歳を重ねると・・・大人の責任は重い・・・

子供は、大人のいうことを
聞くのは得意じゃない。
だけど、まねするのは
抜群にうまい。
(ジェームズ・ボールドウィン)




「親そだて」

なにも
できなくても
いい
ただ
生きていてくれるだけで
いい

病院の
ベッドのそばで
まだ中学生だった
あなたが
言った言葉

家事一切
できなくなった
母への
いたわり

あなたのおかげで
やさしい心に
なれました

ありがとう


2010.02.14



コミュニケーションで
大切なことはたった一つしかない。
「相手に何が伝わったか」
ということだ。
「私が何を言ったか」
は関係ないし、どうでもいい。
「私はこう言った」
「いや、そうは言わなかった」
という行き違いがよくあるが、
その場合にも、
「私が何を言ったか」ではなく
「相手にどう伝わったか」に問題がある。
(新 将命[あたらし まさみ])



9/17・18日お誕生日の方おめでとうございます。
佳き週末を。また来週元気にお会いしましょう。

今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。


[PR]
トラックバックURL : https://mahonoai.exblog.jp/tb/23206693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aosakublog2 at 2016-09-16 17:30
今日辛いことがありました。
オール5の人間から、頭悪いから付き合わない。頭悪い高校しか出てないからな。って言われました。
頭いいのと賢いのは違うと思います。
学歴の問題じゃないですよね。
まほさん私は毎日辛い現実を見ます。
人と関わってると、話に割り込んでくる知らないおじさんとか、
免許証を持ってないのは変だって言われることもあります。
勝ち負けの問題だとか、学歴の問題じゃないと思いました。
まほさんみたいに割り切ってる人間がこの世の中には少ないのでしょうか。
Commented by mahorou at 2016-09-16 18:10
★上原碧桜さんへ

こんばんは。大変つらかったですね。。。
話をお聞きしただけで腹が立ち、
もう今の人の人間の魂の低さにがくぜん。

そうです。勉強ができる頭と心、魂が賢いのとは別問題。
こっちこそ、そんな人間と友達にならなくていいです。

もうね。いまって人間のレベルが低すぎる。
まほがいま職場で働ていたら、「うつ」になっています。

そうですよね。
若い時は割り切れません。
だからみんな精神病んで、JISHIがふえています。

自分の心を守れるのは自分。
そんな人に好かれる必要なし。
たったひとりになっても、そんな考えの人に、こびることもないです。
応援者もいるので、どうぞ、耐えてください。

あたまが本当にいい人は、いじめなんてしませんから。
そういう人間が増えているのですね。
おとなの責任はすごく重いです。
そういう社会を作ったのですから。

まほはその人間こそ、最低だと思います。
勉強さえできれば・・・という考え、怖いです。。。
Commented by mahorou at 2016-09-16 18:16
2010過去記事より

入院中に、すごく元気が出た言葉について
おしゃべりしますね。

それは、わたしが勇気を持って伝えたことが、
無駄に終わってしまった事なのです。

リハビリの時、たぶん落ち込んでいたのでしょう。
自分から「ショックで」と言ったかもしれませんが・・・。

「信念を持ってやったなら他人の批判に落ち込むな」
と、先生が、リハビリ室でおっしゃたんです。

その途端、わたしの心に電流が流れたように、
こころは元気になったんです。

その当時、先生は今のまほより
若干若かったんです。
リハビリが好きなのも、
この先生が好きだからです。

リハビリ自体しんどいです。
あんなのがリハビリかと
想像されている方も多いですが、
リハビリにも、いろいろあります。

機能回復を真剣に目指している人と、
そうでない人の違いは歴然。
もう自分の意思次第なんです。
先生方はその人の気持ちを尊重し、
意欲が出るまでせかしません。

これは、子どもに対し、
親が「勉強せい」と口やかましく言おうと、
本人にその気がなくちゃだめですね。
それと一緒なんです。

人の心って変わるんですよ。
必死でリハビリしている人を見ると、
自分も頑張ろうって気にもなります。

そうすると、先生にも、愛がこもるんですよぅ。
わたしは先生のためにも
頑張りたいと思っています。
そんなわたしに対し、
「まほの言うことならなんでも聴くよ」と
リハビリの先生。(泣かせるねぇ)

良き出会いは、人を成長させてくれますね。
あなた方はまほよりずっとお若い。
いつからだって、いいように変われますよ。
だからご自分の可能性を見限らないで・・・ね。

Commented by mahorou at 2016-09-17 06:09
<成長のヒント>
 

 「あの言い方が、キライ!」
 
 「あの態度が気にくわない」
 

 と、そんな反応をしている限り

 お互いにぶつかって火花が散り

 関係が炎上していくだけ。
 

 相手の言葉と態度に

 いちいち感情を持っていかれずに

 自分が反応しなければ、着火することはない。
 

 そのためには

 まず、自分は一番何を望んでいるのか?

 理想的には、どんな関係を築きたいのか?

 を思い出す。
 

 そのうえで

 1)相手が今の言動や態度を、ついしてしまう原因

 2)1に至ってしまった流れ、背景、プロセス

 3)荒ぶる感情の奥底にある、魂の訴え(叫び)
 

 に心と耳を向けて
 

 納得しなくてもいいから

 理解しようと努めてみる。

 
 そうすると

 今、自分が何をしたらいいのか

 どう反応したいいのか

 自然に、冷静に見えてくる。

 
  
 まほさんの光に触れる全ての人たちが

 幸せと豊かさに包まれ
 

 その光の波が

 世界の果てまで広がることを祈っています。
 
 小田真嘉

______________

 このメールレターの無断引用、無断転載は・・・

 積極的にオススメします!

 お役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら
 ぜひ、プレゼントしてあげてください(承諾は不要です)

Commented by mahorou at 2016-09-17 06:37
「神さまとの約束」

言えないのではありません
言わないだけです
あたしを悲しませたくないから

若いころと違って
我慢しすぎるなって
神さまがおっしゃったのです

そうさせてもらいますから
そんなに怒らないでください
たのしんでいますから・・・


2016.09.17
Commented by mahorou at 2016-09-17 07:15

世の中には人を不幸のどん底に引きずり落とすことで、
自分の愚かさを忘れられると考えるばかがいるの。
たった一枚の安っぽい脅迫状で、
わたしたちの大切な仕事が邪魔されるなんて、
あんたは悔しくないの!

(遊園地に行こう!、真保裕一)

-----------

悔しさをばねに生きてこられました。ありがとう。。。

Commented by mahorou at 2016-09-17 07:17

いくら正論でも、真正面からたしなめられたのでは、
反発心を抱きたくなる者や、言い訳に終始したがる者も出てくる。
自分で悟っていかないと、我が身を戒めることはできず、
前向きさも生まれてこない。

(遊園地に行こう!、真保裕一)

Commented by まほ at 2016-09-17 09:49 x

俺が信じているのは人間である運命だ。
「人間として」の範囲だ。
以上でも以下でもない。

もし人に運命があるなら
人の生死に関わっている医療は
すべて運命に抵抗してることになるな。

だけど最後まで希望を捨てはしない。
俺はいつも思っている。
生という思いにしがみついてくれ。
生きたいなら最後の最後まで抗ってくれ。

運命という字は「命を運ぶ」と書くんだぞ。
それを誰からに決定してほしくないね。
抵抗して抵抗して抵抗しまくってやる。
(赤ちゃんと僕、羅川真里茂)

--------
パソコン調子悪くログインせず
mahorouこと まほっち
Commented by mahorou at 2016-09-18 06:39
<成長のヒント>
 

 ヒナは

 口を開けて必死にアピールして待ち

 エサを食べて

 大きく成長していく。
 

 親鳥は

 待っているヒナたちのために

 エサを探して

 大きく立派になっていく。
 

 自然界の生命のすべて

 植物も、動物も、人間も
 

 もらう時期を経て、成熟していき

 与える時期へと進んでいく。
 

 …にも関わらず
 

 「自分!自分!自分!」

 と、自分のことばかり考えて
 

 ・かまって欲しい

 ・認めて欲しい

 ・褒めて欲しい

 ・なぐさめて欲しい

 ・色々やって欲しい
 

 と、欲しいものをむさぼっていたり

 満たされない心を埋めてばかりいたら
 

 いつまでも

 ずっと未熟なヒナのままで

 
 羽ばたくことなく

 本当の人生が始まらない。
 

 大人とは
 

 自分で自分を満たしていき

 自分で自分のきげんをとって

 自分で自分をやる気にさせ

 自分で自分を教育していく人。
 

 ヒナから成長して、巣立ち

 与える側へと

 立派に羽ばたいていくには
 

 ・安住の地を離れることへの迷い

 ・恵まれた環境を捨てる不安

 ・共に時間を過ごした仲間との別れの寂しさ

 ・飛び出しても落ちてしまうかも、という恐怖

 ・今やらなくてもいい、という先延ばしグセ

 ・何かいいことが起きて欲しい、という甘い期待
 

 などを振り払って

 未熟な自分に打ち勝ち

 大人への通過儀礼を越えていくこと。

 
  
 まほさんの光に触れる全ての人たちが

 幸せと豊かさに包まれ
 

 その光の波が

 世界の果てまで広がることを祈っています。
 
 小田真嘉

______________

 このメールレターの無断引用、無断転載は・・・

 積極的にオススメします!

 お役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら
 ぜひ、プレゼントしてあげてください(承諾は不要です)

Commented by aosakublog2 at 2016-09-18 15:12
私についての人柄の良さ、まほさんの人柄の良さは等しいものです。
相手に不意なことを言われたり、ひとりはバカはいます。
そういうひとたちの相手してると、かえって傷つくだけです。
マイナス思考で生きてる人をプラス思考に変えたいです。
Commented by mahorou at 2016-09-18 18:41
★上原碧桜さんへ

こんばんは。
ただただこのコメントに驚きます。

>私についての人柄の良さ、まほさんの人柄の良さは等しいものです。

こういうこと、真の大人は言いません。
前のコメントで頭が賢いのと、心が賢いというのは
違うということに共感ならわかりますが、

人柄の良さ、碧桜さん=まほとどうやったらそんな言葉が出るのか、
それはあなた様だけが思うことですよ。
碧桜さんはバカにされたと怒っていましたが、
ご自分は謙虚であられますか。自慢対決しているみたい。
オール5って自分から言うような人は、まほは引いてしまいます。

傷つきもしましょう。つらい体験もしましょう。
でもそこまでおっしゃるなら、相手も付き合わないというなら碧桜さんも、
そういう頭がいいのを自慢される人とはこっちこそお断りと割り切っていいと思いますが。。。

ひょっとすると、碧桜さんがマイナス思考と思われていても、
ご本人はプラス思考と思っているかもしれませんよ。
だから人を変えるって思わないで、自分の生き方が、
他人のこころない言葉に傷つかないように、心を鍛えた方が、
ずっといい人生を送れますよ。

まほは他人は変えられないと悟りました。
それがいけないと本人が気づかない限り、成長しないです。
自分が心病まない生き方を模索中です。
碧桜さんはまだ30代、自己を愛することのみでしたら自己自慢。
40代が楽しみですね。
おやすみなさい。

Commented by umemomo at 2016-09-18 21:51 x
まほさん。こんばんは(^^♪

「他人は変えられない」ですね~。

会社の女性がツンケン。原因は、おそらく彼女の仕事のミスを
かばえず上司に報告したからだと思います。
ミスが続いていたのは、知っていましたが報告せず
かばっていたのです。しかし、大きいミスが露見。
仕方なく、上司に報告しました。

その方は、前から私のミスを探すようなことをしていたので
やりかえされたと思ったのかもしれません。
私は「ミスを憎んで人を憎まず」が信条なので、こころはいっさいそこに
いれません。
組織にいるかぎり、報告しなければならない内容もあります。

やらせておきます。私の問題ではありません。
そして、傷ついてる心が修復されるのを待つしかありません。
自己愛の強い人は、常に他人にあたりちらすのかもしれません。それも、自由です。

やられてもやりかえさない。強い気持ちで生きてみます。
('◇')ゞ
まほさん。またね~。
Commented by mahorou at 2016-09-19 06:40
★umemomoさんへ

おはようございます。

コメント書きづらい下に、ありがとうございます。
人は他人の助言では変わりませんよね。
同感です。

テレビドラマのようです。

毅然とした態度。
きっと、umemomoさんの誠意が伝わるときが来るでしょう。
一緒の生き方の人の集まりじゃない職場。
みんなが思いやれる社会だと生きやすいでしょうに。
それでも、ある意味、いけない人がいるから、いやなことされ、傷ついてこそ、
人間の成長はあるわけですから、すべていい人では、
今みたいに、自由・便利過ぎる世が、
心が賢くない人を作り出すなら、これまた怖いですね。

現実と理想は大違い。
まぁ、自分がまず心賢く生きましょう。。。
がんばって、汗と涙流している人応援します。
Commented by mahorou at 2016-09-19 06:58
コミュニケーションで
大切なことはたった一つしかない。
「相手に何が伝わったか」
ということだ。
「私が何を言ったか」
は関係ないし、どうでもいい。
「私はこう言った」
「いや、そうは言わなかった」
という行き違いがよくあるが、
その場合にも、
「私が何を言ったか」ではなく
「相手にどう伝わったか」に問題がある。
(新 将命[あたらし まさみ])

Commented by mahorou at 2016-09-19 07:06
自分を愛してこそ、人も思いやれますが、自分だけの愛は自己愛で、
自分は正しいという風に見てしまいがち。
それをことばにすると、
自己愛と「愛」はついても自己自慢、自己満足というおごりになります。

人は自分が言わなくても、感じる生き物です。
目に見える美しい人を探すより、
心賢い人はうつくしい言葉に共鳴しますね。。。
Commented by aosakublog2 at 2016-09-19 16:41
私は、何度も言葉の理解が出来ない人物で、まほさんには
いつも理解されているとばかり思えていました。
いつも私について、私のコメントが、強烈的に感じると言うのは、
最初から私の事が嫌いだったんじゃないかな、とも感じ受けました。
それならそうと、本音を言ってくれればいいものを、コメントがおかしいと
指摘してくれればいいものを、何も言ってくれなかったから、
こんな推敲できないコメントが出来上がるわけです。

しかも、私は、私のコメントに傷つけて帰られるので、
知的、精神障がい者についての、無責任な記事を上げているとも感じ受けました。
だったら最初に、命を失う人を助けたいなんて、詩に出すものじゃないと思います。
精神の人たちを助けられないのに、記事としては無責任な記事を出していますよね。
それに関して、私はもうここには来ません。


ただ、言っておきたいことがあります。
まほさんが私の症状の事を貶している、いじめているようにも感じました。
何故そんな風に感じてしまったのか、何故、私の発言が喧嘩腰になると
言う捉え方をするのでしょう。
とても悲しい気持ちです。
いつからそんな捉え方をするようになったのでしょうか。

恐らく、私のコメントが、記事も何も読まずに投稿されていると
勘違いなさるからでしょう。
私は理解、言語の障がいがあるのに対して、それを理屈で
通らせようとしている考えであり、まほさんと私は必ず等しいものではないと
主張します。

障がい者の事を傷つけているのは、このようなブログ記事を書いている人の事でしょうね。
私は、その場でふと感じた事を書いてるだけであって、
それを気にしながら書いていると言うものも、おかしいと感じます。

どういう捉え方をしたら、喧嘩になる発言になるのでしょうか。

そして、私は、そんなに賢い人間でもなく、強い人間でもないです。
賢さや強さがあっても、どこに気に入って、ブログ記事として
上げているのでしょうか。
記事全体が、自分の命について、関わりたいと思ってる中で、
誤解を解けない人生を歩んでいる人たちに、何も感じ受けませんね。

それじゃあ、失礼しました。
Commented by aosakublog2 at 2016-09-19 16:55
(追記コメント)
オール5と言ったのは、相手側が言った言葉です。
私はオール5なんて自慢した覚えもないし、書いた覚えもありません。
なのに、上原碧桜がオール5って言ったのばかり、それを自慢したと言って、
誤解を受けているのはまほさんでしょうか。

まほさんも、言葉の理解に苦しんでいますか?
私の書き方は、誤解のある書き方がありまして、それを修正する指導員も
そばにいないものですから、私はずっと言葉を考えるのに苦労するのです。
だからきっと誤解も生まれるだろうし、不快に思われる気持ちも解らなくもありません。
こんなことが書けて、こんなことが書けない。それが私の障がいだって教えたばかりなのに。
それに知的障がい者である私に、賢くも強くもない、体も弱い。
何で私のコメントがいつも支離滅裂で、終わってしまっているのでしょうか。
相手の捉え方に問題があったり、私は傷つけてしまっている言葉を、理解できていない。

まほさんには、コミュニケーションの障害と言うのを、聞いたことがあるだけで、
実際のところ、Wikipediaだけで理解されてるとは思いますが、
実際そのような人物に会ったり体験したり、経験していませんよね。
私には、言葉が意味不明って言う方もいっぱい見てきているし、
脳の脳が繋がらない日だってあるでしょう。
私は人を不快にさせてるとは思ってもいません。それは信じて下さい。

詩の感想を述べただけです。矛盾していると思われても、私は矛盾しているような
書き方をしているのかもしれませんが、私としては違うって思っています。
Commented by mahorou at 2016-09-19 17:28
読者さんの感じ方で、
自分のためになるなら読んでくださればいし、
傷つくように感じられる方はご遠慮くださればいいです。

まほはブログで人を傷つける有害な記事を書いてはおりません。
思い付きではなく時間を掛け、自分を励ます引用文を探しています。

>私についての人柄の良さ、まほさんの人柄の良さは等しいものです。
このことば、ご両親や職場の上司に言いますか?
等しくないと気づいていただけましたね。
それで充分ですし、障害者の人を傷つけてもいませんよ。
それに勘違いしていません。。。

好きなドラマなら見ますが、嫌いなドラマは、いっくら人気でもみませんね。
ブログも不快で自分のためにはならないと判断されたら、
ご自分の責任で対応してくださいね。
みなさんご自由ですから。
Commented by mahorou at 2016-09-19 17:38
はい、追記で悪気はないこと、わかりました。
表現方法も訓練されている途中ですね。
まほ以外の人に言う前に、ちょっと気づいてほしいと申し上げました。

それに、碧桜さんに、喧嘩腰で言っていません。
それも受け止め方、30代の方は、これからもっと伸びますね。
「若い時の苦労は買ってでもせよ」の意味をかみしめています。
Commented by mahorou at 2016-09-19 17:42
ぁ、ことばの理解で苦しんでいません。
想像力は豊かに持っています。
どのように受け取るか、みな違います。

人間は楽な方に流されやすいですが、
肯定は味方で善人、否定は敵、悪人と決めつけるのは嫌です。

Commented by aosakublog2 at 2016-09-19 18:36
読者さんの感じ方、ずいぶん冷たい言い方をなさるのですね。
遠慮なさらぬ為に、死ぬ人を何も葬らず、かえって傷害な発言です。

>まほはブログで人を傷つける有害な記事を書いてはおりません。
人間の捕らえ方です。
傷つけていると本人が思っていれば、それは傷つけている事になります。
本人がいじめられていると思えば、それはいじめとなります。

>思い付きではなく時間を掛け、自分を励ます引用文を探しています。
自分問答な考え方ですね。。こういう人間が、人を明るくしたり幸せにしたり
出来ないのかもしれないですね。

>私についての人柄の良さ、まほさんの人柄の良さは等しいものです。
>このことば、ご両親や職場の上司に言いますか?
親や職場に、等しいと言う捕らえ方を、プラスで考えている人もいます。
社長に、私と社長の考え方は等しいと思います、と言った時に、
どういった表現を捕らえたかはわかりませんが、素晴らしいと褒めて下さいました。
言い間違いをその場で、社長は、気づいたんです。
あなた様だって、賢い理論で突っ走っているみたいで、よくそんな事が言えますね。

>それで充分ですし、障害者の人を傷つけてもいませんよ。
もう傷ついています。そして、私はあなた様に反論しています。

名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2016-09-16 12:00 | 歳を重ねると「こうなりやすい」 | Trackback | Comments(21)