偉大な教師とは。。。

2018年9月13日木曜日まほ62歳と293日目

あなたが住んでる街の今日の空色 どんな色
今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


幸運は偉大な教師である。
不運はそれ以上に偉大な教師である。
(ハズリット、イギリス劇作家)

上記の言葉を
誰よりも感じているのが
「まほ」です。
たしかに障害は不自由ですが、
不幸ではありませんでした。
しあわせも、ふしあわせも
現実の環境に対してではなく、
その環境のプラス面に
どれだけ目を向けることができるか、
その自分の心だと思います。

歩けないことを不幸と嘆くか、
生かされ、障害者としての醍醐味を
味わう心が持てるか・・・かもしれません。

苦しい人のきもちに寄り添えるのは、
たくさん泣いた人間で、
いまを楽しんで生きている人・・・
のような気がいたします。

醍醐味という言葉を
嫌う人がいるかもしれません。
ならば、「福」と呼びましょうか。
・・・でも、まほは障害者にならなければ、
ブログをやり、詩を綴ることは
なかったでしょう。

神さまは
「まほ」にピンチを与えたけれど、
それ以上のチャンスと、
「まほ」を助けてくれる協力者を
近くにご用意くださった・・・と感謝です。


※2012.06.18 はてなダイアリー
来春なくなる前に。こちら 


[PR]
Commented by mahorou at 2018-09-12 20:53
★まほファミリーのみなさんへ

0時の予約投稿です。
みなさん、こんばんは&おはようございます。
今日は木曜日。プラスの人とかきます。


2010年再掲記事・コピー(長文)

今日は読者さんのご質問に答えてみますね。
目がみえ、指が動く「いま」を大事にします。
元気にパソコンに向かえる今日を感謝しています。

>まほさんは、障害があってもこころが自由ですよね?

はい、せめて
心は自由でいたいと思っています。
自分の心を苦しめるのは、
世間さまでも人さまではないとの
思いが強いからです。

カラダとこころの
バランスは要るのでしょうが、
自分次第でどうにでもなるのが、
「こころ」です。
カラダは理不尽にも
病気や障害を持つこともありますね。

自由の中にも不自由はあり、
不自由の中にも自由ってあるんですね。

感情って、面白いですよ。
神さまじゃない限り、
うらやましがったり、怒ったりしますでしょ。
でも、人間の力ってすごいですよ。
歳を重ねると、
そういう感情は瞬間にあっても、
ちゃんとストップを掛けられるんですから。

そのストップを掛けられるモノ、
なんだと思われますか?

まほはこんな風に思うんですよ。
自分のことを大事にしてくれる
家族や親・きょうだい、友人だと。
だって、自分がどんなにつらくても、
ひとりぼっちじゃないから、
まほを信じて応援してくれている人を、
悲しませたくないって思います。
(家族にそういう期待が出来ない人は、
  良き友をぜひ持ってください)

そのためには、
自分のことは自分で守ろうと。
守るためには、
自分にやさしく、自分を大事にすること。
つまり、自分をいじめないことであり、
生きやすいように
自分の心を受け止めてあげること。

心の自由って、
自分の首を自分で締めない、
自分の心を殺さず、生かすことかな?
そんな風に感じている「まほ」です。
Commented by mahorou at 2018-09-12 20:53
2011過去記事・はてなダイアリー

20代の人には20代の、80代の人には80代の想いがあるように、
まほはまほらしく、まほっちはまほっちらしく・・・できたらと思います。
「ありのまま生きる」ことにも、努力や辛抱が要ります。
ありのまま=わがまま・・・ではありません。
そうして苦や悩むことは、人生の最も良き師とも思うのです。

苦があることを、頭ごなしに不幸と決めつけたら、
さらに苦しむだけと分かってきた、まほっち。
苦は福門・・・呪文のように唱えると、ク・ク・クと笑えてきちゃうかな。。。


※追記
語弊があるといけません。
ありのまま=わがまま・・・ではありませんの
「わがまま」とはしたい放題ということです。
人の立場を思いやれない心・・・の意味を含みます。
Commented by mahorou at 2018-09-13 05:48
予約投稿しっぱいしました。今公開しました。
0時を待って起きていてくださったみなさん、ごめんなさい。
これから時間設定見直し、注意します。

まほっち
Commented by m-kumatta at 2018-09-13 09:27
昼と夜が必要なように。
晴れと雨が必要なように。
夏と冬が必要なように。
私たちが生きるには、
辛いこと、嬉しいこと、どちらも必要なのだと思います。

そしてまた。
夕方、朝方があるように。
曇りの日があるように。
春と秋があるように。
その、ともすればどっちつかずに見える時間も、
とても大切な時間なのだと思います。

とは言え。
だから今は辛くても大丈夫だよ、とは簡単には言えません。
それではあまりにも他者に対する想像力がなさすぎます。

それでも自然とは、あるがままとは、
そういうものだと知っておくだけで、
私たちは生き抜く勇気を持つことができるのではないでしょうか。

※なんだかまとまりのない文章、申し訳ありません (^-^;
Commented by mahorou at 2018-09-13 12:05
★広間空さんへ

こんにちは。
とんでもありません。すごく良くわかります。
ステキに詩的に表現くださって、ありがとうございます。
本当ですよね。片方だけで語ると、偏ってしまいますよね。

>とは言え。
>だから今は辛くても大丈夫だよ、とは簡単には言えません。
>それではあまりにも他者に対する想像力がなさすぎます。

そうして、この3行に
広間空さんの優しさ、相手へのいたわり・慈悲・愛が込められているように感じました。
想像力がなさすぎるとお感じになられる心がありがたいです。
想像力たくさん、おもちです。
この想像力というのは、ある程度持っていないと、相手を傷つけやすいと自覚したいです。
全く想像できない他者には、わかっていても、悲しくなりますね。

>それでも自然とは、あるがままとは、
>そういうものだと知っておくだけで、
>私たちは生き抜く勇気を持つことができるのではないでしょうか。

全く同感です。頭の片隅においてあるだけでも、すごく違います。
知っていることは強いです。
歳を重ねられると知識も増え、生きやすくなりますよね。

わたしも、むかしそんな詩を書いたように記憶しますが、
探せず残念でした。また探しますね。


まほっち



名前
URL
削除用パスワード
by mahorou | 2018-09-13 05:44 | 人生勉強 | Comments(5)