カテゴリ:2010年・詩( 76 )

2018年6月18日月曜日まほ62歳と206日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


「ひょっとして」

あんたな
ち~とは
自分のこと
考えたらどうなん
いっつも
いっつも
他人の
心配ばっかりせんと

そんなこと
あらへんわ

勝手に
思っとるだけやし
これでも
自分のこと
ちゃんと優先
しているからね

ひとりの時間
たっぷりあるからさ
ゆっくり
考えたりできるんよ

いちばん
悲しいことって
だれにも
だれにも
自分のつらい気持ちを
わかって
もらえんことじゃないかって
思うんよ

だからね
「あんたの味方はここにおるよ」って
伝えたいのかもしれない

2010.03.31


私は情熱がほしい。どんな障害をも越えていく情熱。

たぶんそれこそが、才能だとか、個性だとか、それから努力だとか、

素質だとか、可能性、環境、遺伝、機会、

そんなようななんだか別々のようでいて実はとてもよく似た、

たちの悪いばけものに立ち向かう唯一の武器なんじゃないかと思う。

(終わらない歌、宮下奈都)




>もし誰からもつまらない人物のように扱われたら、
>自分の価値を確認できなくなってしまう。
大勢いても孤独を感じるなら、根底にはそれがある気がする。。。



※更新・コメント返信が途絶えたら、パソコン故障を疑ってください。
過去記事4200あるのでお読みください。
古い時期のものほど、まほっちの感情がよく出ている気がします。。。

a0125751_14153956.jpg

[PR]
by mahorou | 2018-06-18 00:00 | 2010年・詩 | Comments(6)

追記①


今日はいい日だ
がんばってくれてて「ありがとう」


今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
どうぞ、素敵な日をお過ごしくださいね。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。

お誕生日リスト あと11日で埋まります。
ご協力くだされば嬉しいです。



「やまびこ」

たくさん
叱られた
少ししか
謝れなかった

たくさん
愛してくれた
少ししか
ありがとうが
言えなかった

やまびこより
ゆっくりと
こころに
こだました

幼きころの
なつかしい
思い出が



2010.04.17


追記②


ふり出しに
戻ってるように
見えても
ほんとは
次の場所へ
進んでいる
(ご近所物語4、矢沢あい)


不安な時って、意識の焦点が、
つい不安なことひとつに
しぼられがちになる。
意識の焦点が
ひとつにしぼられると、
そこばかり気になって
どんどん苦しくなっていく。
(ブッタとシッタカブッタ 2そのまんまでいいよ、小泉 吉宏)





[PR]
by mahorou | 2017-03-10 17:55 | 2010年・詩

6月18日、お誕生日の方おめでとうございます。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。
お誕生日リスト あと15日で埋まります。
ご協力くだされば嬉しいです。


「たねあかし」

車いすのわたしに
同情する人は
多かった

いまでは
同情する人は
ほとんど
いない

これは
悲しい現実ではない
ありがたいことなんだ

なぜなら
同情は
やさしさの
プロローグ
応援に
代わったからね

そう
同情を
「Like」と表現するなら
応援は
「Love」と言えるのさ


2010.02.21

悪いことをしたわけでもないのに、
人は不幸にして病に冒される。
誰かに当たり散らしたくても、
病気と闘っていくしかない。
人は、生きていく中で、
多くの辛く厳しい出来事にぶつかる。
一人きりで闘っていける者は数少ない。
誰かに手を差し伸べられ、時に手を貸すことで、
互いに勇気づけられ、一緒に苦難を乗り越えていける。
(レオナルドの扉、真保裕一)


自分に「無理なく」できることをさせていただきます。
クリック募金・栄養食  
まほの目標は5000万円達成すること。
1日7000人がクリックなら2年、その倍の人が募金したら
1年で達成できます。
ひとりで年365円ですから。ブログを開いたらクリックよろしくです。




最後まで読んでくださってありがとうございました



[PR]
by mahorou | 2015-06-18 05:30 | 2010年・詩 | Trackback | Comments(6)

「もう いいかぁい」

うまく行ってる時にこそ
これから
どう生きたいか
考えておくのさ

不幸ってのは
突然やってくるんだ
何の前ぶれもなしに

だから いま
ちゃんと
しあわせになれる方法
探しておくんだよ


2010.10.16

人間、転ばぬようにするのは難しいが、
怪我の予防には転び方を身につけるのが
もっとも有効な対策である。...
浮き世である。
転ばぬ先などあるわけがない。
転ばぬ先に転んでみなくてはいけないのである。
(失敗談、外山滋比古)

迷路なんて本当はない
と思うようになった。
自分のペースで歩めば
ゴールに着くのに、
競わされて、焦らされて、
道に迷う...。
だから、いまでも何かに迷ったら、
現実には壁はなくても、
壁に手を当ててるつもりで
進んでいけば、
きっと抜けられると信じてる。
(歓喜の仔 下、天童荒太)




[PR]
by mahorou | 2013-07-03 06:31 | 2010年・詩 | Trackback | Comments(11)

親そだて

今日は朝一で内科検診です。
下書きから・・・
暖かくしていってきま~す。



「親そだて」

なにも
できなくても
いい
ただ
生きていてくれるだけで
いい

病院の
ベッドのそばで
まだ中学生だった
あなたが
言った言葉

家事一切
できなくなった
母への
いたわり

あなたのおかげで
やさしい心に
なれました

ありがとう


2010.02.14
[PR]
by mahorou | 2011-11-24 00:00 | 2010年・詩 | Comments(2)

わたし・・・きっと

「わたし・・・きっと」

病気にならなければ
やさしくなれなかった

幸せを感じず
不満ばかり言ってた

正しいこと
強いことだけを
良しとする人間だった

わたしは変わった

「あなた変わったわ」と言われたら、
怒っていたはず
「ちっとも変わらないわ」と言われたら、
喜んでいたはず

今じゃ
「変わった」と言われたらうれしい
見かけの外見じゃなく
中身に対してだったら
さらにウレシイ



2010.12.24



[PR]
by mahorou | 2010-12-31 00:02 | 2010年・詩 | Trackback

想像してみ

「想像してみ」

目がみえるとさ
見たくもないものが
みえてしまう

耳がきこえるとさ
聞きたくないことが
きこえてしまう

見えなければ
聞こえなければ
知ることもない現実

いつだって
悲しんだり
落ち込むことなど
ないんだよ

キミも
そうなりたいだろう?
一度なってごらんよ

そうしてさ
感じてみるんだよ

何が見えた?
何が聞こえた?

悲しくても
落ち込んでも
見える目と
聞こえる耳に
戻してくださいって
祈るんじゃないかい?


2010.12.25 まほ







[PR]
by mahorou | 2010-12-27 00:01 | 2010年・詩 | Trackback

さなぎ

「さなぎ」

あなたは言うわ
やさしくなりたいって
自分にも人にも

だいじょうぶ
なれるわよぅ

だから
現実と向き合い
もっと
苦しんで

今は「蝶」になる前の
「さなぎ」だもん

なんでも
結果はすぐには
みえないの


2010.12.16




[PR]
by mahorou | 2010-12-20 00:00 | 2010年・詩 | Trackback

それも方便

「それも方便」

能天気なワタシが
シュンとなる

疲れてたはずのアナタが
元気になる

まるで
オセロのように
クルリと

まっ いいか
アナタが元気になるのなら
叱られても
悪くはないわ


2010.08.28




[PR]
by mahorou | 2010-12-13 00:00 | 2010年・詩 | Trackback

自由ゆえに

「自由ゆえに」

人間って
勘違いしだすのよ
傲慢になるとね

悲しいけれど
悲しいけれど
これは事実なの

自分は
間違ってないと
正義を
振りかざすようになる

そうしてね

人さまの声なんて
聴こえなくなるの

ちゃんと 
ちゃんと
聴こえる耳が
あるというのに・・・


2010.12.04




[PR]
by mahorou | 2010-12-06 00:00 | 2010年・詩 | Trackback