カテゴリ:いただいた手紙・メールより( 2 )


11.おまじない


いつも いつも
くじけそうになる自分に
励ましの呪文をかけた

負けない・あきらめない・悔やまない
こころの中で
なんども なんども
くりかえし唱えていた



49.障害物は取り去った


歩くための
しょうがいぶつは
すべて取り去った
もうだめだ! と思う
よわきな心も
まだまだがんばれるの
ことばにかえてみた




ブログ友の紹介記事でいただいたコメントより

あなたは【こころ】と【がんばる】をひらがなで書いている・・・

まほさんのブログ見させていただきました・・・

確かに【良いこと】を記している・・・

ただ・・・
この人・・・
【ことば】をひらがなで書いてるのに・・・
肝心な【こころ】が【心】になっている・・・

【本心】を記しているのでしょうか・・・
まだ【こころ】を開いてないのでは・・・



まほよりご返事です。

ごめんなさい。嘘偽りない自分のこころです。
文字が書けなくなって、ひらがなの練習をしながら、気持ちを詠みました。

今はパソコンですから、漢字変換が容易です。
でも、ひらがなって柔らかくて、あったかくて、やさしい感じで好きなんですね。
小さい方にも読めて、思いが伝わりやすい…。
だって、わからないことほど、つまらないことないですもん。。。

コメントありがとうございました。

今は、家族を心配させまいと「フリ」をすることありますが、
闘病中は、誰かに見せるために書いたものではないので
自分の心の「軌跡」みたいなものでした。(45・6歳ごろの詩)




ご担当いただいた宮尾さんの記事を紹介させていただきます。
みんなしあわせに 2009.06.15
(「ありがとう」の感想も書いていただいてあります)

2009.07.06 まほ

[PR]
by mahorou | 2009-07-06 09:51 | いただいた手紙・メールより


わたしの命の恩人のお母様より、手紙がきました。
なんと、先生は今年4月より、1年間アメリカへ留学されていらしゃるとのこと。

嬉しいですねえ。ご活躍されておられて、流石努力家の先生。

先月、39歳になられました。
わたしの人工呼吸器が外されたのは、30歳の時でした。
39歳・サンキュウ…「ありがとう」の詩集をお贈りできて、よかったあ。

留学中の先生に代わり、ありがとうを大量に注文いただき、
たくさんの方に読んでもらえるようにとのご尽力、心より感謝です。
ありがとうございました。

2009.06.23  まほ

[PR]
by mahorou | 2009-06-23 12:00 | いただいた手紙・メールより