全く理不尽なこと多いですが・・・

5月14日お誕生日の方おめでとうございます。
ご無沙汰していますがお元気でいらっしゃいますでしょうか。
今月はまだ9・27日が埋まっていませんので、ご協力よろしくです。
あと42日で埋まります。今日が誰かのお誕生日なら、
嬉しい事ひとつあった・・・と思えます。。。

幸せな人は、心が明るく、温かく、軽い
心を明るくするには、根拠なしに明るい未来を信じること
心を温かくするには、目の前の人の幸せを心から祈ること
心を軽くするには、自分がすべきことに最善を尽くすこと
 (小田真嘉さんのメルマガより)

理不尽なこと、いっぱいあります。
歳を重ねれば、悩みも増え、大きくなります。

お年玉でも、1000円札1枚より、
100円硬貨が5個もあれば喜ぶ幼児。
でも大きくなれば、1000円より10000円…ってなわけです。

歳を重ねれば、出される問題も難しくなるというものです。
答えがあるものはよろしい・・・ですね。
でも人生って、ひとつの答えとか、正解なんてないですね。

真理はただひとつ。
生あるものは必ず死がある・・・ということだけです。
長さなどわかりません。
若いから長いとは限りませんし、
お年寄りだから、短いとも言えません。

わたしたちに出来るのは、自分の思い方を
しあわせに生きるために変えていくことだけです。
いろんな人がいます。
こうしてくれたら・・・と望むこともあります。
けれども、人さまのこころなんて、変えられないんですよぅ。
だって、自分でも、なかなか思っても出来ませんでしょう。
でも、自分の心なら、なりたい自分に変えられます。
まほにも出来たんですよぅ。

みなさんに出来ないことがありましょうか。
あなた方ははまほよりお若い。
その上、自由に動ける立派な体がおありですから。
あせらずに、あきらめずに。。。(過去記事転載)

世の中には簡単に
理解できないことが
たくさんあります。
それらすべてを
遠ざけようとするのではなく、
「そうなんだ、
 と思っておくだけでいい」
こともあるのです。
(文系のための理系読書術、齋藤孝)

人生は、ひとところに
不幸が三つ落ちていたとしても、
同時に幸せが一つぐらいは
転がっているものだ。
それぐらいのバランスで、
そこそこ満足して生きていくのが
いちばんいい。
(うから はらから、阿川佐和子)





[PR]
トラックバックURL : https://mahonoai.exblog.jp/tb/19793469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by happyclover88 at 2014-05-14 11:38
まほさん こんにちわぁ~^^

いつもココロに響くお言葉 ありがとうございます♪
今日わたし一つ年を重ねました(笑)
幸せな気持ちでいられることに感謝します^^❤
Commented by mahorou at 2014-05-14 17:07
☆happycloverさんへ

こんばんは。
ありがとうございます。
わあ~、今日がお誕生日なんですね。
おめでとうございます。
14日・・・充分しあわせと読む佳き日です。
ハンドルネームそのものですね。
こちらこそ、いつも素晴らしいお写真をありがとうございます。
Commented by usaginotubuyaki at 2014-05-14 17:46
まほさん こんにちは。

久し振りのリハビリお疲れ様です

色々 思い悩むこともありますが・・・・・・
記事を読ませて頂いて感じたことですが

お金があるから幸せだとは限らないですよね~
お金がなくても幸せな方沢山おられます!

然し 歳を重ねる事に幸せは 健康でいられること・・・・・・
そんな風に思えるようになって来ました
>人生は、ひとところに
不幸が三つ落ちていたとしても、
同時に幸せが一つぐらいは
転がっているものだ。<

ほんとそうですよね! 

Commented by mahorou at 2014-05-14 20:33
☆うさぎさんへ

こんばんは。
リハビリの応援ありがとうございます。

ほんとうですね。
悩めば失くなるものばかりでもないですし、
どうしようもないことのほうが大きいですね。

おっしゃるように、健康はありがたいですよね。。。
まほもせめてこころの健康は守りたいです。

いい言葉を引用くださってありがたいです。
欲張らずに、そういう思い方なら、誰もがしあわせに近づけそうです。

如何に自分の心が喜ぶ思い方ができるかですね。。。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2014-05-14 06:34 | 2014年のつぶやき | Trackback | Comments(4)