あなたさまが少しでもお元気になられますように・・・

9月18日お誕生日の方、おめでとうございます。
18・・・充分無限大の可能性がある佳き日です。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。




「どのくらい?」

あなたが
どれほど
かなしいのか
わかんない

でもでも
わたしは
しりたいの
おせっかいかも
しれないけれど
ほおって
おけないの
あなたが
ないたこと
きいたから

こうしよう?

むきずな
りんごは
あなたの
こころが
げんきなとき

だから
あなたの
かなしみを
りんごを
かじった
おおきさで
おしえて

りんごが
なくならないうちに
あなたの
ちからに
なりたいの


2009.10.10


世の中には
幸福も不幸もないんでしょう。
そんなものはない。
世の中はただ
あるがままにあるだけですよ。
問題はどう感じるかだ。

そして今は
あっという間に過去になってしまう。
幸せではない今は
不幸な記憶として定着し、
次々に積み重なって行くのです。
それこそが真の不幸ですよ。
(厭な小説、京極夏彦)

最大の不幸とは
物事をわるく考えることではないか。...
人はあるがままの不幸を
想像するのではないということを
知るだけでも、なにほどかのことはある。
(幸福論、アラン)





[PR]
トラックバックURL : https://mahonoai.exblog.jp/tb/20206193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aamui at 2014-09-18 05:59
mahoさん お早うございます 早いのね(^^♪
解らなくとも知りたいし解ってもらいたいのよね
りんごをかじるときいつも思い出しそうな詩だわ
Commented by mahorou at 2014-09-18 07:04
☆muiさんへ

おはようございます。
いえいえ、早起きじゃないんですよ。
朝トイレに行きたくなったら連れて行ってもらったついでで、
もう起きていて、朝のまほの唯一の『し・ご・と』にありつくんですよ。

共感いただきありがたいです。
アネキのまほが妹のまほっちに言ってることです。

そうなんです。おっしゃるとおりなんです。
知りたいし、わかってほしいとのぞむんですよ。
だから頑張れるんですよね。

田辺聖子さん、めっちゃ好きになりました。
33年前に書かれたものなのに、とっても共感します。
もう86歳ぐらいなんですね。すごいです。

楽しまなきゃ・・・ですよね。
muiさんも佳い日をお過ごしくださいね。
Commented by mahorou at 2014-09-18 07:44
2013過去記事

人はなぜ悩むのでしょう。
それは誰もがしあわせに生きたいからです。
不安を払拭するために考え悩みます。

あなたの悩み方は不安を膨らませていませんか。
不安が軽くなっていますか。
よ~くご自分の心を見つめてくださいね。


世の中には、
正しいとされていること、
は存在しているけど、
それが本当に正しいかどうかは分からない。
だから、「これが正しいことだよ」
と思わせる人が一番強いんだ。
(マリアビートル、伊坂幸太郎)


知る権利、とか言うけれど、
知らなくてもぜんぜんいいものじゃないか、
そんなの。
「知らないと困る情報」と
「知ったら退屈しのぎになる情報」
は全然違う。
(ガソリン生活、伊坂幸太郎)





Commented by mahorou at 2014-09-18 07:45
2013過去記事

しあわせに生きるためには、
不幸せとなる生き方を避ければいいというのが、
まほの手っ取り早い考えです。

不幸せというのは、言い換えれば
生きにくい苦しい生き方です。

そうしてなぜ苦しいかといえば、
自分で自分いじめしているからです。

あなたは自分の思いを否定していませんか。
「がんばれ、がんばれ」とおしりを叩いて、
ご自分を責めていませんか。

ただひとつ、自分に優しくしてあげてください。
否定せず「そうか、そうか」とご自分を肯定してあげてくださいね。
あなたがあたしにやさしいように。。。


「弱音を吐いてはいけない」
「助けを求めるなんて恥ずかしい」
と日本人は考えがちですが、それは大間違い!
我慢する人ほど「こころ」が
ポキンと折れやすいのです。
(困ったときは人に頼ろう、和田秀樹)


世の中にはおもしろいこと、
楽しいことがいっぱいある。
可能性は無限大といっても過言ではない。
(感情から老化していく人 いつまでも感情が若い人、和田秀樹)




Commented by kii0316 at 2014-09-18 08:46
まほさん おはようごさいます。
「どれくらい?」朝から泣けました(T_T)
いつもランダムに見てるだけだったので、お気に入り登録とかした事なかったですが、
初のお気に入り登録させて頂きました!
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by mahorou at 2014-09-18 14:10
☆kiiさんへ

こんにちは。
共感いただきありがとうございます。

この詩はちっちゃい子でもも読めるようにひらがなで書いたもので、
自分の心に聴いたら、旗が立ったことでも、
たいしたたことじゃないと思えたり。おかしいですね。
残りのりんごがたくさん未だあるわと元気が出たり。

ありがとうございます。
あたしもお気に入りに入れさせていただきましたので、
また遊びに来てくださいね。。。
Commented by kii0316 at 2014-09-18 16:34
はい。私もリンゴで表現されているところがすごく 気に入ってます。
朝から私のリンゴは、あとどれぐらいかなと…
Commented by mahorou at 2014-09-18 18:57
☆kiiさんへ

こちらにもありがとうございます。
大人の悩みと子どもは大きさが違いますもんね。

そうした場合、
林檎をかじった大きさで例えてもらうとわかりやすいですよね。
子どもの立場で一緒に考えられる気がします。
自分自身、深刻になっていたことが、りんごの大きさで考えたら、
まだまだだいじょうぶ・・・と笑えてきましたよ。
名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2014-09-18 05:25 | 2014年のつぶやき | Trackback | Comments(8)