本日2記事目です。
記事が自分でも探せなくなったので、
病後まる10年から19年の思いです。(2009-2018)
お時間ある方は見てください。




a0125751_10282601.gif

[PR]
by mahorou | 2018-10-26 20:53 | まほの10月20日

2018年10月22日月曜日まほ62歳と332日目

あなたが住んでる街の今日の空色 どんな色
今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


10月20日で病後まる19年。
43歳と62歳は大違い。
本当にいろいろありました。
絶望もしました。。。
でも、絶望したから希望が持てました。
「ぜつぼう」の点々をとって「せつぼう」、
それが「きぼう」にかわりました。。。





胃腸風邪なのか、おなかの調子が悪く、コメント欄閉じますね。
18日に予防接種したので軽く済みますように。みなさんも風邪に気を付けてくださいね。



a0125751_20031227.jpg

[PR]
by mahorou | 2018-10-22 00:00 | まほの10月20日

2017年10月20日金曜日/まほ61歳と330日目

今日はいい日だ
頑張ってくれててありがとう
無理をしない勇気を使ってくれててありがとう


「あとではいけないの」


しりたいことが
いっぱいある

ききたいことも
いっぱいある

でも でも
そのまえに
つたえたい

いきている
いましか
できないもん


2011.03.06


たった一度の人生。
10年後がある保証はない。
思い立ったが吉日。
退職したら、旅行や趣味の世界へと、
先延ばししていた「まほ」は
今しかないんだと気が付いた。
「ありがとう」をお世話になった人に
ちゃんと元気なうちに伝えたい。(2011.03.04)






[PR]
by mahorou | 2017-10-20 00:00 | まほの10月20日

※お詫び
まほファミリーのみなさん、おはようございます。
0時の予約投稿に失敗。
今、公開に切り替えました。
寝ずにいてくれた方、ごめんなさいね。。。



ご協力くださいませんか  詳しくは下記18日の訂正記事を


今日はいい日だ
がんばってくれてて「ありがとう」


10月20日木曜日、今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
どうぞ、素敵な日をお過ごしくださいね。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。
お誕生日リスト あと12日で埋まります。
ご協力くだされば嬉しいです。



「勇気をくれたことば」

たくさんの後遺症が出たけれど
いのちと引き換えだから
不幸中の幸いと
思わないといけないよ

大きくうなずき
そのあとの言葉を
しずかに聴いていた

大病をしたから
これから
いろんな病気がでてくる
可能性は高い
またその逆で
何も起こらないかもしれない

たとえばね
交通事故が多いからと
外に出なければ「ケガ」はしない

ケレドモ
外での楽しみは味わえないよ
わかるよね?
こうやさしく話してくださった

これらの言葉が
どれほど
私を勇気付けてくれたか
はかりしれない

私に出来ることを
楽しんでやっていきます
その節は
ありがとうございました
どうか どうか お元気で


2007.04.11

3人目の主治医の先生からいただいた言葉。
この詩のような気持ちになって早9年…
情けなさは消えないけれど、
「楽しもう」という心は持ち続けているかな。



悪い可能性であっても、それが
100%確実に起こると思い込まずに、
そういう可能性ももしかしたら
30%ほどは起こるかもしれない、
というようにパーセンテージで
考えるよう習慣づけると、
決めつけによる
二分割思考から逃れられる。
(「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい、和田秀樹)



最後まで読んでくださって
ありがとうございました


[PR]
by mahorou | 2016-10-20 05:30 | まほの10月20日 | Comments(5)

10月20日火曜日、お誕生日の方おめでとうございます。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。
お誕生日リスト あと15日で埋まります。
ご協力くだされば嬉しいです。


「六文字だけど・・・」

晴れの日も
雨の日も
毎朝
空を見上げてる

そう
あなたと
おしゃべりするの

どう思う?
どうしたらいい?

あなたは
いっつもこういうの
「だいじょうぶ」って

そんなすぐに言わないでよぅ

でもでも許してあげる
あなたが言ったとおりに
なってるからね

「ありがとう」


2013.06.27


だから-人生の転機なんて、
どこにあるのかわからない。
がっかりすることなんてない、
人はいつからだって変われるし、
未来に何が待ち受けているか、
いつだってわくわくしていいのだ。
何歳になっても、どんな一日だって、
冒険の始まりなのだ。
(掟上今日子の推薦文、西尾維新)

1999年10月20日、まほが発病した時です。
今日で16年たったわけです。
生存確率2割、たとえ命が助かっても廃人か植物人間に。
だから、本当にありがたい奇跡でした。

今日はリハビリなので、この記事のみです。
夕方ご返事させてくださいね。


自分に「無理なく」できることをさせていただきます。
クリック募金・栄養食  
まほの目標は5000万円達成すること。
1日7000人がクリックなら2年、その倍の人が募金したら
1年で達成できます。
ひとりで年365円ですから。ブログを開いたらクリックよろしくです。


最後まで読んでくださってありがとうございました



[PR]
by mahorou | 2015-10-20 00:00 | まほの10月20日 | Trackback | Comments(16)

10月20日、お誕生日の方おめでとうございます。
あなたさまのお幸せを心から祈っています。
お誕生日リスト あと23日で埋まります。
ご協力くだされば嬉しいです。


「新製品」(29番)

手足が不自由で
耳がすこしとおくなっただけで
私自身であることに
なんらかわりはない

中身がよくなって
パッケージがすこしだけ
かわって売り出された
新製品とでも言うべきでしょうか



毎日やって来る、
こんな平凡な瞬間なんて、
絶対に記憶に残らないなあ...。
辛いこと、哀しいことを忘れられるから、
人間は生きていける。
水に流す-というように、
心の刺も時に流せるんだ。
今の自分を消すから、次の自分が生まれる。
そういうものだ。
(リセット、北村薫)

書くことばかりを
「創作」だと考えてはいけません。
本は書かれて、半分でき上がる。
残りの半分は、あなたが
読むことによって完成するのです。
(書かずにはいられない、北村薫)


いつも読んでくださって、ありがとうございます。
みなさんが感じるまま受け取ってください。
それが、「いま」のあなたですから。。。






[PR]
by mahorou | 2014-10-20 14:30 | まほの10月20日 | Trackback | Comments(4)

まほファミリーのみなさん、おはようございます。
また金曜日まで仲良くしてください。
まほの言う「なかよく」は共に幸せになりましょうということです。
暖かな目でまほ(アネキ)&まほっち(いもうと)とお付き合いください。


「永遠(とわ)に」

どこかで
落ち込んだ言葉

「その人が存在するうちは
伝えたい想いは
伝わらないもの」

そんなの そんなの
そんなこと そんなこと
あるもんか!

生きていられるからこそ
伝えたいんだ
生きていられるからこそ
伝えられるんだ

ひとりの人に
伝わって
また別の人に
伝わっていく

そうやって
想いは深まって
引き継がれていくのさ

安心した・・・

あなたという
後継者を
見つけられたから


2010.06.20

人間には二つのタイプがある。

ひとのことを応援できる奴と、
できない奴の二種類です。
ひとのことを応援できない奴は、
ひとからも応援してもらえない。
(あすなろ三三七拍子、重松清)

この世にな、
人を応援することで、
主役になれることだってあるんだ。
(チア男子!!、朝井 リョウ)

生きてるひとをすくうのは、
すくえるのは、どうやったって
生きてるにんげんでしか、ないんだ...。
だいじな人がいるなら
生きていなければならないんだな。
(愛の夢とか、川上未映子)





[PR]
by mahorou | 2013-10-21 06:41 | まほの10月20日 | Trackback

不当な非難は、
しばしば偽装された賛辞であることを
忘れてはならない。
死んだ犬を蹴飛ばすものはいない。
(道は開ける、D・カーネギー)


もっとも
前向きなだけの人間
なんていないし、
後ろ向きなだけの人間
もいない。
誰だって、時に前を見ながら、
時に後ろを振り返りながら、
もちろん左右や上下を
確認しながら生きている。
(花物語、西尾維新)


自由でいられるということは
素晴らしいことだ。
悪いことではなかろう。
だが、自由というのは思いの外、
尻の据わりの悪いものなのである。
縛るものがない。舫い網も錨もない。
糸の切れた凧のようなものだ。
何とも儚げな、心細いものだ。
だから人は、自由自由と
題目のように叫び乍らも
不自由でいることに
甘んじているのだろう。
不自由でいなければ
自由の素晴らしさが解らないからだ。
自由になると、途端に
何だか怖くなってしまうのである。
(オジいサン、京極夏彦)


これらのことばを覚えておきたい。
まほっちのこころを励ましてくれそう。。。
みなさんも、落ち込んだ時、
元気になれる言葉をぜひ見つけておいてくださいね。





[PR]
by mahorou | 2012-10-21 17:00 | まほの10月20日 | Trackback

みなさん、おはようございます。
今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
10月20日・・・10・20とテンポも佳い日です。
お元気でいらっしゃいますか。
この日が来るたび、わたしは生かされたことに感謝します。
あなた様のおしあわせを祈っています。


たいていのものごとは、
人がイメージしたいような
「右肩上がり」では進まない。
うまく行く場合にしても、
階段のような感じになるもんだ。
ある程度は「右肩上がり」の斜面として進んで、
「停滞」という伸びない時期にさしかかる。
「スランプ」とかいわれるのも、こういうときだ。
[2011.10.16]
(ほぼ日、糸井重里)



誰もが、ご経験あるのじゃないでしょうか。
常に右肩上がりなんて不可能です。
すごろくのように「やすむ」「もどり」があるのが
人生じゃないでしょうか。


この、「やすむ」にあたるのが「停滞」で、
停滞が持続すると「スランプ」とよばれ、
下降線をイメージする気がします。


ボクらの時代に宇津井健さんが出てらして、
今の若者をどう思うかという答えが、
「短距離走」。


お若い人は
100・400メートルをゴールと考えているように思う。
ボクらはマラソン(42キロ)だと思っているから、
今がダメでも、きっといつかって思ってがんばっている・・・
と言うようなことを話されていました。
耳から声が入るのではなく、字幕を必死で読むので、
言葉は違うと思います。
(あくまで、自分が心にとめた表現です)
さっと文字が書けたらメモを取るんですが、
パソコン入力では、字幕が読めません。
そこが残念です。(あしからず)



なるほど、人生の大先輩(80歳)は
いいことをおっしゃってくださる。
まほのリハビリもあせって良い結果を
すぐに期待するのではなく、
根気強くコツコツ継続していくことだと。
短絡的に良いか悪いかの結論を
出さなくってもいいんだなぁって、
安心できましたよ。ありがとうございました。



「みるみる成長していく」だとか、
「あれよあれよという間に大きくなる」だとか、
ことばでは、よく言うものだけれど、
勉強の成果にしたって、企業の規模にしたって、
「みるみる」というわけにはいかないだろう。
しつこく、同じようなことを言ってみたけれど、
見ていたら「見える」ほどの変化というものは、
なかなかあるものじゃないということが言いたいだけだ。
ちっとも変化してないように見えても、
実は、日々「ちょっと」が加算されているものだ。
ものごとは、螺旋(らせん)状に同じ場所に戻っては、
少しだけ高さが上がっていく。
だいたいのことは、そうやって変わっていく。
[2011.9.11]
(ほぼ日、糸井重里)





[PR]
by mahorou | 2011-10-20 08:06 | まほの10月20日 | Trackback | Comments(4)

今日は10月20日、水曜日。
お天気はくもりです。
昨日はリハビリ後、すごく疲れました。
ああ~、これは無理したらいけないと思いました。
小心者なんで、いろんな思いが
交差したんだと思います。

今日は発病から丸11年。
まほの11歳の誕生日でもあります。
この誕生日、2回で終わらず4回目まであります。
3回目は1999(平成11年)年11月1日の手術日。
4回目は2000(平成12)年1月7日の
68日ぶりに目覚めた日です。
だから4回もお誕生日のケーキが食べられます。

そもそも2年前に糖尿病になったので、
普段はケーキやおまんじゅう、アイスクリームは、
禁食となっています。
それだけに4回もあるというのは、
血糖値が高くてもオッケーな、
言い訳になってくれるんです。

今日がお誕生日の方、
おめでとうございます。
今日は皇后さま、76歳のお誕生日でもある
とっても佳き日です。
どうぞ素敵な日をお過ごしください。

みなさん、心が苦しい時って、
人さまと接しての反応、または言われた言葉
に対してではないでしょうか?

出来事が感情を創るのではなく、
出来事の解釈が感情を創り出す
(小田真嘉さんのツイッターより)


そうして、
われわれが、落ち込んだりする多くは、
思いもよらない言葉を聞いた時ではないでしょうか。

わたしたちはよく、
あの人の言葉に傷ついたといいますね。
でも言った本人は傷つけるつもりで
発していないんですね。
・・・と、いうことは、わたしたちも、
知らぬ間に人を傷つけている場合があると、
こころすべきなんですよぅ。

とかく、人間は誰でも
自分が可愛いですから、
自分が傷ついたときに、
悲しんだり怒ったりしますね。

まほは、その時のご自分の気持ちを
大事にしてほしいのです。
大事にするというのは、人さまに同じ悲しい思いを
させないためなんです。

思いやるっていうのは、
人さまの気持ちを想像し、
推し測ることだと思うんですね。

絶対にいるんだよ。
この世界のどこかにものすごく気の合う友達が。
いっしょにいて楽しくて、腹立たしくて、幸せな友達が。
絶対にいる。それだけは確信している。
なぜ言いきれるんだよって、って言われても、
理由は説明できないけれど、この世界には
自分の魂と同じ波長をもっている人が確かに存在するんだ。
そういう人と出会うとほんとうにほっとするんだよ。
(鳥はみずからの力だけでは飛べない、田口ランディ)

人さまの気持ちになるには、
体験するというのが、一番いいのですが、
転んだり、辛いカレーを味わうことはたやすくても、
重い病気になどなれません。

また、病気にわざわざなってもらったら困るんです。
みなさんには元気でいてもらって、
弱い人や、困っている人を助けていただきたいんです。

そのためには、病気を体験した「まほ」が、
病気から学んだこと、感じた思いを
ここで伝えさせていただきますからね。(やくそく)

ご存知でしょうか。
ひとりの人が別の3人に
「恩送り」をしていくと、
21日目には100億人を超えるんです。
世界の人口をカバーできちゃうんです。

お金も何にも要りません。
あなたの「ありがとう」の一言が
周囲をしあわせにします。

今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。
(病後11年、生かされていることを感謝して)


悲しみは忘れられません。
時間とともに、傷跡が薄くなるだけです。
大事な人のこと、大事なもの、大事なことは
忘れたらアカンのです。
ちゃんと心の中で生き続けるんですね。









[PR]
by mahorou | 2010-10-20 14:52 | まほの10月20日 | Trackback