2018年7月18日水曜日まほ62歳と236日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


2010年過去記事転載・コピー


健康な時は、立つことなんて、
なにも考えずに出来ましたが、
今では立つという感覚が鈍く、
立つ練習で、足をベルトで
固定するのですが、
ひとりで机に手を置き、
立った状態をキープすることさえ、
恐怖です。


寝てばかりいた入院時代は、
ベッドに固定された体を、
べっドのまま90度あげ、
起立練習をしましたが、
恐怖心で歯を食いしばっていても、
涙があふれたものです。


その涙目で見た光景・・・。(まほ44歳頃)
50代ぐらいの男性の死に物狂いの
リハビリの様子でした。
家族の大黒柱として、1日も早く
社会復帰との思いでしたでしょうね。


勇気だとか正しさだとかが満ちるのを待つんじゃなく、
「知りあいがやってることを見る」だけで、
すっとなにかがわかっていくものです。
(ほぼ日、糸井重里)


その光景が、まほにも
がんばる勇気をくださいました。
涙を必死にこらえるために、
心の中で歌った歌は、
「およげたいやきくん」でした。


みなさんは、涙をこらえるときに、
口ずさむ歌は何でしょうか?


a0125751_14225459.jpg

[PR]
by mahorou | 2018-07-18 00:00 | 過去のつぶやき | Comments(6)

2018年5月30日水曜日まほ62歳と187日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


「つもりで仕事できるか」・・・と、上司にどやされた20代。
「一生懸命やったのにぃ」・・・は、自己弁護だったと振り返られる50代。
一生懸命って軽々しく使える言葉じゃないと知りました。
本当に懸命に生きている人は、
言い訳などせず、自分の心を制御でき、
逃げないで「自分自身のこころを我慢出来る人」かなって。
自分の心は、自分で守る・・・
まほには、ダイエットぐらい難しいことですが、
一度きりの人生、挑戦してみたいです。

そうしたら、 その結果として
みなさんに伝えられる言葉は、
「ありがとう ありがとう ありがとう」と涙になる気がしています。
人から信じられるより、まずは自分の可能性を信じたい。
人から愛されるより、まずは自分を愛したい。

a0125751_09331858.png


[PR]
by mahorou | 2018-05-30 00:00 | 過去のつぶやき

2018年4月3日火曜日まほ62歳と130日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


a0125751_14593294.jpg

日本には四季があり、寒い冬があればこそ、
あったかい春への希望が募ります。

そう考えますと、
人間の苦しみも、ないほうがいいですが、
少々あっても、苦があるからこそ喜びも倍増です。
喜びを感じる前に、
人生にピリオドを打ったら、もったいないです。

誰もがしあわせに生きたいわけですね。
でも、自分の心が苦しみの重さで
押しつぶされちゃうことだってあります。
どうしたら、ポキッと折れずに、
しなって曲がるだけにならないものか…と考えました。

それは・・・
その人に、苦しみを
一瞬でも忘れられるものがあることです。
好きな音楽や絵でもいいですね。
そういうものを持っておくといいですね。

また、大事なのは友の存在です。
この友というのは、
ただ知り合いというのとは違います。
自分自身が苦しい時に、
うんうんと、多くを語らず、
うなずいてくれる人です。
最低3人は見つけておいてください。
追記:話を聴いてくれる人はひとりでもいいです。

まほ流ですが、
この3という数字にも理由があります。
協力という漢字には4つの力があります。
大きい力は「自分」、
小さい力は「助けてくれる」3人です。
(みんなが助け合ったら)


また「3」という数字は
「8」、無限大の可能性の数字の半分なんです。
残りの半分は、しあわせに生きるための
自分の努力なんです。

努力の「努」という漢字には
「女」という漢字が入っていますでしょ。
だから、おなごはつよいんです。。。(わらい)
男性は「勇気」があります。


絶望から救ってくれたのは、
正論ではなく、やさしい言葉でした。
苦しんで、苦しんでの人には、
正論ではその人の心を救えません。
言葉などいらないかもしれない。
抱きしめて、あなたのぬくもりを
上げてくださいね。まほ

2010過去記事抜粋より

[PR]
by mahorou | 2018-04-03 00:00 | 過去のつぶやき | Comments(3)

2018年3月29日木曜日まほ62歳と125日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう

a0125751_16213703.gif
みんな誰でも、生まれてきただけで、
もう「愛」を持っているんだと思うんです。

何もできない赤ちゃんから、
とっても幸せな気持ちをもらいますよね。
赤ちゃんですから、何もできません。
我々は赤ちゃんよりできることが増え、
「愛」が見えづらくなっていると思うんです。

みんな、だれもが「愛」を持っているのに、
どこか押し入れにしまいこんで使うのを忘れていたり、
愛を向ける場所や方法を間違えてしまうものですね。

それを、もう一度教えてくれるのが
「苦」かもしれないと思うこの頃です。

幸せに気付くのも、ふしあわせになった時ですし、
健康のありがたさに気づくのも、病気になった時です。

そう考えますと、相反するものがないと、
なかなか成長できないと思えます。

愛って深いですね。
まず一番に自分を愛したら、素敵だと思います。
そうしたら、すべての人を愛さずにはいられなくなります。

自分がしあわせを感じるためには、
出逢えた人すべての人が幸せでないといけません。

みなさんらしい「愛」に出逢えますよ。
まずは「いま」のご自分をとにかく愛してくださいな。
自分を愛するって言うのは、人と比べない、今の自分を
決して否定しないことかもしれません。

まほが人と比べて出来ない自分を責め続けていたら、
きっと、しあわせを見つけられず、ブログをやる気力、
リハビリをする気力、まほを愛し応援してくださる方々の
お心さえ、わからなかったでしょう。

自分を愛せたから、
人さまも自然と愛せるようになったんだと思います。。。
「2009.10記事」

自分勝手な欲望が
満たされないからといって、
自分を不幸だと
考えているような人もある。
また、つまらない見栄にこだわって、
いろいろ苦労している人もある。
しかし、こういう人たちの
苦しみや不幸は、実は、
自分勝手な欲望を抱いたり、
つまらない虚栄心が捨てられない
ということから起こっているのであって、
そういう欲望や虚栄心を捨てれば、
それと同時になくなるものなんだ。
(漫画 君たちはどう生きるか、吉野源三郎)




[PR]
by mahorou | 2018-03-29 00:00 | 過去のつぶやき | Comments(8)

2018年3月28日水曜日まほ62歳と124日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


「想像してみ」

目がみえるとさ
見たくもないものが
みえてしまう

耳がきこえるとさ
聞きたくないことが
きこえてしまう

見えなければ
聞こえなければ
知ることもない現実

いつだって
悲しんだり
落ち込むことなど
ないんだよ

キミも
そうなりたいだろう?
一度なってごらんよ

そうしてさ
感じてみるんだよ

何が見えた?
何が聞こえた?

悲しくても
落ち込んでも
見える目と
聞こえる耳に
戻してくださいって
祈るんじゃないかい?


2010.12.25 





[PR]
by mahorou | 2018-03-28 00:00 | 過去のつぶやき | Comments(8)

2018年3月27日火曜日まほ62歳と123日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


2010過去記事抜粋・・・今読み返すと当時の気持ちが。。。

思うんですね。
ありがたいなぁという気持ちを持つと、
不満など思えなくなってくるんです。
病気になった当初は絶望感いっぱいで、
後悔しかありませんでした。

しかし、冷え切った心を溶かしてくれたのは、
周囲の暖かなやさしい言葉でした。
そうして、時間というものも、
ありがたい漢方薬のようなものでした。

どうあがいたって元には戻らない・・・という気持ちが、
過去にさようならを告げる勇気をくれました。
「覆水盆に返らず」なんです。

これからの未来を過去を引きずって嘆きの人生にするか。
過去を終わらせて、しあわせな未来を生きるのか。
さあ、どうする、まほ!

わたしは、しあわせに生きることを決めました。
だから、どんな思い方が生きやすいか、
試行錯誤しています。失敗も多いです。
・・・ですが、いい方法がわかったときの喜びは、
満足感にあふれています。
こんないい方法、自分だけにしておくのは、
あまりにも、もったいない。
そんなとき、ブログが役に立ちます。
いいアイデアを発表できる場ですからね。

人さまを助けたい・・・その一心だった40代。
でも、それはわたしの傲慢でした。
人さまのいのちは救えない。
けれど、ちょっとは悲しみを軽くできると
思うようになった50代。

やはり、傲慢になると、
自分は強くなったと錯覚し、思い上がります。
謙虚に生きること・・・
これさえ忘れなければ、弱くたって、
弱いゆえに、やさしくなれるんだと確信しました。

人の数だけ答えがあり、生き方があります。
自分らしく、周囲の批判に惑わされることなく、
生きていけたら、ありがたい人生に
できる気がしています。


[PR]
by mahorou | 2018-03-27 00:00 | 過去のつぶやき

2018年3月22日木曜日まほ62歳と118日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう

2011過去記事抜粋より

幸福とは、
人によっていろいろな見方や考え方がありますが、
私は心にわだかまりがなく、
心と体が調和している状態のことだと思います。
(瀬戸内寂聴さんの言葉)



上記の言葉をかみしめますと、
ほんとうにそうだなぁと思えてきます。

心が平安であること、しあわせだと思います。
生きていますと、いろんな感情がわきます。

達成感や満足感はあるのだけど、
何か心に引っかかるものがあると、
心と言うのはすっきりしません。

また、割り切ろうと思っているのに、
心が揺れてざわざわしたりと言うご経験、
みなさんもおありじゃないでしょうか。

今はこんなにパソコンが普及し
自分の気持ちを吐き出すために、
ブログなどでつぶやくことで、
自分の気持ちを確かめられたりします。

心って、見えません。
ですから自分が何を悩んでいるか、
言葉や文章にすることで、ちょっとした形を
与えているのかもしれませんね。

自分の心さえ、そうですから、
人さまのお気持ちなど、すべてわかるはずがありません。
でも、無関心でおられないのは、
やはり人さまにも、しあわせでいてほしいからです。


生きるというのは、
いつも宙ぶらりんなのだ。
いつだって
宙ぶらりんの状態だから、
なにごとか勃発すれば
あたふたおたおた、
そこをなけなしの
経験やら知恵やら動員して
どうにか波間を渡ってゆくのが
人生というものだろう。
あわてず騒がずスイスイ
泳いでゆく人生の達人など
というものはどこにもいないのだ。
いなくて、いい。
(野蛮な読書 平松 洋子)





[PR]
by mahorou | 2018-03-22 00:00 | 過去のつぶやき

2018年3月20