あなたはあなたのペースで・・・ね

まほ58歳と274日目の朝です。
まほファミリーのみなさん、おはようございます。
また、みなさんなかよくしてください。
まほの言う「なかよく」は共に幸せになりましょうということです。
暖かな目でまほ(アネキ)&まほっち(いもうと)とお付き合いください。


「サインはV」

もうすぐ病後丸8年
生活環境も
大きくかわった

いや変えねばならなかった
つまり
…せねばならないという
「must」だったわけである

生きなければならない
ご恩返ししなければならない
頑張らなければならない・・

そんな思いがあった
確かにあった

でも今は
生きたい
ご恩返ししたい
がんばりたい・・・

「want」に
変化してきた
あ~ちゃんと
前進してる

いいぞ~「ワタシ」
いいよね~「アナタ」


2007.09.24

鈍行列車でもかまわない。
わたしはわたしの速度で行こう。
そのさきにはきっと新しい、
見たことのない景色が広がっているはず。
(クラスメイツ、森絵都)

時間が過ぎるのをただ待つしかない、
というシーンが誰の人生にもある。
その時間を過ごす際、
普段と同じ状態を維持するのが
困難ならば、一旦は眠り、
「いいんだ、いいんだ、
今はじっとしているだけでいいんだ。
何もしなくていいんだ。
じっとしているだけでいいんだ。
何もしなくても、
いつか生活を再開できるときがくる」
と信じ続けるのが、きっと大事なのだ。
(太陽がもったいない、山崎ナオコーラ)


「明日戦争がはじまる」の詩集、ぜひこの時に タイムセールは27日まで
詩のほかに、まほはボランテイア日詩、あとがきの円周率が特にお気に入りです。。。



[PR]
トラックバックURL : https://mahonoai.exblog.jp/tb/20133726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahorou at 2014-08-25 05:54
2012過去記事

今の心境と入院中の気持ちと、
こんなにも違って来ました。
気持ちがずっと変わらなかったら、今でも苦しんでいたでしょう。
そう思うと、ちゃんと人生の肥やしになっていたかなぁと。。。


「歩き出す」

あたしは
こころに決めた道を
いきます
あなたが
何足もの靴を潰し
歩かれたように
生きていられる限り
あたしも
足の代わりのタイヤを
取り替えていきます
生きがいをくださって
ありがとうございます


2012.08.24

--------------------

「もう一度人生を下さったのですね」

あなたは私にもう一度だけ 
チャンスをくれたのですね
自分を大切にすることと 
エゴイストはちがう
がんばることは大切だが 
無理をすることではない
このことを
私に気付かせるために
そのあなたのご温情に
報いるためにも
不可能を可能に変える努力を
私は惜しみません
あなたがもう一度だけ
人生を下さったのですから    
    

2001.12

--------------
Commented by mahorou at 2014-08-25 05:54

急性膵炎は、あっという間に
命を落とす方もいるようです。
私は生存確率20パーセントで、
たとえ、命が助かっても、
廃人か植物人間になるとも
言われていたそうです。
ですから、奇跡的に生還、
歩けず車いすになったことなど、
比較にならないほど、
感謝しかありません。。。

でも、その時の感謝と
5年・10年、そうして現在での感謝の思いには
雲泥の差があります。

そうして、フランクルの、
「人間は人生から問いかけられている」・・・
のお考えに対する、まほなりの答えを
これからもつぶやいていきたく思います。



挑戦した。そして、
大切なのはそのことだ。
なによりも大切なことと言ってもいい。
(ボーイズ・ドリーム、アレックス・シアラー)
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2014-08-25 05:38 | 2014年のつぶやき | Trackback | Comments(2)