかも


年を重ねた今
気づいたことがある

花は
自分自身が
咲かせるものだって

不満は
感謝の思いが
多ければ
減るもんだって

人のせいに
していたら
いつまでたっても
しあわせは
つかめないって

1分もあれば
ありがとうの
お礼が
言えるって


気づいたよ
気づけたよ

ありがたいという
気持ちになれた時間を
ありがとう

今日は
25分歩いたよ
歩ける時間を
ありがとう

生きられる時間を
ありがとう


2008.10.21


言葉を一字一句間違わずに
しゃべろうなんて思ってはいけません。
大事なのは言葉じゃない。
その手まえにあるみなさんの心です。
台詞を伝えるんじゃなくて、心を伝えてください。
形でなく、思いを伝えてほしいんです。
(40 翼ふたたび、石田衣良)








[PR]
by mahorou | 2011-12-29 00:00 | 是非読んでほしい詩 | Trackback

身軽になろうか

「身軽になろうか」

何から捨てようか
う~ん
かっこよく
見せようとする
ワタシのこころ

それさえ捨てれば
ずいぶん生きやすくなる

どう見られようが
ワタシはワタシ

泥つきの
れんこんのように

将来を
見通す目さえ
捨てなけえりゃいいさ

ワタシの人生
ワタシが決める

2008.04.22

[PR]
by mahorou | 2011-12-28 00:00 | 是非読んでほしい詩 | Trackback

勇気をあげるから

「勇気をあげるから」

今日だけ頑張ってみようという「勇気」
痩せようと食べ物を我慢する「勇気」
健康に気を配り禁煙をする「勇気」
肝臓をいたわり飲みすぎに注意する「勇気」
苦手なことに挑戦する「勇気」
辛く苦しいけれど歯を食いしばる「勇気」
ありがとうと言える「勇気」
生き抜こうとする「勇気」

これらみんな自分を可愛がり大事にするための「勇気」

初めの一歩が踏み出せない あなた
大丈夫だよ
私があなたの背中を押してあげるから

哀しいこといわないで
何も心配しないで
みんな応援しているんだから
あなたの笑顔に救われたのだから

何もいわず受け取って
今度は こんどは・・・
私が生きる「勇気」をあなたにあげるから


2006.06.26


人は臆病なものである。
これから大事な旅に
出かけようというときには、
不安になってしまう。
「手の中にあるもの」だけでは
足りないのではないかと思い、
旅立ちをためらう。
もっと準備をしてから、
と思うこともある。

だが、足りないのは準備だろうか。
あるいは環境だろうか。
それとも経験や才能?
たぶん、違うだろう。
なにかをはじめるのに必要なのは、
いま、「手の中にあるもの」を
つかんで出発する「勇気」だ。

(人生の贈り物、アレックス・ロビラ)













[PR]
by mahorou | 2011-12-26 00:00 | 是非読んでほしい詩 | Trackback