<   2013年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「眠るまえに」

「今日もありがとうございました」と
おやすみなさいの
代わりに
言って眠る

それは 万が一
明日の朝
わたしが
目覚めなかったとしても
自分の心を
安心させる言葉だから

そうして
もうひとつある

感謝の気持ちは
もちろんだけど
あなたの悲しみを
ほんのちょっとだけ
ほんのちょっとだけ
少なくしたいから


2010.02.18

失敗を成功に変える喜び。
それは、失敗した人間だけに与えられる、
神様からの贈り物。
まさにピンチは最大のチャンスなのである。
(三谷幸喜のありふれた生活9 さらば友よ、三谷幸喜)

安心は人を愚かにし、
不安は人を賢くする。
(清須会議、三谷幸喜)

今があるから・・・



[PR]
by mahorou | 2013-07-31 05:50 | 2013年のつぶやき | Trackback

「あなたにあげる」

わたしはね
わたしはね

お会いしたこともない

あなただけど
あなただけど

応援したいんです

この場所から
あなたに贈れるものは
きぼうかな

わたしも
人さまから
もらったの

だから
こんどは
あなたに贈りたいんです


2008.01.19


心が解けていく。
いつもは、一人きりで
がんばっているような気がしているが、
仲間がいる安らぎは何ものにも代えがたい。
(空しか、見えない、谷村志穂)

あんたは、自分の、情緒を、信じてみなさい。
勘とか、感覚とか、
そういう曖昧なものではなく、
自分ならこんなとき哀しいだろうとか、
寂しいだろうとか、そういう気持ちのことや。
(レッスンズ、谷村志穂)

あなたのままで



[PR]
by mahorou | 2013-07-30 06:31 | 2013年のつぶやき | Trackback

「みんなみんな」(54番)

みんな みんな
がんばっている
わたしも わたしも
がんばって
ガンバッテ
頑張っている

自分にとって大切なものであればあるほど、
それを守ろうとする。
知らず知らずのうちに、
どこかで保険を掛けている。
前に進むために、逃げ道を用意しておく。
言葉や行動に表さなくても、気持ちの上だけでも、
空気穴を開けておく。
人間とはそういうものなのではないか。
(夏から夏へ、佐藤多佳子)


生きていられるかぎり
できないこと以外はできる・・・そう思ってる。
きっとうまくいくわ。
その途中だから苦しいの。。。






[PR]
by mahorou | 2013-07-29 15:44 | 2013年のつぶやき | Trackback

今日は昼寝をし、6時まで寝ていました。
夜だと勘違いするほど寝ていました。
明日はメンテナンスとのことですね。(プロフィール10-11時)
一日はやいですが、今夜先日付で投稿しちゃいますね。


「ありのままに」(60番)

文字が書けない分
その思いを詩に綴(つづ)ろう
入院時 唯一の楽しみになって
そのときの気持ちをしたためた
素直に飾らずありのままに

これがいまとても大事な宝物
いま3年前の詩を書こうとしても書けない
私の心は成長したから
だから今しか書けない詩を
書き留めておきたい


わたしは、ひとつの物語である。
誰もが一冊の本であるように。
しかし、その本が落丁だったら、
誰に取り替えてもらえばいいのか。
交換不可能なら、道は二つだけ。
本を投げ捨てるか、読み進むか、だ。
ただ一冊の本は捨てられない。
となれば、つじつまが合わなかろうと
ページをめくるしかないではないか。
(スキップ、北村薫)


(2009年のコメント返しの一部です)
わたしは、神さまにどうして、選ばれたのか
聞いたことがあります。
もっと我慢強い努力家を選ぶべきじゃないですか。

そうしたら、まほだからいいのだと。
足が速いものが1等賞になるのは当然。
いつも、ビリのものが1等賞取ったらどうよ…
とおっしゃるのです。

そこで、まほが選ばれた理由が納得できました。
まほでもできた。
そういうことは、わたしだって、僕だって「やればできる」と。

要は強く願い、あきらめなければ、春はくるんだと。
みなさんにわかってもらえるからでした。

ああ~、こんな私にも、できる事をちゃんと下さった。
わたしは手足の筋肉は失ったけれど、
ちゃんとそれ以上のものを与えてくださっていたと、
心より感謝です。

神さまは、本当に人をよく見ておられる。
べっぴんさんは無理でも、心が美しい、
アタマはよくなくてもこころが賢い人間になれ…
そうおっしゃっていただけたような気がします。



[PR]
by mahorou | 2013-07-29 00:00 | 2013年のつぶやき | Trackback | Comments(4)

そろそろお疲れがたまってきていませんか。
日本人は特にまじめで、
なかなか休むということが下手に思います。

こういうわたしも、
健康体の時、休むことをせず、何か動いていました。
・・・が、大病し、嫌と言うほど、ベッドに寝ており、
体の疲れはとれました。
でも、心はどんよりとした雲が漂い、晴れませんでした。

今だから思えるんですが、
この苦悩した時間があったからこそ、
自分を大事にできるし、
周囲の人に無理をしない勇気が伝えられるんだと。。。

疲れは早めにとり、ためないこと。
つまり「無理をしない勇気」を持ってくださいますか。

-----------

これは2009年の記事のコピーです。
ウンウン・・・と頷くまほっちです。
わたしの失敗を真似ないでくださいね。。。

体験者たちを見ていると、
人間は体験を消化吸収し、
言葉にして排泄しているのだと思えます。
体験された瞬間から
それは人間的認識に取り込まれ、
人に語られるのは言葉による「説明」であって、
そこには体験そのものの衝撃は
もはや消えているのです。
(アルカナシカ、田口ランディ)

あいうえお

ではまた来週仲良くしてください。
佳き週末を。



[PR]
by mahorou | 2013-07-27 13:13 | 2013年のつぶやき | Trackback

「無形文化財」(42番)

こどもたちに
おかねを残して
あげることはできない

だから 今の私の
がんばりを
無形文化財として
残したい


我々は軽はずみに「共生」という言葉を使うが、
本当にその意識と責任を持てているだろうか。
少なくともエネルギー問題については、そうは思えない。
便利に替えられるものはない。
地球温暖化は話題にはなるが、
それは我々の生活に直結しないきれごとで終わっている。
プリウスを買えば、それでおしまいかね?
ヨーロッパ人は、長い民族抗争の歴史の果てに
日米よりも早く成熟社会を迎えた。
その結果、彼らは競い合うことではなく、
自分たちが果たすべき責任をより明確にして
生きることを自らに課した気がする。
ドイツが環境問題にいち早く取り組んだのは、
何もいい格好したいからではない。
彼らの価値観からすれば、
当たり前のことをしただけなんじゃないかね。
では翻って、この国はどうか。
大枚をドブに捨ててでも、子孫のため、
地球のために便利さに背を向ける選択をする
勇気を持つ人間がどれぐらいいるのか。
それは、残念なほど少ないんじゃないだろうか...
(マグマ、真山仁)


あなたは未来の人に何を残したいですか。
戦争が始まってから、
こんなつもりじゃなかった・・・
という後悔だけはしたくありません。。。



※トップページのコメント欄が長いので、
記事のコメント欄がクローズの際は、
あしあと帳にコメント下さいね。



[PR]
by mahorou | 2013-07-27 07:43 | 2013年のつぶやき | Trackback

(過去記事2010)

どうして自分の弱さを出せるかと言いますと、
まず一番に言えることは「弱い」ということを
「駄目」とは思っていないこと。
もっと言うなら
出来ないことは駄目なことじゃないと、
自信があるからです。

強い人ばっかりの世界は、
やさしさなんてないですよ。
だって、そうでしょう?
手を差し伸べることなどいらないんですから。
ひとりでできないから、出来る人が助けられます。
勝負も戦う相手がいなければ、
「勝ち」を経験できません。

自由のありがたさは、不自由を経験し気付きます。
健康のありがたさも、病気になり気づきます。
比較対象がなくては、
われわれは成長することはできませんよね。
ただ人と比較して、自分を卑下する方向なら、
それはとても、もったいないです。

わたしは今、弱くてもいいと思っています。
まほは「やさしさ8割、強さ2割」が理想なんです。
どんな自分になりたいかの目標なんですよぅ。

「強さ2割」は、人に勝つ強さではありません。
自分自身に負けないという意味での強さです。
「やさしさ8割」はもちろん、自分に対してです。
人さまにではありません。(自己愛)

・・・しかし、この10年で思いますのは
自分にやさしくなれば、なるほど、
人さまにもやさしくなれているようです。
これが病気の、「福」作用・・・かなって。


うまくいかないことが
たくさんあるのが人生。
でも、そのうまくいかないと
思っていることが、
もっと長い目で見たその先で、
今感じる損よりも大きな益を
もたらしてくれることも多い。
(ロングテール)


弱いことってそんなにだめですか。
できないことはだめですか。
ではどうして・・・
弱くて出来ないことだらけの「あかちゃん」は
みんなから愛され、わたしたちを笑顔にするのでしょう。。。

弱くてもいい




[PR]
by mahorou | 2013-07-26 06:09 | 2013年のつぶやき | Trackback

「あぶりだし」

アナタの涙で
「つらいんだね」と
書いた

アナタの涙で
「こらえてね」と
書いた

アナタの涙で
「あせらないでね」と
書いた

アナタの涙で
「むりしないでね」と
書いた

アナタの涙で
「応援してるね」と
書いた


そうしたら
そうしたら
「ありがとう」の
文字が
浮かんできた

そんな関係に
ワタシは
なりたい


2008.01.06

あたしたちに選べるのは、
いいにしろ悪いにしろ、
何かが起こったときに自分が何をするか
ということだけなんだよ。
起こってしまったことについては
選ぶも選ばないもない。
でも、次に何をするかは選べるよ。
(最悪なことリスト、トリイ・ヘイデン)

限界への挑戦
いまは歩行器でこんなにも歩けません。
大事な記録ですね。

もう少し、目を休めますね。
生きがいでもあるブログ記事の更新だけは
続けますね。
いつもお読みくださって感謝です。
みなさんのお気持ちと同じように、
残された機能を無理なく使おうと思います。。。




[PR]
by mahorou | 2013-07-25 06:45 | 2013年のつぶやき | Trackback

「立候補するよ」

きめた 
きめた

まほ王国に
立候補する

まず
自分に
一票入れるのさ

自分より
優れている人が
いようとも

自分らしく
しあわせに
生きるため


2010.03.27

私たちが気づかなければならない
大事なことがあります。
ほんとうの意味で愛するということは、
傷つくということなのです。
事実、他の人たちを傷つけないで
彼らに善いことをするためには、
それが私から何かを奪うことであっても、
喜んで与えなくてはならないのです。
(マザー・テレサ)


政治って、なんでしょうね。
弱者を保護するためにあるはずだけど、
悲しいかな・・・
権力者を保護してるみたいだ。

まほ(う)の王国へ来てほしい。
こころが賢い人がたくさんいてね、
貧しくても生きやすいから。。。

おばかさんでも結構


耳が悪い分、目を使うので、
強いと思っていた「眼」でしたが、
疲れが出て来ました。
パソコンの時間をセーブしますね。
どこが悪くてもいけませんね。
みなさんもどうぞお大事に。




[PR]
by mahorou | 2013-07-24 06:35 | 2013年のつぶやき | Trackback

「心配しないで」(15番)

心配しても
どうしようもないことまで
心配して
結局心配ごとを増やすだけ

ならば
どうにかなるさと
腹をくくったほうが
かっこいい  

人の望みだとか、努力とか、献身とか、
そういうものをどれだけ積み重ねても
届かない場所というものが
どこか天の高いところにあって、
そこで決まってしまったことは、
人がいくら残酷だと恨んだところで
ひっくり返るような種類のものではなくて...
けれど、求めて、求めて、なお求めて、
身体と心が限界と思っている頂きすらも越えたそのときに
ふっと手が届いてしまう瞬間があるのだ。
ふだんの日々の中では決してたどり着けない、何かに。
それこそ「神様」としか言いようのない、何かに。
望み通りになることなんて、この世にほんのちょっとしかない。
でもきっと、ほんのちょっとなら、ある。
(天翔る、村山由佳)

ないものねだりはもうやめた


耳が悪い分、目を使うので、
強いと思っていた「眼」でしたが、
疲れが出て来ました。
パソコンの時間をセーブしますね。
どこが悪くてもいけませんね。
みなさんもどうぞお大事に。



[PR]
by mahorou | 2013-07-23 06:40 | 2013年のつぶやき | Trackback