「ほっ」と。キャンペーン

104歳で亡くなられた、
まど・みちおさんの詩を 合掌

「けしゴム」

自分が 書きちがえたのでもないが 
いそいそと けす
自分が書いた ウソでもないが 
いそいそと けす
自分がよごした よごれでもないが 
いそいそと けす
そして けすたびに
けっきょく 自分がちびていって
きえて なくなってしまう
いそいそと いそいそと  
正しいと 思ったことだけを
ほんとうと 思ったことだけを
美しいと 思ったことだけを
自分のかわりのように のこしておいて

(こんなに たしかに まど・みちお詩集)


向き、不向きよりも重要なのは、
どのように自分らしくそれらと折り合いをつけられるか、ということだ。
なかには、どうしても折り合いがつけられないものもあるはずで、
それはもう、「できないこと」に分類してしまっていいのではないか。
(世界は終わりそうにない、角田光代)


今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。





[PR]
by mahorou | 2016-08-31 12:00 | 歳を重ねると「こうなりやすい」 | Trackback | Comments(4)