<   2010年 09月 ( 68 )   > この月の画像一覧

世間の常識は・・・

まほの非常識。

世間の常識で生きるにはつらいものがあります。

トイレのことで、むかし要望を言ったら、
まほさんだけのトイレじゃないからとヘルパーの女性。

そりゃそうだ。
まほのために地球は回っていないからね。

世間で駄目と思われていること。
弱い人。出来ない人。手が遅い人。頭が悪い人。
人を憎むこと・うらむこと・悩むこと・許せないこと。

これら、すべて、まほは「まる」。
ばってんじゃないよぅ。
まほがしあわせだと感じるには、
すべて、「まる」という生き方。

だって、駄目と自分の感情を
否定するから苦しいんじゃないですか。
あなたの味方は世間じゃないですよ。
あなた自身が味方なんです。。。




[PR]
by mahorou | 2010-09-30 10:32 | 2010年のつぶやき | Trackback

今日は9月30日、木曜日。
お天気は小雨です。
秋って感じですね。
お天気が悪いと部屋が暗く感じますね。

今日お誕生日の方、
おめでとうございます。
930・・・うしろから読むと、
オッケー、サンキューです。
素敵な日をお過ごしくださいね。

今日は何についておしゃべりしましょうか?
そうだ、だれもが悩みますね。
50代のまほの想いについて
お付き合いくださいな。

歳を重ねても悩みます。
たぶん、たぶんですよ。
生きている限り、
人は悩むものだと思うんです。

その証拠に
一度も悩んだことがない
大人なんているのでしょうか。
一度も悲しい思いをしたことがない
大人なんているのでしょうか。
一度も悔しい思いをしたことがない
大人なんているのでしょうか。

きっと、いないと思うんですよ。
けれど、いま「まほ」と
出会っていただけたのは
生きておられるからですよね。

死にたくなるぐらいの時を乗り越えて、
こうして生きていてくださるのですね。
ありがとうございます。

さなかは、とても苦しくてつらいです。
まほは40代でも
耐えがたい時がありましたから、
まほよりずっとお若いあなたが
悩んだり、苦しんで、当然なんです。

今、とってもつらいですね。
でも、もっとつらい時期を乗り越えて、
いまのあなたがいるんです。

思い起こしてください。
今まで悩んだことなどなかったですか。
1年前・3年前・5年前はどうでしたか。

わたしは、きっと昔のほうが
悩みはおっきかったと思うんですね。
でも、それを乗り越えたから、
あなたは強くなったんです。

遠くの景色って、小さいじゃないですか。
その場所に近づかないと大きく見えないでしょ。

人間の悩みって、
今現在が一番大きいのです。
実際、悩みの大きさは
過去のほうがでっかいですが、
現在という距離の関係で
大きく見えちゃうんです。

あり・・・
小さいからわたしたちは怖くありません。
でも、このありが赤ちゃんぐらいだったら、
怖いですやん。
夏場に外を歩けません。

これがですね。
ちょっと離れた先からみると、悩みって、
怖くなくなるんですよ。

まほは50代と歳を重ねられたので、
少しは落ち着いて見られるんですよ。
これは絶対、歳を重ねれらた特権ですよぅ。

生きていたら人は悩むもの。
そうして、悩みの多くは
他人の批判が関係していること。
正しいとか正しくないとかじゃなく、
自分が一生懸命やったならそれでオッケーと
思うようにしたんですよ。
だって、人に振り回された
人生なんて嫌ですもん。

それと、悩んだり、考えたりは、
自分を磨く修行の場と思っているんです。
わたしはワタシ・・・っていう自信がついてきたのも、
悩んだり、傷つくことを体験したからです。
それも、もっと言うなら、病気になったことが、
わたしに真のしあわせに気づかせてくれたかな?

ひとりで悩みを抱え込まないで、
心許せる人に相談してね。
相談された方は、きっとあなたのために、
一生懸命考えてくれますよぅ。

お昼から、一週間ぶりのリハビリです。
お留守番をよろしくお願いします。
ただいまの歩行器累計距離は80900メートル。
目標まで35キロを切りました。

今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。
あなたにとって佳き日でありますように。


生きている限り・・・人間は悩みます。
悩みがないようにみえる人は悩みを抱え込まず、
上手に流している、人生の達人だと思います。
達人の域に達するには、多く悩んだ体験あればこそ、
だから、あなたは達人になる一歩手前です。まほ



[PR]
by mahorou | 2010-09-30 09:07 | 2010年のつぶやき | Trackback

洗濯ジャブジャブ

「洗濯ジャブジャブ」

今日はいい天気
お洗濯 お洗濯~

ちょっと ちょっと待った
センタク ハ センタク デモ
こっちの「せんたく」

人生は
選択の連続さ

捨てる(うしなう)と拾う(える)
この両方がある

何かを
手に入れようとしたら
てのひらは
ひらけておかねばならない

ワタシの場合は
どうだろう

歩けないことへの
こだわりは
「捨てた」
歩けるようになりたいという
意欲は
「拾った」

「選ぶ」という漢字には
「己」という字が
ふたつ ついている

失う「己」と
得る「己」?

もうだめという弱気な「己」と
まだまだという強気の「己」?

どっちにしても
ふたつがあって
初めて
「選べる」わけだよね

そうしたら
しあわせになれる方を
選ぼうよ

あっ 
お洗濯 お洗濯~


2007.05.22





[PR]
by mahorou | 2010-09-30 00:03 | 再掲詩 | Trackback

「自然体でいいんじゃないの?」

悩める若者は
こう尋ねる
「なぜ人は生きるのか」と

ワタシなんか
50代になっても
深く考えたことがない
それなのに
それなのに
10代の若者はなぜ考える?

歩行器で歩くリハビリ中
しんどいなかで考えた
しんどい状況に追いつめれば
答えが浮かびそうな気がした

あっ こういうことかも?

ワタシは立てないから
どうやればいいのか考える
しんどさの中では
できやすくする方法を
考えるとき
掘り下げて
「なぜ」と疑問符を持つ

だって
みなさんはさっと立てるから
どうやって立ち上がろうなんて
思わないでしょ

どうやって歩こうとか
どうやって呼吸しようなんて
考えないで自然でしょ

「人はなぜ生きるのか」なんて
生きていたらおのずと答えは
でるんだもの
そのためにも生きてみようよ!

幸せになるために
生まれてきたんだもの
ゆっくり楽しみを
見つけていこうよ!


2007.10.7




[PR]
by mahorou | 2010-09-30 00:02 | 再掲詩 | Trackback

フリをする

「フリをする」

にんげんって
愛する人を
心配させない
フリをするんですね

そんなとき
人間は
名優になれるのかも
しれません

お笑い番組を見て
わらって わらって
自分の心を隠す

ひとりになったとき
見破られなかったと
胸をなでおろす

人の心が
やさしくなれないのは
自分ひとりぐらい
無関心でもと
みんなが みんなが
おんなじように
思っているからじゃないだろうか

文明が進んだ国ほど
思いやりの心が
すくないというのなら
生活のゆたかさだけでは
しあわせにはなれないんだ

ゆたかさが
やさしさを奪うというのなら
そんな
まずしいゆたかさは
ごめんだね

2009.05.17




[PR]
by mahorou | 2010-09-30 00:01 | 再掲詩 | Trackback

9月生まれおめでとう

a0125751_2022964.gif
9月生まれのみなさん、お誕生日おめでとう。

1・2・3・4・6・7・8・9・10・11
14・15・18・19・20・21・23・26・27・30


カレンダーを出逢えたみなさんの誕生日で埋める夢に挑戦中。
非公開コメントで教えていいよと言う人はご連絡を。
9月は上記以外は埋まっておりません。


9日追加。ご協力感謝です。(2010.09.09)


30日中・・・20日(あと10日)
[PR]
by mahorou | 2010-09-30 00:00 | ゆめ・お誕生日リスト | Comments(2)

今日は9月29日、水曜日。
お天気は晴れ。
今日は一週間の中で
最も好きな曜日です。
水のように自然と流れていきます。
心によどみがなくなるというか、
有っても「流せそう」な水曜日。

今日はお誕生日の方が、
いらっしゃいませんが、
29日は「福」と読み佳き日。
素敵な日をお過ごしくださいね。

出会ったばかりのみなさんは、まほって
なんと能天気なおばさんかとお思いでしょう?

ブログですから、自分の体に障害があることや、
耳がほとんど聴こえないことは、
まほが伝えなくても、何ら支障はありません。
でも、わたしは、自分の気持ちを
人間の感情として、偽らないで書きたいんです。

もともと、家族に残すものとして、
ブログを始めましたからね。

大病し、奇跡的に命が助かったというものの、
絶望し、一年近く、くさっていました。
それはそれは一日が長く、
いつになったら涙は涸れるのかと
反省と後悔の繰り返しでした。

超健康体で、徹夜もオッケー。
お酒もたばこもしない、若いわたしが
まるっと逆の体になったのですからね。

突然、受け入れられるはずなんて、
ないじゃないですか?
信じたくないじゃないですか?

でもね。
「人間」ってあったかいですね。
「時間」ってありがたいですね。
くさっていた自分を
こんなにも変えてくれたんですからね。

思いっきり悲しんだおかげで、
わたしは病気になったことを
受け入れられました。

それは「いつまでくよくよしているんだ」という
人さまのことばではありませんでした。
自分のこころが、このままじゃ終われないと
思ったんです。(人生のオマケ)

ほんの小さなきっかけが
私に意欲をくれました。
いのちが助かったとき、
もう何にも要らないと思ったのに、
これがしたい、あれもしたいという
気持ちになっていましたよ。
(なくてはならないもの)

わたしはね。
しあわせに生きたいんです。
そうして、自分が生きているうちに、
家族やみんなをしあわせにしたいんです。
しあわせには、たとえできなくても、
今よりふしあわせにしたくないんです。

だから、もうダメって思わんことにしたんです。
人間って、出来る人や成功した人に対し、
「あの人は才能があるから」って言います。

「才能がある」だけでは
成功しないことだってあります。
いっくらきれいな花の種をまいても、
毎日の水やりや世話を怠れば
枯れてしまいますね。

もう限界とあきらめるんじゃなく、
生きている限り、
努力し続けることじゃないでしょうか?

今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。
みなさんも佳き日で。


明るく元気に あいうえお
体に気をつけ かきくけこ
さらなる努力 さしすせそ
楽しくやろう たちつてと
涙こらえて なにぬねの
ハッスルハッスル はひふへほ
まじめにリハビリ まみむめも
やれば出来るさ やいゆえよ
来年きっと らりるれろ
笑って見せよう わいうえを

(2003年入院中に作った歌)








[PR]
by mahorou | 2010-09-29 09:14 | 2010年のつぶやき | Trackback

自信をあげる

「自信をあげる」

生きているうちに
なにができるかなって思う
なんだろう?

わたしの体験が
みんなの役に立ち
子育ての
反省も含め
わたしにできること

あなたは
あなたで
いいんだよって
言い続けること

つまり
自信をあげること
ちがう?
そういうことだよね?

そうだ そうだ ソノトオリと
うなずいた人
だったら
わたしに
まかせてくださいな

いっしょに
楽しんで
生きませんか


2008.01.26



(死なないよぅ 長生きしたいもん)



なんでもできるわけじゃないと思う。
誰のためにでも生きられるわけじゃないと思う。
でも、自分のできることを、
もし近くにいる人に分けてあげられるなら、
それは幸せだ。

(夏が僕を抱く、豊島ミホ)




[PR]
by mahorou | 2010-09-29 00:00 | 再掲詩 | Trackback

ゴールはあなたの心に

「ゴールはあなたの心に」

あせらないで
あせらないで
この言葉を
アナタに贈るわ

あせらないで
あせらないで
この言葉を
アナタに返すわ

「のし」がついて
ワタシの手元に
戻ってきた

そうだよね
そうだよね

言うのは簡単
実行しなきゃ
みんな
信用しないよね

お金はいらない
名誉もいらない

だって だって
お金より
大事なもの
持っているもん

だって だって
名誉より
大事なこと
知ってるもん

ワタシと
出逢った人が
ひとり残らず
しあわせになるよう
祈っています

あせらずに
あせらずに


2008.04.17





[PR]
by mahorou | 2010-09-29 00:00 | 再掲詩 | Trackback

今日は9月28日、火曜日。
お天気はくもり
下り坂のようです。
先生の都合でリハビリが休み。
だから、ゆっくりできます。

今日はお誕生日の方が、
いらっしゃいませんが、
28日は「8・18」と同様、
無限大の可能性のある佳き日。
素敵な日をお過ごしくださいね。

入院中に、すごく元気が出た言葉について
おしゃべりしますね。

それは、わたしが勇気を持って伝えたことが、
無駄に終わってしまった事なのです。

リハビリの時、たぶん落ち込んでいたのでしょう。
自分から「ショックで」と言ったかもしれませんが・・・。

「信念を持ってやったなら他人の批判に落ち込むな」
と、先生が、リハビリ室でおっしゃたんです。

その途端、わたしの心に電流が流れたように、
こころは元気になったんです。

その当時、先生は今のまほより
若干若かったんです。
リハビリが好きなのも、
この先生が好きだからです。

リハビリ自体しんどいです。
あんなのがリハビリかと
想像されている方も多いですが、
リハビリにも、いろいろあります。

機能回復を真剣に目指している人と、
そうでない人の違いは歴然。
もう自分の意思次第なんです。
先生方はその人の気持ちを尊重し、
意欲が出るまでせかしません。

これは、子どもに対し、
親が「勉強せい」と口やかましく言おうと、
本人にその気がなくちゃだめですね。
それと一緒なんです。

人の心って変わるんですよ。
必死でリハビリしている人を見ると、
自分も頑張ろうって気にもなります。

そうすると、先生にも、愛がこもるんですよぅ。
わたしは先生のためにも
頑張りたいと思っています。
そんなわたしに対し、
「まほの言うことならなんでも聴くよ」と
リハビリの先生。(泣かせるねぇ)

良き出会いは、人を成長させてくれますね。
あなた方はまほよりずっとお若い。
いつからだって、いいように変われますよ。
だからご自分の可能性を見限らないで・・・ね。

今日も最後まで読んでくださって、
あなたの貴重なお時間をいただいて、
ありがとうございました。
みなさんも佳き日で。










[PR]
by mahorou | 2010-09-28 09:16 | 2010年のつぶやき | Trackback