勇気が出た言葉



「勇気が出た言葉」

たくさんの後遺症が出たけれど
いのちと引き換えだから
不幸中の幸いと
思わないといけないよ

大きくうなずき
そのあとの言葉を
しずかに聴いていた

大病をしたから
これから
いろんな病気がでてくる
可能性は高い
またその逆で
何も起こらないかもしれない

たとえばね
交通事故が多いからと
外に出なければ「ケガ」はしない

ケレドモ
外での楽しみは味わえないよ
わかるよね?
こうやさしく話してくださった

これらの言葉が
どれほど
私を勇気付けてくれたか
はかりしれない

私に出来ることを
楽しんでやっていきます
その節は
ありがとうございました
どうか どうか お元気で

2007.04.11

3人目の主治医の先生からいただいた言葉。

[PR]
# by mahorou | 2009-07-25 00:00 | 2007年・詩



今日は7月24日、金曜日です。
お天気は良さそうです。
あさがおもどんどん蔓を伸ばしています。

今日はリハビリもお休み。
リハビリの記録をさぼっていたら…大変。
夏休みの絵日記とお天気記録と一緒で、ため込むと大変。
やっぱり、なるだけその都度したいです。

7月ももうすぐおしまい。
花火をご覧になられましたか。
10年前は自宅からでも見られましたが、
近くに5階建てのアパートが建って、見えなくなり残念。

[PR]
# by mahorou | 2009-07-24 08:57 | 2009年・つぶやき

21.あのね

21.あのね

あのね あのね
今は辛いだろうから
それが永遠に続くように
見えるけれど

でもね でもね
そうじゃなかったって
あとではっきりするの
さなかにいると 
苦しくって
どうしようもなくなるよね

辛いことや悲しいことは
長く感じるものなんだね
楽しいことや嬉しいことは
逆にとっても短いよね

だからね だからね
「今日いちにち」だけ 
ふんばってみて


10/16・・・1票


[PR]
# by mahorou | 2009-07-24 00:00 | 「ありがとう」詩集公開 | Trackback

22.なみだ

22.なみだ

あの頃の私
泣いてばかりいた
あとどれだけ泣けば
涙が涸れるのか
真剣に考えていた

涙が涸れてしまったら
嬉し涙が流せなくなるなんて
考える余裕すらなかった





[PR]
# by mahorou | 2009-07-24 00:00 | 「ありがとう」詩集公開 | Trackback

ほんとはね

「ほんとうはね」

アナタに
親切にしようって
考えたことないんだよ

ほんとうかなって
自分のこころに
そっと
聞いてみた

アナタを
助けたくて
助けたくて
アナタのことを
知りたくて
知りたくて

でも でも
知れば知るほど
何にも言えない
ワタシがいたの


アナタに
親切にしようって
考えたことないんだよ

それよりも
アナタが
一分でも
笑ってくれないかなって
どうすれば
気持ちが落ち着くかなって
身内と思って
いっぱい
考えた

だけど だけど
どうしたらいいのか
こたえは
みつからなかった

だから だから
ワタシが
もっと幸せになって
おすそわけしようって
決めたの

アナタに
親切にしようって
考えたことないんだよ
・・・

アナタに
親切にしようって
考えたことないんだよ
・・・


2008.03.07

-----------------------------------------------

親切という
名の
おせっかい
そっとしておく
思いやり

(相田みつをさんの詩)



[PR]
# by mahorou | 2009-07-24 00:00 | 2008年・詩

神さまへの手紙(2009)

「神さまへの手紙(2009)」

神さま・・・
わたし
欲張りですか?
傲慢(ごうまん)ですか?

「欲張りじゃ」

じゃあ どうすれば
いいですか?

「戻ることじゃ」

もどる?

「今度10合目目指していないか?」

・・・

「戻るんじゃ 8合目へ」

そこから
また再出発すれば
いいのですね

そう
尋ねようとしたら
もう神さまは
いなかった


2009.07.03


きっと、自分の頭で考えろってことですね。
8合目から9合目、9合目から8合目、
常に無限大の可能性の「8」を意識しようと思います。
ときとして、立ち返るって、驕らないために
必要なことかもしれませんね。。。



[PR]
# by mahorou | 2009-07-24 00:00 | 2009年・詩

20.病気から学んだこと

20.病気から学んだこと

なくしてしまった筋肉を
取り戻すことは
なんとむずかしいことか
しかし
もっとも むずかしいとされる
いのちを
取り戻すことが
できたではないか

いっぺん痛い目にあわないと
あの子は懲(こ)りないわと
おもいどおりにならない
我が子に対し
親はこう嘆く
あの子とはまさに私のことである
大けがをして
たくさんのことを学びつつある





[PR]
# by mahorou | 2009-07-23 12:00 | 「ありがとう」詩集公開 | Trackback

リハビリが午前中です



今日は7月23日、木曜日です。
雨は止んでいますが、雨空です。
比較的蒸し暑くはありません。

今日は先生の都合で、リハビリが午前中、
ドリームファームのトマトの収穫が間もなくなので、
そのお世話だけして、いってきます。



ドリームファーム 7/26に収穫です。こつこつと12鉢目です。



リハビリから帰ってきました。
送迎は隣の町からということで、
車自体も違いました。
退院したころは、立てないのに、
どうやって車に乗せてもらうんだろうと心配しましたが、
車いすに乗ったままで、車いすを固定し、シートベルトをし、オッケーでした。
自動車の後部座席を障害者用に改造したものでした。
昔なら、家族が大変だったと思います。
そういう意味でも、佳き時代に生かしてもらっていると感謝です。

人さまによっては、
自分が生きている今が不便だと困るんだと
不平不満をおっしゃられる方もおいででしょうが、
不便を感じた人間が改良していくところに
未来の子どもにいい社会が残せます。

我々のいまの豊かさも、先人の努力の賜物、
その恩恵にあずかっていると言う感謝は忘れたらいけませんね。。。


[PR]
# by mahorou | 2009-07-23 06:54 | 2009年・つぶやき

19.いつかきっと

19.いつかきっと

きっと笑える時がくるから・・・
ということばを
ぼんやりと他人事のようにきいていた

かおで笑ってうなずきながら
「うん うん」と明るくこたえていたけれど
そんなことば信じていなかった

いまならほんとうに心から笑えるから
あの時のうそ 許してもらえますか  












[PR]
# by mahorou | 2009-07-23 00:00 | 「ありがとう」詩集公開 | Trackback

自信をあげる



「自信をあげる」

生きているうちに
なにができるかなって思う
なんだろう?

わたしの体験が
みんなの役に立ち
子育ての
反省も含め
わたしにできること

あなたは
あなたで
いいんだよって
言い続けること

つまり
自信をあげること
ちがう?
そういうことだよね?

そうだ そうだ ソノトオリと
うなずいた人
だったら
わたしに
まかせてくださいな

いっしょに
楽しんで
生きませんか


2008.01.26



(死なないよぅ 長生きしたいもん)

[PR]
# by mahorou | 2009-07-23 00:00 | 2008年・詩