「花をもって、会いにゆく」長田弘さん

「花を持って、会いにゆく」 / 長田 弘


春の日、あなたに会いにゆく。
あなたは、なくなった人である。
どこにもいない人である。

どこにもいない人に会いにゆく。
きれいな水と、
きれいな花を、手に持って。

どこにもいない?
違うと、なくなった人は言う。
どこにもいないのではない。

どこにもゆかないのだ。
いつも、ここにいる。
歩くことは、しなくなった。

歩くことをやめて、
はじめて知ったことがある。
歩くことは、ここではないどこかへ、

遠いどこかへ、遠くへ、遠くへ、
どんどんゆくことだと、そう思っていた。
そうでないということに気づいたのは、

死んでからだった。もう、
どこにもゆかないし、
どんな遠くへもゆくことはない。

そうと知ったときに、
じぶんの、いま、いる、
ここが、じぶんのゆきついた、

いちばん遠い場所であることに気づいた。
この世から一番遠い場所が、
ほんとうは、この世に

いちばん近い場所だということに。
生きるとは、年をとるということだ。
死んだら、年をとらないのだ。

十歳で死んだ
人生の最初の友人は、
いまでも十歳のままだ。

病に苦しんで
なくなった母は、
死んで、また元気になった。

死ではなく、その人が
じぶんのなかにのこしていった
たしかな記憶を、わたしは信じる。

ことばって、何だと思う?
けっしてことばにできない思いが、
ここにあると指すのが、ことばだ。

話すこともなかった人とだって、
語らうことができると知ったのも、
死んでからだった。

春の木々の
枝々が競いあって、
霞む空をつかもうとしている。

春の日、あなたに会いにゆく。
きれいな水と、
きれいな花を、手に持って。


生きていく私たちの前に、いつも立ち塞がるものは何ですか?
悩みや問題ですよ。そればかりです。
悩みを抱えて、その答えなんてどこにもないことにげんなりしながら、
日々を生きている。そんなものです。
(ジャイロスコープ、伊坂幸太郎)

悩みがあること≠不幸 健康≠元気があること
このふたつを頭に入れておけば、少しは楽しめるとわかった。
歳を重ねると、人生の問題集も「上級編」になってくるらしい。
上級編の問題集のページをめくれるまで生きてこられた証拠でもある。
人生の先輩が答えは、自分の心にあるといった。
そうであれば、考え悩むのも悪くない気がしてくる。
そんな時間がある今を「ふこう」と呼んだら、
「しあわせ」さんがすねるかも。。。
今日の「まほっち」は、なんとおりこうでしょうか。(わらい)



[PR]
トラックバックURL : https://mahonoai.exblog.jp/tb/22624026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mahorou | 2016-03-24 12:00 | ★長田弘さんの詩など | Trackback