ご自分を責めてばかりいたら苦しく辛いですよぅ・・・

8月26日お誕生日の方おめでとうございます。
26の和は無限大の可能性がある「8」。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。


「責めるより褒めようよ」

責める・・・
「せめる」と読みますね

まじめな方ほど
自分の首を絞め
失敗や挫折を
許せないようです

これって
前向きに
意欲が
出ることでしょうか

いいえ
違いますね
自分って
だめな奴って
さらに
追い詰めるだけですよね

じゃあ
一体
どうすればいいのでしょう

答えは
簡単なことなんです

自分を責めない・・・
つまり
自分を褒めて
自分のがんばりを
認めて
生き抜く『責任』を
自分に課すんです

貝がつくと
たまるものだと
教わりました
貯金がそのいい例です

蓄積の
『積』は
「私」と「責める」の
合作です

同じ漢字なら
責めるのではなく
生き抜くという
責任に変えましょうよ


2007.08.06

人生、しんどいことだって起こるけど、
もし雨が降らなかったら、
そのあとにあんなきれいな虹が
架かることもないのよ。
(ありふれた愛じゃない、村山由佳)

私たちを傷つけるのは、
自分の身に起こったことではない。
起こったことへの反応である。
(永遠の知恵、スティーブン・R・コヴィー)

「その人の意見を選んだのは自分だから、
自分で責任を持とう。意見を言った人を、
あとになって責めてはいけない」
という覚悟があれば、
信じるのも悪くない。
(太陽がもったいない、山崎ナオコーラ)





[PR]
トラックバックURL : https://mahonoai.exblog.jp/tb/20136716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahorou at 2014-08-26 05:52
2012過去記事

人間は、とかく傷つくと落ち込みます。

そこで、問題です。
「わたしはあの人の言葉に傷ついた」
などと言いますね。

では、あの人とは誰でしょう?

あなたが愛する人ですか?
あなたが知っているだけの人ですか?
あなたが嫌いな人ですか?
小さいこどもが言った言葉ですか?
心が病んでいるおとなの言葉ですか?

わたしは、今まで、
言われた言葉に傷つき、
落ち込んでいました。
…その経験の多さから、
ついに、
自分の心が
落ち込みにくい方法を
大発見。

聴いてくださいますか?

それは・・・それは、
自分が愛する人からの
言葉についてだけ、
真剣に受け止め、
傷ついてみたいと思いました。

わたしは
愛した人が望む
自分になるために、
傷つき、反省し、
いけないところを
直していこうと
決めました。

歳を重ねられること、ありがたいです。
50代になり、ようやく気づけました。
感謝です。



それ以外は、スルーする習慣にします。
悩まないで、こころを強くする、
ひとつの方法です。



Commented by mahorou at 2014-08-26 05:52
どうやったら、
引き出しをいつでも
いっぱいにしておけるのか。
その答えはおそらく、
「できるだけ多くの人と出会うこと」
だと思います。

それも、ただ
ぼんやりと会うのではなくて、
その人たちがそれぞれの人生をかけて
ようやくつかみ取ったはずの
大切な何かを、
横取りさせてもらうのです。
一生懸命に吸収して、
自分のものにするのです。
スポンジどころか、
高分子吸収体みたいな柔軟な心で。

(キスまでの距離、村山由佳)
Commented by mahorou at 2014-08-26 06:43
2011過去記事

先のことを考えすぎると、
取り越し苦労をしたり、
誇大妄想に陥ったりして
必ず人生に裏切られます。

大切なことは1つだけ。
明日の朝、
もしも目が覚めなくても、
後悔しないと思える毎日が
送れればいいのです。

(愛の話 幸福の話、美輪明宏) 



上記言葉・・・染み入ります。
どうしても、つらすぎる毎日ですと
それが永遠に続く気がして、
生きづらくなります。
そんなときは気分も暗くなり、
悪い方へと考えていくもんです。

でも、
>大切なことは1つだけ。
>明日の朝、
>もしも目が覚めなくても、
>後悔しないと思える毎日が
>送れればいいのです。

この言葉に、
とにかく今日一日踏ん張ってみようと思えたら、
こころが軽くなる気がします。

あなたはひとりぼっちじゃありません。
みんなが、みんなが、あなたを待っています。。。
Commented by umemomo at 2014-08-26 09:22 x
まほさん。おはようございます♪
>大切なことは1つだけ。
>明日の朝、
>もしも目が覚めなくても、
>後悔しないと思える毎日が
>送れればいいのです。
美輪さんの言葉は、こころにしみますね。

「貴方の周囲の人たちは、素晴らしい善良な人たちでさすがだと思った。でも、善良すぎて自分には重すぎた。」

そうある方から手紙をもらった時、人のこころって難しいなって思いました。私も友人たちも、ただ人生に誠実に生きていこうとしている人たちなんです。一生懸命・・・ね。人によっては、それすら重荷になるんですね。その手紙の方は、一生懸命生きることができない人だったようです。
私自身は、善良であるように日々努力をしているだけです。
悪いことに手を染めるのは、簡単ですからね。

(つづく)

Commented by umemomo at 2014-08-26 09:23 x

昨日尊敬している女性と話をしていたのですが、同窓会に行くとやはり若くても亡くなっている人がちらほらいるとのこと。
「自分だって特別じゃなくて、いつ死ぬかわからない。だから、一瞬一瞬を大切にしないといけませんね。」・・・とおたがい確認しあいました。一瞬先は、誰にもわからないのです。
だからこそどんなに輝かない気持ちで生きていても、その時間が無駄ではないと信じたい・・・ものですね。

まほさん。素晴らしい一日を(^。^)y-.。o○。
Commented by mahorou at 2014-08-26 17:47
☆umemomoさんへ

こんばんは。
お話すごくわかる気がします。
まほの「ありがとう」の詩集買われた方が、
前向きで輝いているから読めないとおっしゃいました。

その時、5年前はそう言われること半分しかわかりませんでした。
努力しているのに、自分だけどうして・・・感が強すぎると、
却ってマイナスになると思い至りました。

そういう意味で難しいですね。
励ましが更に落ち込ませるとしたら、やはりショックです。

人間2種類のタイプが有りますから、
その人に合った出会いがあり、お幸せになられるといいですね。。。

ほんとうですね。
明日のことは誰にもわかりません。
ある今を大事に生きたら後悔が少ない豊かな人生だと思います。

広島の方へのお気持ち、尊いと思います。
ありがたく、私も祈ります。。。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2014-08-26 05:16 | 2014年のつぶやき | Trackback | Comments(6)