<   2012年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧

まほファミリーのみなさん、おはようございます。

ここ数ヶ月で、
多くのかたが旅立ちました。
今日で、ブログ連続66日間更新。
人生のはかなさ・せつなさに
背中をおされて頑張って来られました。
・・・でも、やはり、悲しい。。。
この辺でおやすみしてみようと思います。

体は元気です。
ちょっと悲しみを我慢しすぎたかな。
人さまにやさしいように、
まほっちにもやさしくしてあげたい。
「人生はあなたに絶望しない」・・・はフランクルの名言。
「まほはまほっちに絶望しない」と言い換えたい。。。

涼しくなったら、またお会いしたいです。
待っていてください。ありがとう。

-------------

生きていくのに、
大事なことってなんでしょう。

希望がなくても
絶望しても
生きてこられたのは
支えてくれた人がいたからなんですね。

それがわかった今
今度はちっちゃな事ですが、
支える側になりたいと思います。 あなたが欲しいものを

この誰かを
支えさせていただきたいという気持ちが募ってくると、
「生きがい」と呼ばれるものになりそうです。

無理なくできることで、
人さまから強要されたことではなく、
ラクなことばかりではないけれど、
ちょっとは我慢できる覚悟を持ってすること・・・
それがここでのつぶやきかもしれません。

誰かの心が軽くなるような、
いや、そんなのは望まないまでも、
ちょっと寄ってみようか・・・と
思える場所だったら、しあわせです。

きっと、きっと
将来、残り時間が少なくなったら・・・
こういうことできない気がする。。。
小心者のまほと笑ってください。 未来のあなたへ


体と心が元気な時、
せめて、せめて、心だけでも元気な時、
「苦はしあわせの隠し味」・・・と
覚悟しておいたほうが
心が折れない気がしますよぅ。



痛い目みて、
迷惑かけないと
わからない気持ち
だってあるさ。
人生の底まで
墜ちて初めて
わかる気持ち
だってあるさ。
(フルーツバスケット7巻、高屋奈月)


[PR]
by mahorou | 2012-08-31 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(9)


まほファミリーのみなさん、おはようございます。
今日も過去詩を。
お付き合いいただけたら、うれしいです。


「できたじゃないの」

いちにちだけ 
がまんしてごらん

そのつぎは 
いっしゅうかん
1ヶ月 
三ヶ月 
半年 
一年

ほら 
がんばれたじゃないの

がまんが 
がまんを 
おぼえ
いつのまにか
すこし
つよくなれたじゃないの


2002.11.24



確かにあなたは、とんだダメ人間だ。
仕事が遅いことがじゃありません、
山の頂きを仰ぎ見て
卑屈になっていることがです。
かがめばかがむ程、山頂は遠くなりますよ。

頂きは己の卑小さを知るために
そびえ立っているのではありません。
ただ目指すためにあるのです。
山道でかがんでいる暇があったら、
ゆっくりでもいい、登っていきなさい。
一歩ずつ亀のように確かな足どりで。

それでも頂きには
たどりつけないかもしれない。
途中で力尽きてしまうかもしれない。
だけどそこから見える景色はきっと
今よりマシなものになっているはずですよ。

(銀魂、空知英秋)


ひとたび、何かが起こるまで、
知らないことはたくさんある。
この世界には、おそらく、
数えきれぬほどの「問題」があって、
ぼくたちは、
そのすべてを知るはずもない。
だからこそ、
安寧に暮らせるのかもしれない。

あるかもしれないすべての苦難に
心を痛めていては生きてはいけない。
人間は、そのような存在ではない。

(「あの日」からぼくが考えている「正しさ」について、高橋 源一郎)






[PR]
by mahorou | 2012-08-30 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(2)

まほファミリーのみなさん、おはようございます。
昨日はお留守番をありがとうございました。
指の動きが悪いので、コピーにて、過去の詩を。
もう終了済みの今日もきらめいてブログより転載です。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
29日・・・「福」と読む佳き日です。
あなた様のおしあわせを祈っています。


「後悔から学ぶ」

後悔(こうかい)・・・
あとでくやむこと

この言葉こそ
ぴったりの漢字はないと
涙するたびに
なんど思ったことだろう

今ようやく
後悔があって
はじめて
反省が生まれ
人は
成長できることを
知った


2001.12.16


10年前ってこうだったのですよ。
ですから、病院でお世話になった看護師さんや助手さんは、
「ありがとう」の詩集を読み、びっくりされたんです。
こんなにも強い人だったのかと。
泣いていたし、5分と車椅子に座れなかったし、
ことばが単語でちょっとアタマのおかしな子どもみたいな
患者でしたから。

ですから、みなさんに
「だいじょうぶ、なるようになる」って
自信を持って言えるんですよ。


「その人は、誰を愛したか。
 誰に愛されたか。
 どんなことで人に感謝されたことがあったか」
毎日数人ずつ死者を訪ねてゆくなかで、
この三つを知ることができれば、
ほかと違った人物として
一人一人を心に残していける。
さらに大事なことは、
たとえその人が病人であろうと、
障害を抱えていようと、
仕事の有る無しも関係なく、
また人生経験の少ない子ども、
あるいは赤ん坊であっても、
この三つの用件なら何らかのかたちで
満たし得るということだった。
(悼む人、天童荒太)





[PR]
by mahorou | 2012-08-29 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(4)

今を生きるとは・・・

まほファミリーのみなさん、おはようございます。
今日はリハビリですので、お留守番をおねがいします。

今の心境と入院中の気持ちと、
こんなにも違って来ました。
気持ちがずっと変わらなかったら、今でも苦しんでいたでしょう。
そう思うと、ちゃんと人生の肥やしになっていたかなぁと。。。


「歩き出す」

あたしは
こころに決めた道を
いきます
あなたが
何足もの靴を潰し
歩かれたように
生きていられる限り
あたしも
足の代わりのタイヤを
取り替えていきます
生きがいをくださって
ありがとうございます


2012.08.24

--------------------

「もう一度人生を下さったのですね」

あなたは私にもう一度だけ 
チャンスをくれたのですね
自分を大切にすることと 
エゴイストはちがう
がんばることは大切だが 
無理をすることではない
このことを
私に気付かせるために
そのあなたのご温情に
報いるためにも
不可能を可能に変える努力を
私は惜しみません
あなたがもう一度だけ
人生を下さったのですから    
    

2001.12

--------------

急性膵炎は、あっという間に
命を落とす方もいるようです。
私は生存確率20パーセントで、
たとえ、命が助かっても、
廃人か植物人間になるとも
言われていたそうです。
ですから、奇跡的に生還、
歩けず車いすになったことなど、
比較にならないほど、
感謝しかありません。。。

でも、その時の感謝と
5年・10年、そうして現在での感謝の思いには
雲泥の差があります。

そうして、フランクルの、
「人間は人生から問いかけられている」・・・
のお考えに対する、まほなりの答えを
これからもつぶやいていきたく思います。


挑戦した。そして、
大切なのはそのことだ。
なによりも大切なことと言ってもいい。
(ボーイズ・ドリーム、アレックス・シアラー)






[PR]
by mahorou | 2012-08-28 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(4)

まほファミリーのみなさん、おはようございます。
また今週も仲良くしてくださいね。


「賢く生きるって」

歳を重ねるたび
賢くなりたいと思うの

そんな
いまから無理だよぅ
無理 無理 絶対無理

誰もが
そう言うわ

でも
だいじょうぶ
だいじょうぶ
自信はあるわ
任せておいて

賢くなるのは
アタマじゃないよ
東大に入れるように
がんばることじゃないのよ

こころ
こころよ

それだったら
歳を重ねないと
賢くなれないでしょ

歳を重ねられるって
ありがたい幸せなのよ

40代で
人生にピリオドだったら
いろんなことに
気付けずにいたわ

「こころ賢く生きる」
これを
人生の目標にしよう

そうしたら
きっと
きっと
ワタシは
幸せに生きられるから

そうしたら
きっと
きっと
アナタを
幸せにできるから

2009.01.08

たいていのことは
「そうでなくてはいけない」
と言うほどのことはないんですよ。

どっちでも同じなら、
相手を立てたほうがいいじゃないですか。
自分に本当の誇りがあったら、
あまりこだわらないと思いますよ。

(愛和、浅井慎平)


人はどんな不幸な時も、
小さな喜びで生きてゆける。

小さな喜びを沢山発見する事は
生きる秘訣にちがいない。

(神も仏もありませぬ、佐野洋子)




[PR]
by mahorou | 2012-08-27 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(4)

まほファミリーのみなさん、おはようございます。

今日はお誕生日の方がみえませんが、
今日という日は誕生日ばかりではなく、
みなさんの心に残る思い出の日でもありましょう。
あなた様のおしあわせを祈っています。


今日は、誰にでもある失敗に関することばを集めてみましたよ。
人間というのは割合、失敗を引きずりますよね。
特に、まほっちはそうなので、こう言う言葉に励まされます。


失敗は成功の母ですが、
同時に成功は失敗の母
でもあります。
成功したときにこそ、
自分ひとりで
自己否定をし続けるのは
限界がある。
(チェンジメーカー、勝間和代)


失敗のない人生などあり得ないし、
その失敗を生かすも殺すも
自分次第だということだ。
人間は失敗するだけ強くなれる。
それだけは覚えておきなさい。
(ジェノサイド、高野和明)


「できない理由」ばかり考え、
それ以上深く掘り下げない習慣が
ついてしまった人と、
「できる手段」をあらゆる方向から
考える習慣がついている人とでは、
5年後、まったく違った人生に
なっているだろう。
(「バカになれる男」の魅力、潮凪洋介 )


うんうん、本当にそうですよね。
失敗して落ち込んで何もしないようになっちゃったらいけませんね。
誰にだって起き上がる力はあるんです。
今まで生きてこられたと言うことは、つらいことがあっても、
歯を食いしばって生きてきたんです。
どうか、そんなご自分を「えらいぞ」とほめてあげてくださいね。
まほっちはいっつも自分をほめます。
だから、家族は、そういうまほっちを能天気な奴と呼びますが・・・。
幸せなら、なんと言われても笑えますよぅ。



最近感動したのは、100分de名著・フランクル



[PR]
by mahorou | 2012-08-26 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(5)

まほファミリーのみなさん、おはようございます。
まほもあと3ヶ月で57歳になれます。
命が助かっていなかったら、44歳目前で旅立っていました。
手術後はどの数字をとっても、生きられる可能性は低く、
手術に立ち合った看護師さんのことばを借りれば、
「もう時間の問題」だったそうです。
多臓器不全、敗血症までいった「まほ」の命を助けてくださって、
ただただ感謝しかありません。 あ・り・が・と・う

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
あなた様のおしあわせを祈っています。


「鳥にでもなろうか」

人間はとにかく考える
いつもいつも考える

同じ問題を
考え続ければ
それは「考える」ではなく
「悩む」という
入口に立ったも同然

そうして
悩み続けると
不安の心で
いっぱいになる

風船を
膨らますように
どんどん
大きくなって
ついには
割れてしまう

考えるのは
いいけれど
悩みすぎるのは
よくないようだ

・・・と
理屈は
わかっていても
悩むのが人間だ

じゃあ
ちょっと
人間をやめて
鳥にでも
なってみようじゃないか


2009.08.29


なによりも悪いのは
腐ることじゃなくて、
腐り続けることに
慣れることなのよ。
(シルエット、島本理生)


目の前のものを
追うのではなく、
その後ろについてくるものを
大事にすることです。
(LESS IS MORE、本田直之)







[PR]
by mahorou | 2012-08-25 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(7)

まほファミリーのみなさん、おはようございます。
昨日は「処暑」でしたが、暦どうりにはいきませんね。
残暑は9月はじめぐらいまで続きそうです。
どうか、暑さに負けないでいてくださいね。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
24日の積は「8」、無限大の可能性を秘めた佳き日。
あなた様のおしあわせを祈っています。


「だいじなのは・・・」

お金持ちであることが
しあわせで
貧しいことが
ふしあわせ

健康であることが
しあわせで
病気があると
ふしあわせ

若いことは
すばらしくて
老いることは
哀しいこと

ほんとうに
そうだろうか

いまの
わたしなら
はっきり
「ノー」と
答えられる

だって だって
わたしは
お金持ちでも
健康でも
若くもないけれど

しあわせを
感じているもん!

歳を重ねられる
素晴らしさを
ちゃんと知ってるもん!


2009.03.20


人間の心は、
本人が思っているより
ずっと柔軟性があり、
また回復力も備わっている。
その本来の力が発揮できるように
環境を整えてあげるのが、
「心の持ち主」である本人の役目かもしれない。
(がんばらなくていい生き方、香山リカ)


誰だって、明日は
今日よりも確実に年を取っている。
その事実だけは、たとえ
億万長者でも変えることはできないのだ。
だからこそ私たちは、
一度きりしかないこの人生を
いかに充実したものにするか、
と真剣に取り組むことができる。
(がんばらなくていい生き方、香山リカ)







[PR]
by mahorou | 2012-08-24 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(4)

まほファミリーのみなさん、おはようございます。

今日はお誕生日の方がみえませんが、
今日という日は誕生日ばかりではなく、
みなさんの心に残る思い出の日でもありましょう。
あなた様のおしあわせを祈っています。


生きてくことは
変わっていく事かもしれない。

変わっていくというのは育つということ。
良くも悪くも・・・・。

老いても、せめて
魂は美しくありたいと思う今年の夏。


いまなら
幼い子どもの気持ちがよく分かる。

病院でマルを書いてみたけれど、
一度おとなになって、
マルという形を知ってしまった「まほっち」には、
幼児が初めて描くお母さんの顔の線の
いびつさは絶対出せなかった。

子どもがどんなにお母さんを思い、描くのか・・・
感動でもあった。

いっくらひらがなが書けなくなった「まほっち」でも
幼児が描くあたたかい線
は出せなかった。。。


これからの時間に思いを馳せ、
興奮し、歩き回る。
生きているからこそ、できることだ。
死んだ人間にはできない。
心をときめかすことも、
恥を感じることも、
感情を昂ぶらせることもできない。
…覚えておくがいい。
生きている証とはな、
何かを為すことじゃない。
心を揺らすことさ。
(スーサ、あさのあつこ)



人生いろいろなことがあるけど-
悪いことばかりじゃない。
苦しくて逃げたいと思う時も、
どこかになにか次の幸せに
つながる欠片が落ちてると思う。
(民王、池井戸潤)



[PR]
by mahorou | 2012-08-23 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(6)

悲しんでいるあなたへ

まほファミリーのみなさん、おはようございます。
昨日はリハビリのお留守番をありがとうございました。
お蔭さまで、これから何を頑張ったら良いのか見えてきました。
理屈が理解できたので、可能性が広がりました。
脳内科の先生に「若いのに、お酒も飲まないのにお気の毒」と
言われたときは絶望もしましたが、
今じゃ、車イスとパソコンがあれば「水を得た魚」状態。
家族はじめ多くの方のお蔭さまです。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
あなた様のおしあわせを祈っています。


人間は、とかく傷つくと落ち込みます。

そこで、問題です。
「わたしはあの人の言葉に傷ついた」
などと言いますね。

では、あの人とは誰でしょう?

あなたが愛する人ですか?
あなたが知っているだけの人ですか?
あなたが嫌いな人ですか?
小さいこどもが言った言葉ですか?
心が病んでいるおとなの言葉ですか?

わたしは、今まで、
言われた言葉に傷つき、
落ち込んでいました。
…その経験の多さから、
ついに、
自分の心が
落ち込みにくい方法を
大発見。

聴いてくださいますか?

それは・・・それは、
自分が愛する人からの
言葉についてだけ、
真剣に受け止め、
傷ついてみたいと思いました。

わたしは
愛した人が望む
自分になるために、
傷つき、反省し、
いけないところを
直していこうと
決めました。

歳を重ねられること、ありがたいです。
50代になり、ようやく気づけました。
感謝です。



それ以外は、スルーする習慣にします。
悩まないで、こころを強くする、
ひとつの方法です。


どうやったら、
引き出しをいつでも
いっぱいにしておけるのか。
その答えはおそらく、
「できるだけ多くの人と出会うこと」
だと思います。

それも、ただ
ぼんやりと会うのではなくて、
その人たちがそれぞれの人生をかけて
ようやくつかみ取ったはずの
大切な何かを、
横取りさせてもらうのです。
一生懸命に吸収して、
自分のものにするのです。
スポンジどころか、
高分子吸収体みたいな柔軟な心で。

(キスまでの距離、村山由佳)






[PR]
by mahorou | 2012-08-22 00:00 | 2012年のつぶやき | Trackback | Comments(6)