今がどん底?なら大丈夫
もう貴方に悲しみはやって来ない
残されたのは
そこから這い上がることだけ
(作者不詳)



「過去からの脱却」

かなしい
かなしい
かなしい

ほんの少し前の自分と
どうしても比べる

そうすると
こころが悲鳴をあげ
涙があふれた

こんな気持ち
いつまで続くんだろう

忘れたい
夢だと思いたかった
でも
目覚めると
現実に引き戻された

どうすれば
考えずにいられる?
眠り続けるしか
ないんだろうか?

からだはあっても
こころは死んでいた

自分のこころを
周囲に悟られまいと
元気なフリを
くりかえす

くるしい
くるしい
くるしい

1万回 いや
10万回 いや
100万回
くるしいと言えば
かなしみが消えるなら
・・・・・

歳月は
漢方薬のようなものだった

泣き続ければ
元通りになれるなら
泣き続けたかった

くさっていても
にげていても
何にも変わらない

「とにかく動け」
そんな声がした

その言葉を信じ
過去から
脱却できた気がする

振り返ってみれば
その日が
自分を愛し始めた日かも
しれない


2009.06.20


「人は、なぜ生きていけるか
 知っているか」と、昔、
父に聞かれたことがある。
幼い僕は、食べるからとか、
心臓が動いているからとか、
そんなことを答えた気がする。
父は笑って、
「違う違う。誰かに
 必要とされているから、
 人は生きていけるんだ」と言った。
(ドラマ「今夜ひとりのベッドで」)


8/27・28日お誕生日の方おめでとうございます。
佳き週末を。また来週月曜日に元気にお会いしましょう。。。

今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。



[PR]
by mahorou | 2016-08-26 12:00 | 歳を重ねると「こうなりやすい」 | Trackback | Comments(7)

歳を重ねると
ほんものの強さを知ります。
あなたはご自分にやさしいですか?
まずは、ご自分に対し
やさしさをたっぷりあげてください。。。
ご自分に厳しすぎると、他者にも知らず知らずに
厳しくなりがちです。(口先だけやさしい言葉)




「弱くてもいい」(3番)

とことん
弱い自分を知り
強くなりたいと
願い続けたあの頃

いまは
弱くたって
それでいい
それがいいって
思える

どうしてなんだろう

きっと きっと
弱い人の
気持ちが
遠ざかってしまうから・・・

きっと きっと
強い人の
気持ちしか
わからなくなるから・・・

そうしたら
わたしは
弱いままでいい
弱いままがいい

弱くたって
いざというとき
強くなれるって
知ったから


私が人間の心理で大切だと思うのは、
人間は「受けるだけでなく、与える部分があってこそ満足する」ということだ。
受けてばかりいる生活をすると、だんだん不満だけが嵩じてきて、
「もっと寄越せ」「あれもしてほしい」となる。
今の教育も政治も、すべて不足なく与えることを目的としているが、
それが果たして人間の幸福に繋がるかどうかは、私にはわからない。
(老境の美徳、曽野綾子)

愛はあなたから始まる。
自分の心が相手を必要と思わなければ、愛は始まらない。
(「その人」にもっと愛される心理学、バーバラ・アンジェリス)


今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。



[PR]
by mahorou | 2016-08-25 12:00 | 歳を重ねると「こうなりやすい」 | Trackback | Comments(7)