不自由の中にも自由が、悲しみの中にも喜びが、ちゃんとあります。。。

♡昨日、ハンセン病のことで自分が知った記事書きました。
できることを/できるひとが/できるときに/こころをこめて


2018年6月25日月曜日まほ62歳と213日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう

あたしの指はまっすぐ伸びなかった。
グーの状態で眠っていたから、垢がたまるぐらいだったそうです。
指を伸ばすためのオーダー装具で指を引っ張り上げた(10本指)
おかげさまで握力「5」の右指は8割がた伸びて、パソコンが出来る。
お行儀が悪いのは左手「こゆび」
<>のように「く」の字に曲がっている。
だからリハビリのマシン漕ぎで、握りしめた「こゆび」が痛くなる。

「自分を救えるのは・・・」

いままで
えらそうに
自分ひとりで
「生きている」と
思い込み
明日と言う日は
当然「ある」と
横着だった

傲慢(ごうまん)な人間が
大嫌いなくせに
そういう自分が
いちばん傲慢だったと
認めざるを得ない

病気になって
かっこいい部分しか
見ていなかったと気付いた

いや違う
自分が納得できることしか
受け入れていなかったんだ

悪口を言わない
いじわるをしない
お世辞を言わない

たったそれだけで
周囲の評価は
「やさしい人」だった

わたしは
決して
やさしくはなかった
ただ
無関心なだけだった


元気だったから
病気の人の
痛みや苦しみを
考えられなかった
想像すらできなかった

自分が
その立場になり
なんにも
分かっちゃいなかったと
思い知った

そうして
悩み苦しむ中で
わかったことがある

最終的に
自分を救えるのは
人さまからもらった
数々の励ましを
自分の「こころ」で
うまく消化できるかどうか・・・
そういうことかもしれません

2009.06.20



a0125751_13423507.png

[PR]
Commented by mahorou at 2018-06-25 06:31
まほファミリーのみなさんへ

おはようございます。
今日は全国的に晴れ。暑くなりそうです。
熱中症に充分ご注意ください。
室内でも油断せず、こまめに水分補給します。

昨日はブログお休みの日でしたが、
どうしてもハンセン病のこと書きたくて、3回に分けました。
自分の理解が記事検索をし、深まりました。

人間は失敗もするし、ミスも犯します。
でもその後が大事だと思うのです。
同じ失敗を、悲劇を繰り返さないためには、
まず正しく知ることから始まり、
それをちゃんと大人は伝えていかなきゃなりません。

わたしは国民が賢くなり、
不正を許さない集団にならねばと思います。
「国民は侮れない」とお偉い人が恐れ、
みんなが共に幸せに生きられる世の中を残しましょうよ。

明日はリハビリに行ってきます。
6月最後の週も仲良くしてくださいね。

まほっち
Commented by あか男 at 2018-06-25 10:28 x
たしかに元気な時って、周りに対して、あまり感じないですよね。
病気になって色々気付きますよね。
Commented by mahorou at 2018-06-25 13:57
★あか男さんへ

こんにちは。
そうですよね。私の場合超健康体があだでした。
若さもありますが、自分が不自由や苦しい思いをしないと気付けないことが多いですね。
そこが体験するとよくわかります。
カレーの辛さも、食べて実感。
それでも辛党には、辛さの度合いも、甘党との比じゃないですよね。

つらいことは、あえて体験する必要ないですが、
体験者や本から、自分だったら…と相手の気持ちになりたいですね。

今日はすごく暑いです。
あか男さんも熱中症に気を付けてくださいね。

まほっち
Commented by 石畳のん♪ at 2018-06-25 15:47 x
まほさん、みなさん、こんにちは。(*´ ▽`*)
こちら関東地方は快晴!やはり梅雨明けでしょうか??

ハンセン病については、夫が大病をした後、転院した先に大きな療養所が隣接しており
初めて(たぶん)知って、惨いことだな~、と感じました。只、その病院は広大な敷地と
緑に囲まれていて、不思議な存在感があり、小さな国のような感じ?でした。(・。・)h

中で暮らしている方は、ご家族と離れ離れになって、辛く悲しい思いをされたことは
当時の私は、あまり気付いて居なかったのかも??いつか夫の病院(跡)を再訪したいと
思っていますが施設の今も訪ねてみたいと思います。きっと大きく変わっているでしょう!

色々な病気で辛い思いをされた方、戦争で大変な思いをされた方がドンドン高齢になり
語り継がれることも減って、体験者が居なくなると、少しずつ忘れられてしまうことが
多くなるのかも知れません。そんな中で、まほさんが、こういう記事を書かれたことは

とても意義あることだと思いました。私も夫が大病をするまで、歩行が困難な人の気持ち
支える家族の大変さはホンの少ししか分らないでいたのだと思います。今でも、本人では
無いので、まだまだ気付かぬことが多いのですが、想像力のアンテナを可能な限り効かせ

優しい人に近付きたいと思っています♪ 60歳もあと僅かですが、頑張ります!(^o^)/
Commented by mahorou at 2018-06-25 17:31
★石畳のん♪さんへ

こんばんは。
こちらも暑いです。

のん♪さんはご存じだったのですね。
私は今なおご家族の方が苦しんでおられるとは思わず。
そうですよね。。。裁判に勝っても、悲惨な出来事がなくなるわけではありません。
そのことを2度と繰り返さないためにもしっかり正しく知ることから始まりますもんね。

12才やそこらで両親から隔離され、何十年もなんて。
もう言葉にできません。
自分だったら生きていけない・・・本当にその方たちが身代わりになり、すべて引き受けてくださった。。。

ハンセン病もあと世界で一つの国だけで、絶滅できるそうです。
本当につらい中生き抜いてくださった方のお幸せを祈りたいです。
わたしたちが正しく知り、間違って偏見を持たず、
あたたかい目で「よくぞ耐えてくださいました」
「ありがとうございます」の想いを持ちたいし、それができる日本にしたいです。

のん♪さん、あたしも感じる心、大事にしたいです。
相手さんの立場に立ち、わたしだったらどうしてもらえると嬉しいか、
これだけはされたくないという指針を持っていたいです。

まほっち
Commented by misarin-1126 at 2018-06-25 21:19
まほさん! 皆様^^ 今週も宜しくです!

ハンセン病から現代に至ってはエイズなど感染病として差別されてますのが現状ですね。
誰もが当人にならないとわからない事がたくさんありますのでいい加減な事は書けませんが
正しい知識を学び、寄り添える人でありたいです。
ブログにしてくださってありがとうございました。
検索してみまして学びになりました。
Commented by mahorou at 2018-06-26 06:18
★みさりんさんへ

おはようございます。

ハンセン病、検索くださったのですね。
ありがとうございます。
軽く言えないですが、自分だったら、絶望し、生きてはいけなかった。

この方々は子孫さえ残せない、断種されたわけです。
未来に語り継ぐ子孫さえいません。
この悲惨な出来事は、忘れ去られてはなりませんよね。

元患者さんのお心がすこしでも安らぐよう、
周囲の人間がまず正しく知り、もうこれ以上悲しませたくないですね。
ブログで記事にしてよかったと思います。

体験していないからこそ、当時の人の気持ちに寄りそい、
2度とおなじ過ちは繰り返さないと誓いたいです。
戦争も原爆も。。。

今日はリハビリに行ってきますね。
みさりんさんの骨がくっつくよう、あたしも踏ん張ってきます。

まほっち

名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2018-06-25 00:00 | 2018年のつぶやき | Comments(7)