<   2013年 10月 ( 48 )   > この月の画像一覧

寂しければ大声で泣け。
哀しければ我を忘れて狂え。
怒りたければ叫べ。
それも人間じゃぞ。
我慢ばかりしておると、
器が時に小さくなる、卑屈にもなる。
(居眠り磐音(13)─残花ノ庭、佐伯泰英)

うまくいかないことが
たくさんあるのが人生。
でも、そのうまくいかないと
思っていることが、
もっと長い目で見たその先で、
今感じる損よりも大きな益を
もたらしてくれることも多い。
(ロングテール)

たとえば、
非常に受け入れがたい
困難な現実にぶつかったとき、
人間はほとんど無意識のうちに
自分の心の形に合うように
その現実をいろいろ変形させ、
どうにかしてその現実を受け入れようとする。
もうそこで一つの物語を作っているわけです。
(物語の役割、小川洋子)

大切なのは、
受け止め方だと思うんです。
自分が見たり、
体験したりしたことを
最初からありえないと否定するとか、
ただの偶然ととらえるか、
それとも、何か意味のあることと
受け止めるか。
(ドラマ「キイナ」)

むずかしいことはやさしく。
やさしいことは深く。
深いことは愉快に。
(井上ひさし)





[PR]
by mahorou | 2013-10-31 13:01 | 人生勉強 | Trackback | Comments(2)

「自信」

自信とは
こつこつ努力したあとの
ご褒美のようなもの
楽して得られるものでもなく
一夜にして手に入るものでもない

いいか このことを
よ~く覚えておくがいい
足のふるえが・・・
あの恐怖心が・・・
お前の目を覚ますだろう

自信とは
こつこつ努力したあとの
ご褒美のようなもの
自分を信じて生きていけ


2006.09.16

才能って、英語で
ギフトって言うんだって。
才能は天から与えられた
贈り物なんだよ。
それは、自分のものであって、
自分だけのものじゃないんだ。
だから、天から
特別の贈り物をもらった人は、
そのことを感謝し、
その贈り物をせいいっぱい
活かさなきゃいけないんだよ。
(8分音符のプレリュード、松本祐子)

トイレで立てなくなって、
そのまま便座で、家族の帰りを待っていました。
2時間半後、家族が帰ってきて助かったときは、
泣けてきました。
腿の筋肉が弱ると立てないんですね。
それからはリハビリに夢中でした。
もうこんな思いをしたくなくって・・・。(7年前)
今はリハビリで、腿の筋肉を懸命に鍛えてる。。。




[PR]
by mahorou | 2013-10-31 06:32 | 2013年のつぶやき | Trackback | Comments(6)

「人の心に寄り添うとは」

人生には
大きく分けると
二つの時があります

楽しい・うれしい・幸せな時
悲しい・つらい・不幸な時

人はどちらの場合
友を必要とするでしょうか?

ほとんどの人が
後者と答えるでしょう

そうとわかれば
人がつらい時にこそ
寄り添える人間に
なりたいですね

痛みとは
やまいだれに
通じると書きます

病気を通し
学んだことを
伝えていきたい

それが人さまの心に
寄り添える
私でも出来ることかなぁって
思います



2007.08.20

古臭い言葉だけど
「継続は力なり」って言葉好きなの。
あれは本当だと思うわ。
ずうっと続けなくちゃ。
いろいろ試して、試して、
試し続けなくちゃ。
ちょっとやってみただけで、
いったい何が分かるっていうの?
みんなで長い長い時間の先を目指して、
ずっと歩き続けなくちゃいけないの。
でないとあたしがここにいる意味ないもの。
(光の帝国 常野物語、恩田陸)


この詩を載せた記事が2012年にある。(引用の言葉がいい)
右側の記事ランキング・ベストテンに必ず入ってくる。
わたしは週休2日制だから、一週間の記事は今だいたい10件。
最新の週の記事がベストテン入りは理解できる。
でも2012年のこの記事は、いわば、まほの「ロングセラー」だ。
ありがたいですね。この記事を読み続けてくださっている読者さんに、
「ありがとうございます」の表彰状をもらっていただきたい。。。

喪失の中にこそ人生があり、芸術がある。
逆に、喪って初めて得るものもあるし、
喪わなければ手に入らないものもあるのだ。
(土曜日は灰色の馬、恩田陸)




[PR]
by mahorou | 2013-10-30 13:04 | 人生勉強 | Trackback | Comments(6)

「赤ちゃんとの競争」(39番)

生まれたばかりの赤ちゃんと
どちらが早く歩けるか
競争することに
体は赤ん坊 頭は大人
バランスの悪い私は
無欲の赤ちゃんに完敗だった

求めるから後悔する。辛い目に遭う。
世の中にある苦しみや哀しみや怒りのほとんどは、
求めるものと持っているものの差から生まれる。
自分には何もできないのだということを、
はじめからわかっていれば、
余計な感情など一切抱えなくてすむのだ。
(笑うハーレキン、道尾秀介)

病気になって、あかちゃんのすごさを知った。
リハビリで、「ハイハイ」の練習をし、
あかちゃんのすごさをもっと知った。
だって、まほっちが必死の顔して、ハイハイしてるのに、
あかちゃんはよだれを垂らしながらも笑っているもん。。。
できないことはだめでなく、
周囲をしあわせにするみたいだよ。(あかちゃんから学んだ)

完璧な人間になりたいと思っても、
なかなかそうはいかない。
むしろ、欠点がある自分を認めたほうがいい。
そのうえで、「今の自分」を基点に、
やりたいことや好きなことに力を注いでみる。
何がなんでも問題を解決しなければと
しゃかりきにならず、無理そうだと思ったら
ヒョイッと逃げてみる。すると、案外、
違う道が開けてくるかもしれない。
(人は一瞬で変われる、鎌田實)





[PR]
by mahorou | 2013-10-30 06:29 | 2013年のつぶやき | Trackback | Comments(0)

「ボルトになれ」

ねじには
ボルトとナットがある

けれども
ボルトとナットが
同時に回ったら
ねじは閉まらない

「早く死んでください」の
心ない中傷に
振り回され
ボルトの仕事を
果たせなかったワタシ

「いい人ぶって」と
批判されようが
ワタシはワタシ

「いい人ぶって」と
言われようが
自分の信じた道をゆく

それが
ワタシの生き方だから

2008.05.04

人の一生は、零点と百点の間を
不規則に揺れ動いて止まることはないのだ。
今、自分が進んでいるのは一本道ではない。
平原だ。右か左にわずかにハンドルを切るだけで、
針路を変えることができる。
あらかじめ完璧を期す必要などどこにもない。
方向を誤ったら、その都度、調節すればいいのだ。
(幽霊人命救助隊、高野和明)

人生は思い通りに行くことのほうが少ない。
こどものころ、何でもうまく行ったように思えたのは、
親や周囲の大人が支えてくれていたからなんだ。
そうと分かれば、今度は自分の番。
つまらないことに振り回されるのは、
そろそろよそう・・・かな。。。

おあいこ




[PR]
by mahorou | 2013-10-29 17:48 | 人生勉強 | Trackback

「やさしさ」

やさしさとは
がまんづよく
しんぼうづよく

たえぬいた人が
しぜんと
もちあわせた

くうきのような
そんざいかも


2002.11.24

何か新しい種が
心に撒かれたら、
涙という水が
かけられるたびに、
大きく成長していく。
(ロングテール)

察することができる人と、できない人。
気が利く人と、気が利かない人。
この違いは、相手にどれだけ
意識を向けているかの差。
(プロフェッショナルミリオネア、江上治)

幸福を人に与えるためには、
自分の内部に幸福を
もっていなければならぬ。
(幸福論、アラン)




[PR]
by mahorou | 2013-10-29 06:32 | 2013年のつぶやき | Trackback | Comments(8)

「弱くてもいい」(3番)

とことん
弱い自分を知り
強くなりたいと
願い続けたあの頃

いまは
弱くたって
それでいい
それがいいって
思える

どうしてなんだろう

きっと きっと
弱い人の
気持ちが
遠ざかってしまうから・・・

きっと きっと
強い人の
気持ちしか
わからなくなるから・・・

そうしたら
わたしは
弱いままでいい
弱いままがいい

弱くたって
いざというとき
強くなれるって
知ったから

何よりも、罪悪感を持たないでください。
弱い自分に、ちょっとしたことで
変化してしまった自分に。
誰でも、そうなのです。
あなただけきれいでいることはできません。
反省して生活を変えるのは大いにけっこうですが、
罪悪感は、その、退屈な淋しさにとっての、
おいしい餌のようなものです。
(王国<その2>痛み、失われたものの影、そして魔法、よしもとばなな)

私のためだけに生きるのなら、
私はすごく小さい。
でも、私を必要としている人がいるから、
私はひとまわり大きな力を出せるし、
出したいと思うのだろう。
(王国<その2>痛み、失われたものの影、そして魔法、よしもとばなな)

人間は弱い生きものである。
生まれたとき、一人では生きられない。
誰かのチカラを必要としている。
これからどんな時代がやってこようとも、
人はつながりのなかで生きていく。
つながりの大切さを知ったとき、
人は少しだけ強くなり、
人は少しだけ優しくなる。
つながりのなかに、
生きる意味と、
生きるチカラが隠れているんだ。きっと。
(それでもやっぱりがんばらない、鎌田實)





[PR]
by mahorou | 2013-10-28 12:59 | 人生勉強 | Trackback | Comments(4)

まほファミリーのみなさん、おはようございます。
また金曜日まで仲良くしてください。
まほの言う「なかよく」は共に幸せになりましょうということです。
暖かな目でまほ(アネキ)&まほっち(いもうと)とお付き合いください。


「悲しみから」

人は
悲しみに出合うと
すこし
つよくなれるのですね
やさしくなれるのですね

悲しみを
のりこえると
本当の
つよさ・やさしさが
うまれるのですね


2001.12.04

道草を好きなだけ食ったほうが、
遊びの幅は増えるし、
思考の幅も広がる。
誰も見向きもしていないものに価値を発見し、
更地から新しいものを組み立てられるようになる。
後になればなるほど、その差は決定的になる。
道草の価値は、後半の伸び率なのだ。
(勝負論 ウメハラの流儀、梅原大吾)

どんな道を選んでも、
それが逃げ道だって言われるような道でも、
その先に延びる道の太さはこれまでと同じなの。
同じだけの希望があるの。
どんどん道が細くなっていったりなんか、
絶対にしない。
(世界地図の下書き、朝井リョウ)

人生を歩いていくと、
ジグザグな足跡になるかもしれない。
ジグザグだけど、それは
自分にしか歩けなかった道。
(すべてを否定しない生き方、東儀秀樹)






[PR]
by mahorou | 2013-10-28 06:35 | 2013年のつぶやき | Trackback | Comments(3)

「しあわせのものさし」(81番)

私にとっての しあわせって
お金があるとか 無いとか
健康であるとか 病気であるとか
歩けるとか 歩けないとか
そんな物差しじゃ はかれない

人生の中で
どれだけ ありがたさに気付き
感謝できるかということに
比例する
ありがたいという気持ちは
不満を思うこころに
ふたをする

無理に押し殺すのではなく
ごくごく自然に
そう春がくれば
桜の花が咲くように 

若い人なら簡単にできるような、
今まで日常的にやっていたはずの仕事をこなそうと
延々と時間を費やして苦労するなんて、
なんと馬鹿げたことであろうか。
そんなことをやっている間に、
経験のある老人でなくてはできないような慰めや理解を、
若者たちにあげることができるのに。
(ある小さなスズメの記録、梨木香歩)

自分が楽に生きられる場所を
求めたからといって、
後ろめたく思う必要はありませんよ。
サボテンは水の中に生える必要はないし、
蓮の花は空中では咲かない。
シロクマがハワイより北極で
生きるほうを選んだからといって、
だれがシロクマを責めますか。
(西の魔女が死んだ、梨木香歩)

また来週仲良くしてくださいね。
台風情報に注意され、佳き週末を。




[PR]
by mahorou | 2013-10-25 14:17 | 人生勉強 | Trackback | Comments(8)

「おばかさんでも結構」

年を重ねれば
壁にぶち当たることも
当然増えてくる

最も多いのが
人との壁

お互いの
言葉の伝達による
摩擦(まさつ)や誤解

人間は
人とかかわりながら
いきている生き物
壁ができて
あったりまえなんだ

壁という漢字
よ~くみれば
「辛い(つらい)」っていう字が
ちゃあんと
つかってある

辛さ(つらさ)から
十分(じゅうぶん)
自分で立つことを
学ぶんだ

なあんだ~
バカの壁でもイイジャン
おりこうになるための
修行のひとつと
思おうか


2007.11.19

アホで結構。
君みたいに性格が
曲がってるよりましですぅ。
(菩提樹荘の殺人、有栖川有栖)

だれだって、
心のなかに弱いところや
いやな部分をもっています。

しあわせにくらしていれば、
一生、心のおくそこに
ねむっていたはずの、
はげしいにくしみや感情。

ゆっくりしか歩けないのなら、
ゆっくり歩けばいい。
もう自分をかざるのはよそう。
弱いところは弱いところとして
見せていこう。
それは、みじめでもなんでもない。
(平和の芽、横山秀夫)





[PR]
by mahorou | 2013-10-25 06:31 | 2013年のつぶやき | Trackback | Comments(0)