見方を変えて味方に


「見方を変えて味方に」

歩けなくなったと
嘆くな
不自由な人の気持ちが
体験できると
よろこべ

握力が
ないことを嘆くな
行儀が悪くても
大目に見てもらえると
よろこべ

しゃべりかたが
子どもみたいだと嘆くな
気持ちが伝えられることを
よろこべ

耳が
聴こえないと嘆くな
雑音に惑わされないことを
よろこべ

家事が
できないと嘆くな
助けてくれる人がいることを
よろこべ

障害を
もったことを嘆くな
人生を続けられることを
よろこべ

そうして
そうして
最期に
わらって
「ありがとう」が言える
人間になれ


2009.04.12

--------------------------

傷ついて生きることに疲れたとき 
神様に祈ってみなさい 
生きる勇気を与えてくださいと 

悲しみに涙が止まらないとき 
思いを馳せてみなさい
もっと大きな悲しみに涙を流している人に 

あなたが無制限に幸福を感じるとき 
祈ってみなさい 
この幸せが多くの人に与えられますように

(R・S・ムーンの言葉)




[PR]
# by mahorou | 2009-07-04 00:00 | 2009年・詩

うふふのおまじない



「うふふのおまじない」

わかったぁ
わかってきた気がする

あなたが
どうして
「うふふ」と
笑うのか

「うふふ」の
三文字に隠された
あなたの思い

過去に
こだわっていたら
前へは進めないってこと

「うふふ」は
わたしの
「みらい」への
おまじないだったのですね



2009.07.01



かこ(2)→みらい(3)→しあわせ(4)→ありがとう(5)
やっぱり最後は「ありがとう」の感謝ですね。
あなたの心の通信簿はいくつ?




[PR]
# by mahorou | 2009-07-03 00:00 | 2009年・詩


自分を好きじゃないって言う人多いよね。

いままで、わたしはまず自分を好きになってほしいと思っていました。
そうじゃないと人を愛せないと思っていたから。

でも、でも、最近考え出したら…
わたしは自分に惚れこんだという詩を書き、それは嘘ではない。

しかし、
「あなたは自分のこと好きですか」と聞かれたら
好きじゃないと答えるわたしがいます。

好きじゃないけれど、嫌いにはなれない。
好きと言う言葉じゃなくて、嫌いじゃないというのか・・・・・
わたしは自分を愛している。
好きでなくても、「嫌いじゃない」っていうのが大切だと思うんです。

勉強は好きではないけれど、嫌いじゃないみたいに。
「好き」って、かっこよさについての感情に想うのよ。
「愛する」って言うのは欠点もかっこ悪い部分も受け入れての感情に想うのよ。
「愛する」って、「好き」の(英語の)最上級みたいに…さ。


好きじゃない理由
●べっぴんさんじゃない。
●手足が曲がっている。
●しゃべりが子供みたい。
●ときたま、よだれが出る。
●握力がないから、お茶碗とか持てず、食べ方が犬みたい。
●顔を洗うのに、手がまっすぐにのびていないから笑える。
●手足だけ細くて、ダラシナイからだ。
・・・・

書き出したら、きりがないほど、かっこ悪い。
だから好きじゃない。
でも、けなげで性格は曲がっていないと思うから、
自分を嫌いになれないし、自分を愛おしく思えるのです。

私は自分のこと好きじゃないけれど、愛している・・・
それが近いと思います。
好きじゃなくても、自分を愛せたら、しあわせだと思うのは、私だけでしょうか?




★コメント①

こんばんは^^
「自分を好きじゃなくても嫌いじゃない」^^
あぁ・・そうだなぁv私もそうかもしれないって思いました^^

嫌いなところ上げたらほんとキリがなくて^^;
でも多分その嫌いな部分をひっくり返したら好きになれることもあるかもしれないかな?
そういうところもあるから嫌いになれなくているに違いないです^^

自分を愛しく思えるから凹んだときも頑張ってまた顔をもたげて生きていきたいと思える^^

このスレッド^^まほさんから語りかけられたみたいで思わずコメント書いてしまいました^^
まほさん、にっこり笑って「好きじゃなくても自分を愛せたら・・・」と仰っているように見えたんです^^



★ご返事①ありがとう・まほ

おはようございます。
昨晩は失礼しました。

スッキリした頭でご返事させていただきます。
これって、ボヤキになっていますが、
「生き抜く」上でネックになってくる永遠のテーマだと思っているんですよ。

このあたりのことが、わかりやすい言葉で伝えられたら、
きっと悩んでいる人の背中を押すことができるんじゃないかって、
いつも思っていることで、
日本人は「愛してる」よりも「好き」と言う言葉をよく使いますね。

でも、よ~く考えたら…違う気がして。
友人が、
「私のイメージでは“Like”でドアをノックして“Love”でドアの中に入る、
そんな感じでしょうか。。」と。

う~ん、そうかもしれないなあと。


>嫌いなところ上げたらほんとキリがなくて^^;
>でも多分その嫌いな部分をひっくり返したら
>好きになれることもあるかもしれないかな?
>そういうところもあるから嫌いになれなくているに違いないです^^

>自分を愛しく思えるから
>凹んだときも
>頑張って
>また顔をもたげて生きていきたいと思える^^


うんうん、同感。わかります。
好きじゃなくても、嫌いじゃないって言うのが大事だろうし、
もし、ご本人が自分なんか大嫌いって言っても、
周りの人がいっぱい愛を与えたらいいんですよね。

ありがとうございます。

やってみます。励ましたい人、いっぱいいますから。。。




★コメント②

昨日まほさんのブログを読みながらちょっと考えていました。
「好き」というのは、「愛する」に比べれば軽いと思います。
とってもとってもある人を好きになったとしても、
むこうがこちらを嫌いであればだんだん気持ちが醒めていくかもしれないし、
反対に逆恨みして相手にまとわりつくかもしれませんね。
でも「愛する」は全く違う感情でしょう。
相手の気持ちがどうであれ、いつも遠くに近くに相手を見守り、
助けが必要ならさっと手を差し出し、必要のないときには静かにさがっている。
そのような母の愛のようなものが「愛する」だと思います。
世の中はそのような愛によって支えられているのかもしれませんね。
たくさんの国で戦争が起きているひどい世の中ですが、
そのような愛がこの世にたくさんあると信じたいですね。




★ご返事②ありがとう・まほ

すごくわかります。自他共に愛せたら素晴らしいですね。
今、たとえ、ご自分を愛せない人がいても、周囲が愛を与え続ければいいんですね。
やってみます。きっと元気になってくださるでしょう。
ありがとうございました。



[PR]
# by mahorou | 2009-07-02 19:40 | 2009年・つぶやき

あなたにあげる

「あなたにあげる」

わたしはね
わたしはね

お会いしたこともない

あなただけど
あなただけど

応援したいんです


この場所から
あなたに贈れるものは
きぼうかな


わたしも
人さまから
もらったの

だから
こんどは
あなたに贈りたいんです



2008.01.19





[PR]
# by mahorou | 2009-07-02 00:00 | 2008年・詩

思いきりました



ずうっとずうっと気になっている方がいました。

あれは私が小学3年生の担任の先生
おとしも90歳近いのに手紙をよくくれました。

一番びっくりしたのは7年前、
退院祝いに年賀状の住所だけを頼りに電車とタクシーで我が家に…
ほんまにビックリでした。

その人から手紙がないんです。
おかしい、なにかあっても私に心配をさせないのだと。

でも、でも、心配で。

妹が来てくれたとき電話をかけてもらいました。
わたしは耳が悪く、電話ができないからです。

案の定、入院していて、
今はリハビリに通っているとのこと。

「あの子はきっと感じて心配しているとわかるから、
手紙をと思うけれど、手が震ってかけない」と。

でも心は通じ合っているから、元気でね…最後にそう言われたそうです。


よかったと思い、涙が出ました。

会えなくても、みんな心は通じ合っていますね。。。
みなさん、ありがとう。


[PR]
# by mahorou | 2009-07-01 10:00 | 2009年・つぶやき

いつも一緒だよ



「いつも一緒だよ」

歩けなくなったことを
かわいそうにって
悲しまないでちょうだいね

それよりも
いろんなことに気づき
しあわせを見つけたことを
喜んでちょうだいね

いつも
あなたと
一緒の思いで
いたいから


2009.06.29


---------------

自分の意見が通用するのは、
半径1m以内の自分の世界だけ。

そう思っていれば、気楽だし、
その世界から出ようとする時には、
相手に分かってもらう努力と、
相手を知ろうとする探究心が
必要だ分かってくるはず。

(ロングテール)


[PR]
# by mahorou | 2009-07-01 00:00 | 2009年・詩

いつも笑顔で

「いつも笑顔で」

過去を振り返って
反省するはいい
けれども
後ろ向きに 
歩き出してはいけない

今日も笑っていたいから
前だけ向いて 
歩いていこう


2004、春
[PR]
# by mahorou | 2009-06-30 00:00 | 2004年・日記より | Trackback

おばあちゃんとの出逢い

「おばあちゃんとの出逢い」

あの時のあのことがなかったら・・・
そんな体験は誰にでもあるだろう
私もおんなじ

あの入院がなかったならば
そしてそこで95歳のおばあちゃんに
出逢わなかったら
今の自分はありえない

「もっと書いとくれ」のおばあちゃんの一言
平仮名ばかりの たどたどしい手紙を
まいにち毎日 読み返しては
「今あんたの手紙読んどる」って
両手を合わしてくれたっけ

ワープロ絵手紙の原点は
おばあちゃん
空を仰ぎ 
心の中でつぶやく
「あ・り・が・と・う」

2004.08
[PR]
# by mahorou | 2009-06-30 00:00 | 2004年・日記より | Trackback

あぶりだし


「あぶりだし」

アナタの涙で
「つらいんだね」と
書いた

アナタの涙で
「こらえてね」と
書いた

アナタの涙で
「あせらないでね」と
書いた

アナタの涙で
「むりしないでね」と
書いた

アナタの涙で
「応援してるね」と
書いた


そうしたら
そうしたら
「ありがとう」の
文字が
浮かんできた

そんな関係に
ワタシは
なりたい


2008.01.06



「今日もきらめいて」より転載


--------------------------------
人生、
乗り越えられない壁は
ありませんが、

乗り越えたくない壁は
無数にあるものです。

(お金の味、金森重樹)




[PR]
# by mahorou | 2009-06-29 00:00 | 2008年・詩



下記のようなコメントをもらうことがあります。
著作権ですとか複雑な問題点もあるのでしょうが、
わたしの気持ちをかかせていただきますね。
あくまで、私個人の思いとして読んでください。


>「自分の詩なのか、それとも誰かの詩が
>心の中に残っていて出てしまったのか」
>わから無くなってしまう事があるため、
>この頃、他の方の詩を読むのが、非常に怖いんですよ(苦笑)



このお気持ち、みんな詩を書かれる人なら
ご経験あるんじゃないでしょうか。
わたしも共感できる詩は自分の想いと重なり、
わけがわからなくなります。

言葉のパッチワークだから、
別々につくっても似てしまうことが あります。

そこで注意すべきことは、自分と同じような詩に
出合った時の反応だと思います。

よく問題になるのが「盗作」と決めつけ相手に腹を立てる言動。
これはですねえ・・・・・一方的だと思うのですね。
相手の立場に立ち、自分が相手になったつもりで、コメントすれば
よい関係が続きます。

詩を書く人には、このぐらいの心の広さはいるでしょう。 (自覚しています。。。)

わたしは、逆に頭に残るほど、 覚えてくださったんだとありがたいですし、
その人の心に響いたんだと受け取れます。
わたしはだれが書いたかより、この言葉に救われた、
元気をもらったというほうがうれしいです。

人間のいのち、たかが100年です。
いのちがなくなっても、詩は生き続けますものね。 みなさんの心に。。。

2009.06.28 まほ

[PR]
# by mahorou | 2009-06-28 12:00 | 2009年・つぶやき